お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [超人バトル ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アベンジャーズ

アベンジャーズ

【あらすじ】
長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。だが突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球支配を目論むロキ(トム・ヒドルストン)。彼は、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)を操り、キューブを強奪して姿を消す。その野心を知ったフューリーは、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”結成を決意し、女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)とともに、ヒーローたちを招集する。70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、インドのカルカッタに身を隠していたブルース・バナー(マーク・ラファロ)などが集結。キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込もうとするロキはドイツへ向かうが、ロジャース、ロマノフ、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)らによって捕えられてしまう。ロキを特殊監房に収容しようとしたところ、姿を現したのは兄のソー(クリス・ヘムズワース)。一堂に会したアベンジャーズだったが、意思に関係なく集められた彼らは、チームを組むことを拒否する。そこへ、ロキ奪還を狙い、バートン率いる部隊が空飛ぶ母艦ヘリキャリアを急襲。爆発の衝撃で我を失ったバナーは、凶暴なハルクに変貌し、暴れ始める。混乱に乗じてロキは逃走。ソーとバナーも乱戦の果てに姿を消し、アベンジャーズは存続の危機に陥る。ロキの地球侵略計画によって、マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか……?



制作年:2012年
上映時間:144分
原題: THE AVENGERS
監督:ジョス・ウェドン
主演:ロバート・ダウニー・Jr
   クリス・エヴァンス
   マーク・ラファロ
   クリス・ヘムズワース
   スカーレット・ヨハンソン
   サミュエル・L・ジャクソン
   ジェレミー・レナー
   トム・ヒドルストン

【予告編】


●総評
私は『ダークナイト ライジング』が今年の一番だと確信していた。
『アベンジャーズ』を観るまでは。
いや、決して舐めてかかってたわけじゃなく言うまでもなくめちゃくちゃ期待してました。
だが、その期待以上の傑作でした。
こ れ は ほ ん と に す ご い 。
主役級がそろったお祭り映画は他にもあるけどここまで全員に100%の活躍させられる映画はまず無かった。
アイアンマン推しかと思われたがメンバー全員の活躍や存在感のバランスがすごく良い。
これも何年も前から準備して単品映画として見せてきたからこその結果。
特にこの映画一番の功績はハルクの株が上がったこと。
なんかヒーローっぽくなくて単品映画の扱いも悪いし人気も微妙なんだろうなぁというイメージが吹っ飛んだ。
敵味方みんなの切り札にされるハルクに嫉妬。
ストーリーでは、不要な説明を省き本題に直行できるテンポの良さに加え見せ場となるアクションの増量。
キャラクターの個性を活かしたギャグシーンをくどくない程度に絡ませるセンスの良さ。
あまり非道さを感じない悪役なのに押しつぶされそうな絶望感を演出する戦力差。
一度完敗することで団結するきっかけを与える王道展開と“アベンジ(公的復讐)”の意義。
クライマックスの総力戦の盛り上がりと“誰がとどめをさすか”のフィニッシャー予測のつかない混戦ぶり。
とにかくこれほどないまでにエンターテイメントしてる。
もう娯楽映画の究極形態と言ってもいいだろう。
唯一の問題はアメコミがわからない人がいきなり観ても大丈夫かどうか。
敷居が高いと言えば敷居は高いことになるな。
わかる人は必ず観るべき。(いや、言うまでもないか)
らからない人は『アイアンマン2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』だけでも観てから観るのが無難かと思われる。
おそらく『アベンジャーズ』は映画史に残る作品になる。(すでになってる)
そして今後まだ続編展開するみたいなので今知っておかないとさらについていけなくなるぞ。
もうすでに『アイアンマン3』『マイティ・ソー2』『キャプテン・アメリカ2』と『アベンジャーズ2』計画の第2シーズンの準備が進められている。
さらにこの勢いに乗って他のアメコミキャラの単品映画も多く作られアベンジャーズに参戦するかもしれない。
スパイダーマンやファンタスティック・フォーの参戦にも期待したい。

追伸:エンドロール後のおまけ映像がシュールすぎてワロタww必見!


