お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [警察・特殊部隊 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイ

【あらすじ】
過去4度もアメリカ国内で凶悪テロを防いできたニューヨーク市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボヤキ交じりにモスクワへと旅立った。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が、“世界で最もツイてない男”である父親のDNAを受け継いだかのように異国の地でトラブルに巻き込まれたのだ。だが“マクレーンの行く手に災いあり”の法則は今も生きていた。マクレーンはジャックと共に互いの命を守るため、数々の危機を切り抜けながら巨大な陰謀に立ち向かうことになる……。



制作年:2012年
上映時間:98分
原題: A GOOD DAY TO DIE HARD
監督:ジョン・ムーア
主演:ブルース・ウィリス
   ジェイ・コートニー
   セバスチャン・コッホ
   コール・ハウザー
   ユーリヤ・スニギル
   ラシャ・ブコヴィッチ

【予告編】


●総評
これはおもしろい!!アクションのテンションが高すぎる!!
ほんと久々にここまで無茶苦茶に暴れる映画を観たな。
周りの被害はお構いなしで壊しまくり爆破しまくり。
冒頭の渋滞カーチェイスから怒涛のアクションシークエンスが圧巻。
最初は“やりすぎ感”にドン引きするんだけど、最終的には悪党のトンデモナイ倒し方にスカッとするという。
観ているうちに感覚が麻痺してるんだろうなぁ(笑)
いや、これが映画のあるべき姿だよね。
現実で出来ない事をやってのけるから観たいわけで。
これを観たら最近のアクション映画がいかにおとなしくなったかがよくわかるな。
いやぁ~素晴らしい。
破壊の刺激に飢えている人は必見です!!

その反面ストーリーは飾りのようなもので薄っぺらい。
しかし“親子の和解”というしっかりしたテーマがあるぶん某『エクスペンダブルズ』よりはドラマ性がある。
中でも二転三転する悪役の入れ替わり(ネタバレ)は予想外でとても良かった。
今回は息子の存在が大きくストーリーの中核を担っている。
むしろ主人公は息子のほうで父ちゃんはキレて乱入しただけじゃねーかwというツッコミどころ。
それからテンポの良さとシリーズ中最短という尺の短さも相まってあっという間に終わっちゃった印象です。
しかし展開に起伏がないためかクライマックスへの盛り上がりがないままにラストになってたように感じた。
マンネリ化のせいでもあるだろうし、序盤からかっ飛ばし過ぎたせいでもあるだろう。
たぶん決定的な要素は敵幹部との戦いが無くて一気にクライマックス展開になったからそう感じたのかな。
改めて敵を順番に倒していく1作目のゲーム感覚なおもしろさは偉大だったと思うな。
今作はほんと派手なアクションだけで押し切る映画って感じ。
そして無謀に突っ込んだり飛び降りたりすると、たいてい着地点が安全だったりするご都合展開も相変わらず。
ま、細かい粗を探したらキリがないね。
ジョン・マクレーンの暴走の方が悪党より大きな被害出してねぇか?とか
無神経に放射能中和ガスとか出して今の日本の現状わかってるの?とか
倫理観で考えると最悪な評価にもなりかねない。
だからバカバカしい設定や無茶苦茶な暴走を容認できない人にはオススメできませんね。
Yahoo!映画のユーザーレビュー欄にそんなコメントがあまりに多くて書きました。

余談、娘役のメアリー・エリザベス・ウィンステッドはちょっと出てくるけど相変わらず可愛かった。
そういえばすでにシリーズ6作目の製作が決定したそうな。
近年ここまで破壊の限りを尽くしてくれる映画は貴重なので自重せずにやってほしい。
しかしさすがのブルース・ウィリスも本気で歳だから次あたり息子と世代交代編かな?
孫あたり出てきたりして(笑)


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2013/02/17 00:00 ] 警察・特殊部隊 | TB(0) | CM(8)

エクスペンダブルズ2

エクスペンダブルズ2

【あらすじ】
軍用銃のエキスパートであるバーニー・ロス率いる少数精鋭の凄腕傭兵軍団“エクスペンダブルズ”。今回CIAのチャーチが彼らに持ち込んできたミッションは、バルカン半島アルバニア領の山脈に墜落した輸送機に積まれていたデータボックスの回収というもの。エクスペンダブルズにとっては簡単な仕事だったが、ミッション完了の直前、残忍なヴィラン率いる謎の武装組織が現われ、データボックスを横取りされた上、大切な仲間の命も奪われてしまう。怒りに燃えるバーニーたちエクスペンダブルズの面々は、仲間の仇をとることだけを胸にヴィランの行方を追い始めるのだったが…。



制作年:2012年
上映時間:102分
原題: THE EXPENDABLES 2
監督:サイモン・ウェスト
主演:シルヴェスター・スタローン
   ジェイソン・ステイサム
   ジャン=クロード・ヴァン・ダム
   スコット・アドキンス
   ユー・ナン
   ジェット・リー
   ドルフ・ラングレン

