お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [ゾンビ ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイオハザードV リトリビューション

バイオハザードV リトリビューション

【あらすじ】
アンブレラ社の空挺部隊との戦闘で海に落ち、意識を失ったアリス。彼女が目を覚ますと、そこはアンブレラ社の要塞のような巨大施設のなかだった。現在では敵となったジルに拷問のような尋問を受けていると、エイダ・ウォンというスパイが現れた。彼女はアリスの宿敵・ウェスカーの部下だが、彼女を救いに訪れたと言う。アリスはエイダと彼女の仲間たちと共に、東京やモスクワを模した巨大施設の中を通り抜け、施設からの脱出を図る。



制作年:2012年
上映時間:96分
原題: RESIDENT EVIL: RETRIBUTION
監督:ポール・W・S・アンダーソン
主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
   ミシェル・ロドリゲス
   シエンナ・ギロリー
   ヨハン・アーブ
   リー・ビンビン
   ボリス・コジョー

【予告編】


●総評
一言でいえば、開き直っておもしろい
過去シリーズの経緯から今回もまた唐突な設定改変に超展開で押し切るんかと不安もありながら、
前情報での死亡キャラ再登場でいったい何が起こるのか?という期待もありながら、
シリーズ4作品でつなぎつなぎで設定を壊していってよくここまでまとめたなと思う。
かつての仲間が敵になって??かつての敵が協力者??超展開が一周まわってこの流れ好きですよ私は。
さらに舞台設定がゲームっぽくて好印象。
世界をエリア分けしたシュミレーションルームにして第1ステージ:日本、第2ステージ:アメリカ…とか移動のたびコロコロ変わるのがおもしろい。
さすがハリウッド随一のゲーム脳監督なだけあります。
ただ“ゲームっぽい”とは言っても“バイオハザードっぽい”とは違う。
なんというかホラーとしては失敗ですね。
もうグロいクリーチャーが出てくるってだけで登場人物が順番に死んでいくって楽しみがなくなってきている。
すでに重要人物が増えすぎてるってのが問題の背景にあると思う。
そう考えたらクリス、クレア、レオン、エイダがそろうのは夢のまた夢ですね(生き残り確定キャラが5人以上最初からいたら興ざめでしょ?)
それから敵味方ともに銃とか武器使いすぎ。
今さら言うのもなんだけどここまで来たらホラーじゃなくてただのヒロイン・アクションだよね。
こんなこと書いたら「ま だ ホ ラ ー だ と 思 っ て い た の か ?」とか言われそう。

全体的にストーリーが薄っぺらいのはシリーズ相変わらずといったとこだが、ラストバトルのハラハラ感はシリーズ中最高かもしれん。
アリスがこんなボロボロなるのって初めてじゃないか。
あと特に思ったのはジル(ギロリさん)完全復帰より、レイン(ミシェロド)敵ボス化の方が盛り上がった件。
映画的にもミシェル・ロドリゲスの姐御ほんとに出世したなぁってつくづく思う。
キャラ設定は相変わらず「そんなもん知るか」口調。
クローン設定を駆使して味方ポジと敵ポジの両方を獲得さらに今作のボス化、出番増えすぎ。
ラストではプラーガ寄生体(たぶんゲーム版『バイオハザード4』の敵の寄生獣の元)を注射して強靭無敵になってアリスに「あんたじゃアタシは倒せない」発言。
素手で骨を砕く描写にワロタww
ミシェロド最強化計画でも始まったのか?
最後の捨てゼリフから次回作でもまた襲ってくるねきっと。
このままだと寄生獣化して追跡者より脅威になるねきっと。
そしてシリーズ恒例のあざとい次回への引き延ばし作戦も健在w
でもラストの5人並んでの画面が引いてく絵で6作目に期待しちゃう馬鹿な自分がいます(笑)
共通の敵を前にウェスカ―とアリスが共闘か…これは胸熱!!

まとめるとシリーズ通して観てる人には嬉しいオールスター映画と化していた。
ゲーム版やってる人にも嬉しい演出の数々(レオンとエイダの妙な信頼関係はゲームしてないとわからない)
地味にゲームキャラのバリーが良待遇でかっこよかった。
それ以上にミシェロド出世しすぎ。
満を持して登場のレオンがなんかキャラ違って不満(もっとジョーク連発するキャラを期待していた)
前作との整合性が取れてなくクリスとクレアの安否不明にもっと不満。
でも全体的にシリーズでアクションが一番すごい。
そして最初に書いたように“開き直っておもしろい”これに尽きる。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2012/09/17 00:00 ] ゾンビ | TB(0) | CM(4)

バイオハザードⅣ アフターライフ

バイオハザードⅣ


【解説】
ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する最強ヒロイン、アリスの活躍を描く「バイオハザード」シリーズの第4弾にしてシリーズ初の3D作品となるSFアクション大作。T-ウイルスに感染したアンデッドが地球規模で増殖していくなか、生存者の救出に奔走するアリスとアンブレラ社との新たなる戦いを、迫力の最新3D技術で描き出す。共演は前作に続いての登場となるアリ・ラーター。監督は、これまでシリーズ全作の脚本を手掛け、監督としては1作目以来満を持しての再登板となるポール・W・S・アンダーソン。




重大なネタバレ有り

[ 2010/09/19 00:00 ] ゾンビ | TB(1) | CM(10)

バイオハザードⅢ

バイオハザードⅢ


【解説】
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で放つ人気シリーズ第3弾のSFアクション。前作から数年後、“T-ウィルス”の拡散で大量のアンデッドがはびこる終末世界を舞台に、女戦士アリスが僅かな生存者たちと安息の地を目指し巨大な陰謀に立ち向かう。監督は「ハイランダー/悪魔の戦士」のラッセル・マルケイ。




重大なネタバレ有り

[ 2010/09/13 00:00 ] ゾンビ | TB(1) | CM(2)

バイオハザードⅡ アポカリプス

バイオハザードⅡ


【解説】
人気ゲームソフトをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化し大ヒットしたSFアクション「バイオハザード」の続編。地獄と化した巨大地下研究所からなんとか生き延びたヒロイン、アリスを、今度はウィルスに冒されたラクーンシティそのものの消滅という危機が待ち受ける。監督は本作が初メガフォンとなる新鋭アレクサンダー・ウィット。




重大なネタバレ有り
[ 2010/09/11 00:00 ] ゾンビ | TB(0) | CM(4)

バイオハザード

バイオハザード


【解説】
人気ゲームソフト『バイオハザード』を「フィフス・エレメント」「ジャンヌ・ダルク」のミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化したSFアクション・スリラー。研究中の兵器ウィルスが蔓延しゾンビ化した人間が跋扈する巨大研究所内を舞台に、壮絶なサバイバル戦を描く。監督は「モータル・コンバット」のポール・W・S・アンダーソン。ミニのワンピースに身を包みアクロバティックなアクションを披露するミラがとにかくセクシー&キュート。



[ 2010/09/05 00:00 ] ゾンビ | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。