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2012/08/19 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

ダークナイト ライジング

ダークナイト・ライジング

【あらすじ】
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後、トゥーフェイスことハービー・デント検事殺害の罪をかぶり、街を離れたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)。その8年後、再びゴッサム・シティに戻ってきた彼は、街の破壊をもくろむ新たな強敵ベイン(トム・ハーディ)を前に、バットマンとして対峙する……。



制作年:2012年
上映時間:164分
原題: THE DARK KNIGHT RISES
監督:クリストファー・ノーラン
主演:クリスチャン・ベイル
   アン・ハサウェイ
   トム・ハーディ
   ゲイリー・オールドマン
   ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   マイケル・ケイン
   モーガン・フリーマン

【予告編】


●総評
バットマンシリーズ7作目にしてノーラン版最終章とされる本作。
前作『ダークナイト』の評価が圧倒的に高すぎてこれのハードルがとんでもなく上がりきった状態だったけど期待どおりの最高傑作でした!!
ストーリーでは前作・前々作との因果関係もうまく使われていたし伏線も回収されていた。
本編の尺が長いだけにいろいろと濃い。
キリアン・マーフィやリーアム・ニーソンも出てきてまさに集大成って感じです。
逆に言えば『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』の予習はしておいたほうが良い。
展開についてはだいたいが原作コミックの存在から噂どおりって感じだった。
バットマンの背骨折られるとかね。
しかしそれを含め一番すごいのはやはり絶望感の演出の上手さだろう。
私はかつてベイン以上に人々に絶望感を与えた悪役をみたことがない。
あれは単純な強さだけでもなく残虐さだけでもなく、打つ手を潰す狡猾さだとおもう。
そういった部分はジョーカー以上の究極悪だ。
「そこまでやるか!」を実現させたベインの絶望理論。
ほんとバットマンは精神的にエグい敵が多いとつくづく思った。
だからこそのヒーロー復活のクライマックスに向けて盛り上がりは最高潮になる。
特にハンス・ジマーの重圧感のある音楽の使い方が上手すぎる。
ラストについては賛否両論でしょうね。
『インセプション』と同じであえてどちらともとれる終わり方をさせてる。
他にもいろいろ言いたいことはいっぱいあるがネタバレご法度の総評でこれ以上書けません。

あえて不満を挙げるなら…
まず、時間の経過がわかりにくい。
丁寧に作られてるはずなんだが昼だと思っていたらいつの間にか夜になっていたり、いつの間にか冬景色になっていたり。
そんな長い時間あの状態を放置してたのもびっくりだ。
それからヒロイン枠まで泥棒したセリーナ・カイル、ブレイクの二代目になるタイミング、ボスの風格MAXのベインを押しのけて真の黒幕が○○○。
あえて伝わりにくい言い回ししたけど、クライマックスに向けての盛り上がりは異常なくらい高いのですがそれぞれの登場人物が肝心なとこでカタルシス回避する行動をとるのが…
テーマ性を重視しすぎてコミック映画らしさを損なった気がする。(これがノーラン監督らしさで悪いとこという意味ではありません)
あとバットマンの強さよりも弱さが目立つプロットも少し気になるところです。
前作以降8年間引退していたという設定もあり腕が落ちた感がヒシヒシと伝わってきた。
さらに破産して兵器類も奪われる展開のためかバットポッドとザ・バット以外の乗り物やコスチュームに内臓されたギミックがほとんど活用されていない。
ベインともシンプルな肉弾戦しかしないし「どうしちゃったの?」状態。
そういった点で前作『ダークナイト』は超えられなかったかなって個人的な印象です。
そして一番の不満はこれが最終章だということ。
ノーラン版という括りだけでなくバットマンシリーズとしても完成形を迎えてしまったと言ってもいい。
また監督が変わって新3部作とか始まってもノーラン版は超えられないと自信がある。(私が持つべき自信じゃないんですが)
もうバットマンは映画化されない地点に到達してしまったかもしれない寂しさを感じる。
路線変更してロビンを主役にすれば可能ではあるが…この後に続けてやっていく勇気がある監督がいるのか。
これが希望を与えてさらに突き落す絶望というのですかベインさん?
それでも今年最高傑作と呼ぶにふさわしいおもしろさはある。…と最後に念を押して書いておく。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/07/29 00:00 ] 超人バトル | TB(1) | CM(6)