【予告編】


●総評
また筋肉祭りが開催されると聞いて劇場へ足を運んだら、ごつい銃をドゥンドゥン響かせながら撃ちまくる映画だったでござる。
率直に言うと肉弾戦成分が不足している
こんだけ筋肉がそろっているのにみんなマシンガン持ってズダダダッ!!
あいつら自分たちの事を消耗品軍団って言ってるけど、弾丸とか火薬とか無駄に消耗させてる意味の消耗品軍団の方がしっくりきたw
挙句の果ては戦車やらミサイルやら銃撃戦ですらもない大型弾頭処理で片付けてしまう。
「来いよベネット、銃なんか捨ててかかって来い」これが観たかった。
それからビッグな主要キャストが多すぎてみんなに活躍させられなくなってるんじゃないかってくらい出番の格差がひどい。
ドルフ・ラングレンは意外と頭良いキャラ付けで存在感アピールしてたけどランディ・クートゥアとテリー・クルーズなんか完全に空気だったし。
ジェット・リーに至っては撮影の都合があわなかったのか?最初に離脱して以降登場せず。
ブルース・ウィリスとアーノルド・シュワルツェネッガー氏は本格参戦で盛り上げる。
“生きる伝説”チャック・ノリスも忘れちゃいけない。
風格がなくなってるけど良いとこ取りする待遇の良さ、さらに登場のたびに専用音楽がかけられる待遇の良さ。
そして悪役に大物ジャン・クロード・ヴァン・ダムとその相方スコット・アドキンス。
個人的にはこの2人の参戦が一番嬉しかった。
しっかしこの2人ほんと仲良いよなw
「プルトニウム売って金儲けしたい」こんな私利私欲でわかりやすい悪党が21世紀でもまだ絶滅していなかったんだな。
政府に復讐したいとか世界を作り変えたいとか歪みつつ明確な動機があるわけでもなくこれは80年代の悪党の発想だよね。
過去にいろんな悪役を蹴り倒してきたヴァン・ダムが今までのどんな悪役よりも救いようのない悪を演じて、なおかつそれが様になってるという皮肉。
そんなヴァン・ダムを誰も説得しようとしない脳筋軍団は口をそろえて「あいつをぶっ殺すぞ」
いいねぇこういう「どうでもいいけど邪魔だから死なす」みたいな。
さぞかしストーリーを作りやすかっただろうね。

そんなストーリーは、そのまんま“悪党をぶっ殺して誰かを助ける”という単純明快。
だがそれだけじゃ味気ないということで“殺された仲間の復讐”を付け加えてカタルシスを生む。
特に深読みする必要もなく観終わってもなにも残らない映画の典型。
でもその気楽さが良いんだよ。
ただ、もう少しアクションが映える展開にしてほしかったなぁって気はする。
何日もかけて鉱山まで向かって着いたら敵が出てった後だったり敵と直接対峙するまでの中だるみが目立つ。
「こまけぇこたぁいいんだよ」と言わんばかり速攻で敵拠点判明して速攻で突入して一戦したが逃げられてしまい追いかけてもう一戦くらいの勢いとテンポが欲しいとこです。
クライマックスでようやく直接対決。
ステイサムVSアドキンス、スタローンVSヴァン・ダムの組み合わせは予想通りだったけど、どちらも短くてすぐ決着がついたような印象。
ヴァン・ダムの得意の回し蹴り炸裂でキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!と高揚するも最後の殺られ方が地味。
やはり歳なのかなぁ…
あと個人的には前作からの期待が見事に空振りしたのが残念かな。
ジェット・リーのキャラクター描写が詳しく語られるかと思ったが冒頭で仕事して早々離脱。
ブルース・ウィリスがラスボス説期待したのに裏切りの代償は次の依頼でチャラにする“なんだかんだ言って仲間化”展開。

どうやらこの映画の一番楽しめるポイントは超豪華なキャストによって実現したわかる人にはわかるアクション映画の小ネタの数々でしょうね。
テリー・クルーズがシュワちゃんに対して「(俺の愛銃)壊したら溶鉱炉に落とすぞ」とか。
特に好きなのはウィリスとシュワちゃんのお互いの決めゼリフをネタにしたこと。
シュワ「すぐ戻る」 ウィリス「戻り過ぎだ。今度は俺に戻らせろ」など。
そういえばすでに3作目の企画が進んでるそうな。
現在ニコラス・ケイジの参加が決定してるらしい。
みんなやったねまた筋肉祭りが開催されるよ!


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/10/21 00:00 ] 警察・特殊部隊 | TB(1) | CM(4)

エクスペンダブルズ

エクスペンダブルス


【解説】
監督・主演を務めるシルヴェスター・スタローンが、ハリウッドのアクション映画を彩ってきたビッグ・スターたちを一堂に結集して撮り上げた痛快アクション大作。自ら消耗品“エクスペンダブルズ”と名乗る命知らずの最強傭兵軍団が陰謀渦巻く軍事独裁政権の転覆に乗り出し、壮絶な死闘を繰り広げるさまを怒濤の超絶アクション満載で描き出す。ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスの豪華出演に加え、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが久々にスクリーン復帰を果たしたことでも話題に。



[ 2010/10/24 00:00 ] 警察・特殊部隊 | TB(2) | CM(6)

G.I.ジョー

G.I..ジョー


【解説】
アメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”が世界征服を企む悪の組織“コブラ”と繰り広げる壮絶バトルをスタイリッシュかつ迫力の映像満載で描く。監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ。




重大なネタバレ有り
[ 2010/08/29 00:00 ] 警察・特殊部隊 | TB(2) | CM(4)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。