お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [犯罪サスペンス ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アウトロー

アウトロー

【あらすじ】
ピッツバーグ近郊。白昼公然と無作為に6発の銃弾が発射され、5人が殺害される事件がおこる。警察の捜査が進み、僅か1時間後には容疑者として元軍人のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が逮捕。だがバーは殺人容疑を否認し、彼がかつて軍で最も恐れていた男、ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)への連絡を要求する。リーチャーは、元米軍の秘密捜査官として名を馳せ、今は街から街へと放浪を続ける一匹狼。真実だけを追求し、正義のためには手段を選ばず事件に立ち向かう男であった。ところがバーは刑務所への護送中、他の囚人たちに襲われ意識不明の状態となってしまう。そんな中、突然警察にジャック・リーチャーが現れ、凄腕の軍のスナイパーであるバーが標的を外す訳がないと指摘。何かがおかしいという確信を持ち始めたリーチャーは、一見単純なこの事件の裏にある隠された真相を暴くべく行動を開始する……。



制作年:2012年
上映時間:130分
原題: JACK REACHER
監督:クリストファー・マッカリー
主演:トム・クルーズ
   ロザムンド・パイク
   リチャード・ジェンキンス
   デヴィッド・オイェロウォ
   ヴェルナー・ヘルツォーク
   ロバート・デュヴァル

【予告編】


●総評
結論から言えば、宣伝での印象とはだいぶ違って意外とおもしろかった。
去年の予備知識必要映画の氾濫ぶりから考えたら新参者映画としても評価は高いです。

まずストーリーの構成もすごくきれいにまとまってた(原作が人気小説らしいから元々の完成度が高かったのだろう)
本編が多少長いけど丁寧に描かれていて無駄がなかったのも好評価。
ただ、これはトム・クルーズのイメージでアクション映画と思ってると期待ハズレになるかも。
サスペンスとして観た方がおもしろいと思う。
そう、まさにサスペンス映画にハードボイルド・ヒーロー要素を加えた感じ。
もっと具体的に言ったら、『ダーティハリー』のような主人公がアンチ・ヒーローの古臭い犯罪アクション映画。
それでいて推理要素が難解でなくわかりやすい。
というのも冒頭の事件発生の場面で真犯人の顔を見せちゃってるのに、次の展開では別の人が逮捕されてる。
そして主要人物が「あいつは無罪か有罪か?」で揉めてる裏で犯人グループが計画について会話してる場面を挟んだりしてる。
つまり、この映画は鑑賞者には答えを見せて登場人物たちがその答えに辿り着くまでの過程をストーリーにしているのだ。
だから登場人物と一緒に謎を追うといった同調感覚は味わえないけど、事件の真相に納得しやすい。
そして疑問点だらけにならないため、アクション映画の王道展開をミックスさせる余裕も生まれているという作品だ。
中でもシェベルSSでのカーチェイスの場面は素晴らしい。(カマロはパーツショップで借りた車で、夜の場面のはシェベルSSだと指摘を受けたため修正)
開始時のサンディが殺され静かにキレるリーチャーと目が合った黒人警官そしてゆっくりとギアに手をかけて…の描写が秀逸。
追跡時ではシェベルSSのエンジン音がうるさいくらいに鳴り響いてスピード感を煽り出す。
幕引きのシェベルSSをあっさり乗り捨てて通行人にさり気なく紛れて近くの人が空気読んで帽子貸してくれる場面は最高だった。
クライマックスも推理が済んだら、ヒロイン拉致られ味方かと思った奴が実は敵だったり主人公が敵地に乗り込んで対決などのアツい展開が待っている。
新しいことを求めすぎている傾向の最近では、程よくアクション映画の原点回帰しているあたりも好評価です。
もちろんCGは一切使わず生身のスタントで魅せるのがGood
注目のジャック・リーチャーのキャラクター像では、アウトローってわりには良い人だった気がする。
余計な殺生はしない、真剣に事件捜査する正義感、女性への紳士的配慮、車を奪う時はちゃんと相手に“借りる”と伝える。
というかやってることって昔からのアクション映画のヒーローはみんなやってることだからね。
今さらアウトローって言われても特別な感じがしない。
みてろよ、きっと『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のジョン・マクレーンはもっとアウトローなことしでかすよ(笑)
だいたい原題も原作も“アウトロー”って単語使ってないじゃん!?
これは…配給やらかしたか…?
観た感じ生活は自由奔放ですけど、本当の“無法者”は警察とかと仲良くできるわけない。
常識からはずれてるだけで自分の信念や主義を貫き通せる堅い思想を持った人物…トム・クルーズ補正抜きでもかっこいいわぁ。
むしろ規則に縛られた社会に生きる者にとったら、憧れとか好かれるようなキャラクター像だと思うよ。
全体的にもっとダークな先入観あったけど、これなら新シリーズとして今後もやっていけるな、と確信した。
早くも続編に期待です!

