お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [アドベンチャー ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャックと天空の巨人

ジャックと天空の巨人

【あらすじ】
18歳のジャックは、ある修道士から不思議な豆を手に入れる。嵐となったその夜、ジャックの家に道に迷った国王の娘・イザベラ姫が訪ねてきた。その時、ジャックが床下に落とした豆から芽が出て、天空に向かって巨大な豆の木が飛び出した。ジャックは落下するが、姫は家ごと天空に連れ去られてしまう。翌日、国王の命令のもと、衛兵たちとともにジャックは姫を救いに天空を目指す。豆の木の先には、伝説だと思われていた巨人の国があった…。



制作年:2013年
上映時間:114分
原題: JACK THE GIANT SLAYER
監督:ブライアン・シンガー
主演:ニコラス・ホルト
   エレノア・トムリンソン
   ユアン・マクレガー
   スタンリー・トゥッチ
   イアン・マクシェーン
   ビル・ナイ

【予告編】


●総評
これは意外と面白かった。
童話ベースだけど子供向けというわけでもなく残酷さもあって、命がけの冒険や巨人の怖さもよく表現されていた。
まさか主要登場人物の半分以上が死ぬとは思わなかったよ。
巨人に食される人は描写を隠してたけど、転落死は生々しかった(というかあの高さから落ちたら天落死)
なんかファンタジーと現実のバランスが良いよね。
ただ豆の木を登ってお姫様を助けに行くだけでなく、空の上には巨人の世界があって地上を征服する機会をうかがっていたという話につなげるのはおもしろい。
オリジナルの童話の方は子供のときに聞いた話がうる覚えなためこれくらいの改変はまったく気にならないけど、
どうやらこの映画は元にした作品も『ジャックと豆の木』だけじゃなくて『巨人殺しのジャック』ってのも混ぜてるらしい。
だからイメージと違うのだろう。
これも最近映画業界で流行の“おとぎ話をダークで大人向けにアレンジした”作品のひとつとみて間違いない。
巨人の世界から無事帰ってきて豆の木を切り倒して一件落着かと思ったら真の絶望はそのあとだったりする構成がにくいね。
巨人が地上に降り立つ場面のダイナミックさと無駄にかっこよさが映画らしい演出。
その後の畳み掛けるように巨人軍襲撃の絶望感は子供が泣き出すレベル。
巷で人気の『進撃の巨人』に似ていると言われているらしいが私はそちらの漫画を見ていないのでなんとも言えない。
そういえば3Dで鑑賞したのだけど豆の木が天空まで伸びる場面と切り倒されて落ちてくる場面は圧巻でした。
これは本作一番の見所かと。
他に見所と言えば、お姫様役のエレノア・トムリンソンが可愛いことこの上ない。
逆にジャック役のニコラス・ホルトは下手にイケメンってより農民っぽくて役柄に合っていた。
でも一番輝いていたのはユアン・マクレガーという。
豚と一緒に包み焼きされそうになるわ、悪役と一騎打ちするわ、おいしいポジションでしたね。
それから個人的に評価したいポイントは、序盤のジャックとお姫様のそれぞれ叱られる場面で交互に場面転換してみせる演出と
ジャックが見世物小屋で騎士団と出会うとこの「後ろに何かいるのか?」をラストにも立場を逆にしてもってくる演出は秀逸だった。
ただ単調にストーリーを語るのではなく仕掛けや伏線を施しながらみせるってのが上手いと思った。
あと日本語吹替え版で観たんだけど巨人役の芸人たちはそれほど気にはならないレベルでした。
セリフ自体少ないし重要な役でもないし遊びで起用するには許せる範囲じゃないかと。
主演の2人も声優にタレント起用だけど不評が出るほど悪くはないと思う。
総じて期待せずに観たら満足できるような作品です。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2013/03/24 00:00 ] アドベンチャー | TB(0) | CM(2)

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

【あらすじ】
キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が漕ぎ出す新たな航海。それは、永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)たちが動き出す。さらに、ジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)だった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる……。幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?



制作年:2011年
上映時間:141分
原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES
監督:ロブ・マーシャル
主演:ジョニー・デップ
   ペネロペ・クルス
   ジェフリー・ラッシュ
   イアン・マクシェーン
   アストリッド・ベルジュ=フリスベ
   サム・クラフリン

【予告編】


●総評
監督と一部キャストが入れ替えとなって心機一転したということでいろいろ不安や懸念があったのですが
そこそこおもしろい出来だったと思う。
ストーリーがやや『インディ・ジョーンズ』寄りで海賊というよりただの宝探しアドベンチャーだったのがしっくりこない。
それはそれで悪くはないのだが。
聞いた話だと海上でのアクションは予算の都合でできなかったとか。
キャラクターでは相変わらずジャック・スパロウの独特の演技が光っていた。
とくに今回はサイドにいるはずのウィルやエリザベスが不在とあって必然的にジャックに頼り切っていたようにも感じる。
そこに敵か味方か?でちょくちょく絡んでくるバルボッサが支えている。
というより今回はバルボッサが一番キャラクター的魅力にあふれていた気がする。
では新キャラ勢は?と。
敵なの?味方なの?愛人なの?娘なの?ヒロインなの?はっきりしない立ち位置のアンジェリカ。
謎能力を披露しつつも活躍場面も少なくあっさりやられる黒ひげ。
どうもインパクトが弱い。
むしろ個人的にはウィル枠で絶対出世するだろうと宣教師の方をずっと注目してましたしw
まぁやっぱり新スタートの1作目ってことで今後5作目で盛り上がるって構成なんだろうな。
いろいろ伏線とかフラグが残る終わり方してましたし。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

[ 2012/03/18 00:00 ] アドベンチャー | TB(1) | CM(2)

ドラゴンボール EVOLUTION

ドラゴンボール エボリューション

【解説】
日本が世界に誇る鳥山明の人気コミックをハリウッドで実写映画化したアクション・アドベンチャー。主演は「宇宙戦争」のジャスティン・チャットウィン、共演にエミー・ロッサム、ジェームズ・マースターズ、チョウ・ユンファ。監督は「ザ・ワン」「ファイナル・デッドコースター」のジェームズ・ウォン。



※完全ネタバレ仕様・超文注意(時間に余裕があるとき読んでネ)

[ 2011/04/16 00:00 ] アドベンチャー | TB(2) | CM(6)

タイタンの戦い

タイタンの戦い


【解説】
「アバター」「ターミネーター4」のサム・ワーシントン主演で放つアクション・アドベンチャー。特撮映画の巨人レイ・ハリーハウゼンが特撮を手掛けた1981年の同名作品を最新の映像技術でリメイク。ギリシャ神話の世界を舞台に、人類の存亡をかけ冥界の王ハデスとの戦いに挑む勇者ペルセウスが繰り広げる決死の冒険を迫力のスペクタクル映像で描く。監督は「インクレディブル・ハルク」のルイ・レテリエ。3D版も同時公開。




[ 2010/04/30 00:00 ] アドベンチャー | TB(1) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。