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

【あらすじ】
13年前に父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)が失踪して以来、伯父夫婦であるベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド)に育てられてきた高校生のピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。彼は、ニューヨーク市警警部キャプテン・ステイシー(デニス・リアリー)の娘で、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)を密かに慕っていた。そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知ろうと、ピーターはオズコープ社で遺伝子を研究するコナーズ博士を訪ねるが、そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。その翌日、ピーターの体内で大きな異変が起こり始める……。



制作年:2012年
上映時間:136分
原題: THE AMAZING SPIDER-MAN
監督:マーク・ウェブ
主演:アンドリュー・ガーフィールド
   エマ・ストーン
   リス・エヴァンス
   デニス・リアリー
   マーティン・シーン
   サリー・フィールド

【予告編】


●総評
さすがというべきおもしろさ。
監督・キャスト・設定が変わり受け入れられるのかという不安はあったが観たらそんな不安は消し飛びます。
マーク・ウェブ監督の持ち味なのかすっごい真面目にキャラクター描写が表現されてた。
これもうアメコミ映画という枠から飛び抜けて『ダークナイト』とは対極のヒューマンドラマと言ってもいいくらいだ。
ストーリーも約2時間超と長めなんですけどあっという間に感じるほどテンポが良い。
特にクライマックスに向かっての盛り上がりが異常。
ただスパイダーマン誕生の経緯(能力覚醒・シューター製作・スーツ製作)は端折ってたね確実に。
そういった「ありえねーww」説明はサム・ライミ版の方が詳しいのでした。
アクションは旧3部作よりかっこよかった。
なにより糸の使い方が上手い(下水道に巣を張る場面とか蜘蛛の捕獲みたいに糸でがんじがらめにする場面とかウェブシューターで糸を塊で飛ばしたり多彩な調整だとか)
ほんとに“技”を意識してる感じでコミックキャラクターらしさが出てて好印象。
監督は原作ファンなのかな?
それから観る前から思ってたことですがスパイダーマンはマジで3D映えする。
キャラクターでの設定改変はピーター・パーカーが最初から普通に天才でそこそこ運動神経もよくて中の上くらいのイケメンで
サム・ライミ版のダメな奴が一躍ヒーローになる優越感ってのが感じられなくなっていたのがちょっとダメなテコ入れだなぁと思った。
逆に新ヒロインのグウェン・ステーシーはほんとに可愛いよキャスティングがGoodだ。
あとやはり前シリーズとか原作の知識があれば「今後このキャラクターはこうなるんじゃないか」とか展開予測ができてワクワクするんですよね。
心揺さぶる名言が多いことも特徴ですが「大いなる力には大いなる責任が伴う」を言わせなかったのはサム・ライミ版とは違うと意識しての配慮だったんですかね?
謎や伏線もそれなりに残して終わったあたり次回作やる気ありですね!
特にエンドロール途中のおまけ映像は要チェックや!
私はあの謎の黒幕はノーマン・オズボーンじゃないかと予想。
今年の他のアメコミ映画(ダークナイト、アベンジャーズ)と差別化して一言で表すなら感動ありロマンスあり完成度の高い良作というのがベストですかね。
それぞれの前振り映画を観ておきたい『アベンジャーズ』や、ちょっと重苦しい雰囲気の『ダークナイト』
それらよりも新参者に優しく気軽に観はじめられる今年のオススメ映画は間違いなくコレです!