どうでもいいけど悪役たちの扱いがほんとに酷かった件
1.5対1なのに3対1と言われてほんとに2人が逃げ出す予言的中
2.勝手にそこいらのチンピラにリーチャー始末を仕向けて当たり前に失敗してボスの計画に泥を塗る下っ端悪党
3.その下っ端悪党への罰が自分の指を噛み千切ることという新機軸ペナルティ
4.風呂場で襲ってきたはいいが狭い場所で暴れるもんだから同士討ちで倒れシリアスなのかギャグなのか戸惑うドジっ子
5.犯人グループ幹部の狙撃実行犯の狙撃方法が濡れ衣着せたバーに容易く否定された節穴計画
6.その犯人グループ幹部がリーチャーを仕留めに出向く際にボスに言い放った「…逃げろ」弱気発言
7.人質の後ろに隠れて左手で人質を狙い、右手でリーチャーを狙う裏切り者の倒し方が早撃ちで誤魔化されて視認不能
8.裏切り者が敵側についた理由を問われ「いずれわかる」、わかる前に死ぬ伏線未回収
9.「お前、名前は?」「しゅ…囚人…人間」「それ本名か?」ネタか本気かわからないマヌケ回答
10.無抵抗で死ぬ事件黒幕の貫禄詐欺


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2013/02/03 00:00 ] 犯罪サスペンス | TB(1) | CM(4)

ペントハウス

ペントハウス


【あらすじ】
マンハッタンの一等地にそびえる65階建てのビル“ザ・タワー”は、一握りの成功者だけが住むことのできる超高級マンション。そのセレブな居住者たちの日常生活をサポートするのが管理マネージャーのジョシュ率いる一流スタッフたち。そんなある日、“ザ・タワー”のペントハウスに暮らす大富豪アーサーが、証券詐欺で逮捕されてしまう。しかも、ジョシュはじめスタッフ全員の年金運用を請け負っていたアーサーはその金も横領してしまっていた。そこでジョシュは、アーサーが部屋に隠し持っているといわれる20億円を奪い取るべく、使用人たちによる素人犯罪チームを結成することに。そして、泥棒のスライドを助っ人に招き、難攻不落の“ザ・タワー”攻略作戦を練り上げていくのだが…。



制作年:2011年
上映時間:104分
原題: TOWER HEIST
監督:ブレット・ラトナー
主演:ベン・スティラー
   エディ・マーフィ
   ケイシー・アフレック
   アラン・アルダ
   マシュー・ブロデリック
   マイケル・ペーニャ

【予告編】



●総評
観る前のイメージはコメディ版『オーシャンズ11』って感じだったけど
実際はそれほどコメディではなかったように思う。
軽いノリのクライム・アクションだ。
あのキャストでそこそこシリアスに突き進むのはちょっと意外。
エディ・マーフィーがかっこいいポジションってギャップがまたおもしろい。
本来ダメダメになりそうな計画に説得力があるところすごいと思う。
序盤にしっかり伏線はってたりもするしストーリーの完成度はわりと高いかな。
でもちょっと最後のほう都合よく展開しすぎかな。
私が思うに泥棒映画とは“プロは計画で勝つ、素人は運で勝つ”というしきたりがあるので
ある意味ご都合主義は想定範囲だった。
なによりラストでちゃんとスッキリした気持ちで終わらせてくれるのが映画としては成功だと思うぞ。

ひとつ言わせてもらえば、
この映画は日本語吹き替えで観たかったなぁ…


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/03/03 00:00 ] 犯罪サスペンス | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。