お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [超常現象 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイナル・デッドサーキット3D

ファイナル・デッドサーキット3D

【あらすじ】
大学生のニック(ボビー・カンポ)とその恋人ローリ(シャンテル・ヴァンサンテン)は、友人のジャネット(ヘイリー・ウェブ)とハント(ニック・ザーノ)とともに、満員のサーキット場でダブルデートをしていた。しかし白熱するレースが最高潮に達したとき、ニックは予知夢を見る。それは、1台のレースカーのクラッシュを皮切りに、後続の車が次々に巻き込まれていき、破壊された車体の残骸やタイヤがスタンド席に襲いかかるというものだった。コースは業火に包まれ、客席は血の惨劇の舞台と化すというその悪夢から目覚めたニックは、ローリ、ジャネット、ハントと周囲の観客を強引にサーキット場の外へ連れ出す。その瞬間、ニックの予知夢の通りに客席を巻き込む大事故が発生し、サーキット場は火の海と化して崩れ落ちる。ニックたち9人の生存者は、安堵に胸をなでおろした。しかし事故の後、生存者たちが予知夢の順番通りに不可解な死を遂げ始める。ニックは1人でも救うことができれば死の連鎖を止めることができると考え、その“死のリスト”の謎を解明しようとする。しかし解決の糸口は見つけられないまま、ジャネット、ハント、ローリ、そしてニックへと、死の順番が近づいてくる。




制作年:2009年
上映時間:84分
原題: THE FINAL DESTINATION
監督:デヴィッド・R・エリス
主演:ボビー・カンポ
   シャンテル・ヴァンサンテン
   ミケルティ・ウィリアムソン
   ニック・ザーノ
   ヘイリー・ウェブ
   クリスタ・アレン

【予告編】


●総評
またまたやってきました!!
死に様博覧会映画第4弾!!
シリーズ4作目にしてようやく私が劇場鑑賞することができた作品でもあり
初体験の3D映画だったこともあり
当時はかなり高揚していた記憶があります。
でも、作品としてどうだったかというと
ストーリーは結局過去シリーズの繰り返しで進展なし。
完全に死に様だけの映画なんだけど、その死に様も過去のネタと被ってるのが多かったり。
なんだかネタ切れを思わせる出来でした。
さらに本編の尺が84分とかなり短めなためあらゆる展開がはしょりまくってたのが最大の欠点だ。
映画館で観る価値は、この映画を100%で楽しめるのは映画館で観た人だけ仕様で作られてるという点だけと言わざるをえない。
ついでにそんな仕様なだけにDVDとして観たときの残念感はなおのこと。
シリーズの同じパターンで楽しめる人には良いと思いますが、
新しいものを求めてた人には思わぬ肩すかしをくらうことになるでしょうね。

良かった点
・3D化
・オープニングのスケルトンヴィジュアルがクール
・エリス監督のこだわりぬいたゴア描写
・美容室と洗車機のハラハラ感
・鑑賞者に怖い感覚を思い出させる映画館ネタ
・頑張る釘打ち銃
・メインテーマ(エンドクレジットの曲)が最高にかっこいい

悪かった点
・ストーリーはしょりすぎ
・なにも進歩してない死の筋書きルールと対処法
・一部の人の死に様があっさりしすぎ
・一部の人の死に様が未公開シーンのほうが良い
・トニー・トッド不在
・日本語吹き替え版


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

スポンサーサイト
[ 2012/04/01 00:00 ] 超常現象 | TB(0) | CM(0)

スペル

スペル


【解説】
「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督が久々に手掛けた痛快エンタテインメント・ホラー。ローン返済に苦しむ老婆に心ならずも無慈悲な対応をしたばかりに100倍返しの怨みを買ってしまったヒロインが、恐るべき呪いの餌食となりこの世の地獄を味わわされるハメになる戦慄の3日間を、ユーモアをにじませたB級テイスト溢れる円熟の恐怖演出で描き出す。「ビッグ・フィッシュ」「秘密のかけら」のアリソン・ローマンが問答無用の災厄に次々と見舞われるヒロインを体当たりで熱演。また、TV畑のベテラン女優ローナ・レイヴァーが不気味な老婆を怪演し話題騒然に。




重大なネタバレあり

[ 2010/12/12 00:00 ] 超常現象 | TB(0) | CM(4)

ファイナル・デッドコースター

ファイナル・デッドコースター


【解説】
迫り来る“死の運命”から逃れようとする若者たちを襲う数々の恐怖を描く人気ティーンエイジ・ホラー・シリーズ第3弾。アミューズメント・パークのジェットコースターを皮切りに、幾通りもの独創的なデッド・シーンが若者たちを待ち受ける。監督はシリーズ第1弾「ファイナル・デスティネーション」のジェームズ・ウォン。



[ 2010/03/28 00:00 ] 超常現象 | TB(0) | CM(5)

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2

デッドコースター


【解説】
変えることのできない運命を前に次々と降りかかる死の恐怖に襲われていく若者たちを描いたショッキング・ホラー「ファイナル・デスティネーション」の続編。ひとりの少女の不吉な予知夢を発端に、人々が再び恐怖に晒される。監督は「マトリックス リローデッド」でアクション監督として壮絶なカーチェイスシーンを手掛けたデヴィッド・リチャード・エリス。



[ 2010/03/13 00:00 ] 超常現象 | TB(1) | CM(7)

ファイナル・デスティネーション

finaldestination5.jpg


【解説】
予知夢で一命を取りとめた人間は、迫り来る死の運命から逃れきることができるのか?斬新な設定とショッキングな死の演出で、全米スマッシュ・ヒットを果たしたモダン・ホラー。手がけたのはTVドラマシリーズ『Xファイル』の製作者ジェームズ・ウォンとグレン・モーガン。




[ 2010/03/12 00:00 ] 超常現象 | TB(1) | CM(6)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。