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/06/24 00:00 ] 超人バトル | TB(1) | CM(0)

マーキュリーマン

マーキュリーマン


【解説】
古代の秘宝によって強靭な力を手に入れた男の活躍を描いたタイ発のヒーローアクション。“太陽の護符”により超人となった消防士のチャーンは、テロリスト、ウサマ・アリの子供の日を狙った無差別テロ計画を知り…。



[ 2010/06/13 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

キャットウーマン

キャットウーマン


【解説】
1992年の映画「バットマン リターンズ」ではミシェル・ファイファーが演じて好評を博した原作コミックの人気キャラクターを主人公に据えたアクション・ファンタジー。今回新たにタイトル・ロールを演じるのはオスカー女優ハリー・ベリー。キャットウーマンとして生まれ変わったヒロインが巨大企業の陰謀に立ち向かう。監督は「ヴィドック」のピトフ。




[ 2010/02/11 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

PUSH/光と闇の能力者

PUSH/光と闇の能力者



【解説】
念動力や未来予知、テレパシーといった特殊能力を有するばかりに国家に利用されてきた者たちが、政府の陰謀に気づき、その阻止に立ち上がるSFアクション・サスペンス。主演は「ファンタスティック・フォー」シリーズのクリス・エヴァンスと「宇宙戦争」のダコタ・ファニング。共演に「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル、「ブラッド・ダイヤモンド」のジャイモン・フンスー。監督は「ギャングスター・ナンバー1」のポール・マクギガン。



[ 2010/01/12 00:00 ] 超人バトル | TB(1) | CM(2)

ウルヴァリン X-MEN ZERO

ウルヴァリン


【解説】
「X-MEN」シリーズでヒュー・ジャックマンが扮した人気キャラクター、ウルヴァリンの誕生秘話に迫るSFアクション。少年時代に特殊能力を覚醒させ驚異的な肉体再生能力と戦闘能力を兼ね備えた主人公ローガンが、“ウルヴァリン”という名で生まれ変わり、悲しき過去を背負いながら宿命と復讐に立ち向かう波瀾の生き様を壮絶に描く。


[ 2009/11/29 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(1)

X-MEN ファイナルディシジョン

X-MEN ファイナル・デシジョン


【解説】
並はずれた特殊能力を有するミュータント集団“X-MEN”の活躍を描くマーヴェル・コミック原作の大ヒット・シリーズ第3弾にして最終章と銘打たれたSFアクション大作。ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリーはじめレギュラー陣が再集結、人類との共存を目指すX-MENに訪れた最大の試練を壮大なスケールで描き出す。監督は前2作のブライアン・シンガーから、「ラッシュ・アワー」シリーズ、「レッド・ドラゴン」のブレット・ラトナーにバトンタッチ。



[ 2009/11/28 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

X-MEN2

X-MEN2


【解説】
ハリウッドでのアメコミ人気の火付け役となったともいえるマーヴェル・コミック原作のSF近未来アクション第2弾。人類との共存を目指すミュータント集団“X-MEN”が再び訪れた最大の危機に立ち向かう。監督は前作に引き続きブライアン・シンガー。パトリック・スチュワート、ヒュー・ジャックマン、ハリー・ベリーら出演陣も再び顔を揃えた。


[ 2009/11/28 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

X-メン

X-メン


【解説】
縦横無尽のSFX。DNAの突然変異で好むと好まざるに関わらず、生まれながら超人的なパワーをもち、それゆえ社会から迫害される「進化した人類」(ミュータント)。平和との共存を目指すプロフェッサーX率いるX-MENと、人類の滅亡を企てるマグニートーの戦いなのだが、何よりおもしろいのは今までにないヒーローの姿。超人的パワーによって、むしろ孤独と苦悩を背負い深く傷ついているX-MEN。斬新な近未来ビジョンとは裏腹な心模様に愛おしささえ感じてしまう。監督は『ユージュアル・サスペクツ』のブライアン・シンガー。



[ 2009/11/28 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

ハンコック

ハンコック



【解説】
ウィル・スミスがトラブル・メーカーのヒーローに扮したアクション・コメディ。空を飛び並外れたパワーで様々な事態を解決、人々に尊敬されるはずが、その粗暴な解決過程と言動で嫌われ者となっているスーパーヒーローの成長と活躍を描く。共演にシャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン。監督は「キングダム/見えざる敵」のピーター・バーグ。



[ 2009/11/18 00:00 ] 超人バトル | TB(1) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。