お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [クリーチャー・パニック ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アローン・イン・ザ・ダーク

アローン・イン・ザ・ダーク


【あらすじ】
超常現象の調査員エドワード(クリスチャン・スレーター)はある日、自分と同じ孤児院で育った19人全員が失踪するという怪事件に遭遇する。エドワードは孤児院に向かう途中、何かにとり憑かれた謎の男に襲撃されるが、間一髪の所で危機を脱する。その背後には古代アビカニ族の遺物を手に入れ、光と闇の世界を遮る門の封印を解こうとしている謎の組織が暗躍していた。高度の文明を築き上げていた古代アビカニ族は、1万年前にこの門を開けたがために悪魔軍団に襲われ、滅びていた。エドワードは、その遺物を偶然にも手に入れており、解析するために昔の恋人で古代文明に精通する人類学者アリーン(タラ・リード)のもとを訪れる。そこで、アビカニ族の歴史と1万年前その門が閉じられる際に現世界に潜んでしまった悪魔軍団が封印された門が開け放たれる日を待ち続けていることを知る。その時、悪魔軍団が二人を急襲。そこにエドワードが以前所属していた対悪魔殲滅特殊部隊「A.R.C.A.M.<アーカム>713部隊」が現れ、激しい銃撃戦を繰り広げる。一旦はその場で勝利するも、713部隊の情報によると、悪魔軍団は既に本格的な活動を開始し、門を開くための最後の鍵となるエドワードが持つ遺物を狙っており、失踪した19人はその邪悪な闇の世界復活のために、操られ呼び起こされたことを知らされる。失踪した19人とエドワードは、人間と邪悪な遺生物を合体させ、新たな生命体を創造する共生器官手術を受けていたが、エドワードだけが子供の頃の事故で器官が死に機能していなかった。悪魔軍団は封印を解き放つための総攻撃を開始。人類を守るために戦う彼らに、更なる驚愕の事実が待ち受けていた……。



制作年:2005年
上映時間:98分
原題: ALONE IN THE DARK
監督:ウーヴェ・ボル
主演:クリスチャン・スレイター
   タラ・リード
   スティーヴン・ドーフ
   フランク・C・ターナー
   マシュー・ウォーカー

【予告編】
http://www.imdb.com/video/screenplay/vi4071948569/


●総評
人気サバイバル・シューティングゲームの映画化ということで期待して観たのだが見事に大ハズレ。
そうは言ってもこの元となったゲームはやったことないし“バイオハザードの原点”という情報しか知らなかったから、
イメージの食い違い程度は許せる。
しかしこの映画は根本から駄作だった。
・超常現象的な世界観を冒頭に一気に説明してしまい鑑賞者が情報を消化しきれないままスタート。
・なんの障害もなく全自動で解決まで導かれる機械的ストーリー展開。
・主要登場人物が全員“主人公の昔の知りあいだった”という扱いだけで片付けられている。
・銃撃戦になった瞬間いままでの雰囲気をぶち壊す不自然なスタイリッシュ感。
・専用武器を持っていながら肝心の主人公が銃撃戦に参戦しない。
・銃撃戦は多人数でホラーとして間違っているくらいの安心感。
・そもそも敵のやる気がない。
簡単に列挙してもこんな感じ。
期待しないことに越したことはないレベルの映画だ。



以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

スポンサーサイト
[ 2012/03/11 00:00 ] クリーチャー・パニック | TB(1) | CM(0)

プレデターズ

プレデターズ


【解説】
87年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演作に登場して以来、SF映画史上屈指の人気キャラクターに成長した“プレデター”。本作は、「シン・シティ」「プラネット・テラー」の鬼才ロバート・ロドリゲスが製作を務め、“再起動”したシリーズの幕開けとして贈るSFアクション大作。さらなる進化を遂げたスーパー・プレデターたちが待ち受ける惑星を舞台に、ハンティングの獲物として放り込まれた人類最強の殺し屋たちの究極のサバイバルを描き出す。主演は「戦場のピアニスト」のエイドリアン・ブロディ、共演にローレンス・フィッシュバーン、アリシー・ブラガ。監督は「モーテル」「アーマード 武装地帯」のニムロッド・アーントル。



[ 2010/07/18 00:00 ] クリーチャー・パニック | TB(1) | CM(2)

サラマンダー

サラマンダー


【解説】
現代に甦った太古の巨大竜“サラマンダー”が、人間を恐怖に陥れるSFパニック・スリラー。ロンドンを舞台に、人類を絶滅へと追い込む無数のサラマンダーと、辛くも生き延びている人間たちの壮絶な死闘を、VFXを駆使した迫力の映像で描く。主演は「U-571」「フレイルティー/妄執」のマシュー・マコノヒーと「アメリカン・サイコ」のクリスチャン・ベイル。監督は「X-ファイル ザ・ムービー」のロブ・ボウマン。


[ 2009/12/04 00:00 ] クリーチャー・パニック | TB(0) | CM(4)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。