お気楽映画日記 HOME > カテゴリー [スプラッター ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死霊のはらわた(2013)

死霊のはらわた(2013)

【あらすじ】
うっそうとした山奥にたたずむ小屋を訪れた、ミアをはじめとする5人の若者。小屋で「死者の書」という不気味な書物を見つけた彼らは、はからずも邪悪な死霊をよみがえらせてしまう。解き放たれた死霊はミアにとりつき、若者たちに襲い掛かる。おぞましい姿に変ぼうしたミアと戦いながら山から脱出しようとする若者たちだが、死霊の力によって行く手を阻まれてしまう。助けを呼ぶこともできぬまま、一人、また一人と、彼らは死霊にとりつかれ……。



制作年:2013年
上映時間:91分
原題: EVIL DEAD
監督:フェデ・アルバレス
主演:ジェーン・レヴィ
   シャイロー・フェルナンデス
   ジェシカ・ルーカス
   ルー・テイラー・プッチ
   エリザベス・ブラックモア

【予告編】
これは海外の年齢制限バージョンの予告編です。視聴する場合は過激な映像も含まれるためご注意を。


●総評
ホラー映画史に残る傑作をリメイクして、なお衰えることなく昇華させた傑作誕生!!
観賞前は予告編を観た段階で怖すぎて躊躇してたんですが、観てみたら意外や意外、いい意味で裏切られました。
サム・ライミ監督オリジナル版のぶっ飛びすぎてギャグのように捉えられてしまった恐怖描写を現代の映像技術で上手くシリアス路線へ移し、
それでなお大人しくさせたわけでもなく“やりすぎ注意!”な残酷描写のバランスが良かった。
注目の恐怖描写は当然ながら数倍パワーアップ。
作り物っぽさを一切排除してリアリティに徹したようなグロ描写がいかにも現代風。
(思えば『テキサス・チェーンソー』とかと同じリメイクの方向性)
しかしグロ度こそ過激に進化してはいますけど、恐怖度は意外と高くないという。
その理由は、この映画はジワジワ来る恐怖というわけでなく直接見せちゃうタイプでなおかつ急にドン!と出てきてビビらすショッカー描写が中心なんだけど、あまりにハイテンポで訪れるため「来るぞ…来るぞ…」というような焦らし効果が薄く、次から次にショッカーシーンが押し寄せひとつひとつの場面がアッサリ通過しすぎてしまう。
つまりこの映画は皮肉にも恐怖に対する感覚が麻痺してしまう映画なのだ(笑)
なにより自分の身にふりかからないとわかりきっている死霊の存在設定がスクリーン内だけの恐怖で完結しちゃってるのが致命的。
例えば、チェーンメールが来たら呪われるとか、都市部の下水道に血に飢えたフリークスが潜んでいるとか、隣人がサイコキラーだったとか…
「自分の周りでも考えたら恐怖の可能性はある」と思い知らされるのに対して『死霊のはらわた』は映画を観終わっても恐怖を引きずらない。
残るこの作品で誇れるホラー描写は痛々しい流血場面のみになる。
人が生きたまま焼かれるわ、ガラス片が胸に刺さるわ、便器で頭潰されるわ、釘撃ち銃で顔面にゴスゴスぶっ刺さるわ、バールで思いっきり殴られるわ…
生身の人間相手にはなかなか出来ない容赦無きバイオレンスのオンパレード。
さらには自分の口を裂いたり、舌をカッターで二枚舌にしたり、腕を電動包丁で切断したり…
正気の沙汰とは思えない自傷行為はもっとすごい。
挙句の果ては死霊に憑りつかれたら失禁するわ、熱湯あびて泡吹くわ、体内から出てくるにはありえない量の血反吐を顔面にぶっかけるわ…
もうドロドロのグッチャグチャでめちゃくちゃww
「ヤダ!もう面倒見きれない!」状態である。

特に最高だったのはクライマックスの展開。
文字どおり“血の雨”が降る演出がかつて見たことがないくらいの超絶インパクトで圧倒される。
なんでもありの超常現象でここまでやられたら逆に清々しい。
そしてチェーンソーを持ち出す展開もまたよくわかってる感が伝わってくる。
ラストの死霊の倒し方も豪快でして場面としても最高に映える魅せ方だった。
オリジナル作品の濁流のごとく噴出された血液の比ではないくらいの血の量に美しささえ感じられる。
ホラー映画としての演出完成度は完璧ですね。
それから『死霊のはらわた』といえば憑りつかれた人間の豹変ぶりもおもしろさのひとつ。
今回はジャパニーズホラー(『リング』や『呪怨』)を意識したようなテイストになっててより現実味のある恐怖度は増していたと思う。
しかし個人的には、床下から白目誘惑や奇声っぽい笑い声なんかも期待したけど排除されてて残念だった。
そのためさすがと言うべきか、第一憑依者の豹変顔の特殊メイクは昔のほうが怖いと思う。

ストーリーに関しては、よくある典型をなぞってるだけ(というかオリジナル作がホラー映画の典型となるほどの存在ゆえ仕方なき)
もちろんリメイクなのでオリジナルとは大まかに同じ(ラストだけは超改変)
それなのに全然ダレない惹きこみの上手さ。
予測不可能な奇抜な展開というわけでもなく、不条理な謎で引っ張るわけでもなく、登場人物が死霊に憑りつかれて殺し合うってだけの単純なシナリオなのに目が離せない。
これは圧倒的な勢いと異常なテンションの高さがなせる技です。
ここまで全編とおして緊迫感を維持し続けるのは本当に凄いと思う。
それでいて薬物依存の荒療治のために来たから簡単に帰らしてもらえず、怪奇現象を訴えても薬の禁断症状による幻覚だと思われて信じてもらえないという登場人物の逃げるに踏み切れない理由付け。
“若者が山奥に来たら殺される”ホラー映画にこれ以上の細かい設定は野暮だろ?という風潮をぶちこわす納得の設定付けは好評価です。
まさにこの映画は良きホラー映画の模範とも言える作品です。
オリジナル作品を観てなくてもホラー好きなら観賞必須!
人体破壊が大好きな人ならなおさら観賞必須!


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2013/06/23 00:00 ] スプラッター | TB(1) | CM(2)

キャビン

キャビン

【あらすじ】
森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。



制作年:2011年
上映時間:95分
原題: THE CABIN IN THE WOODS
監督:ドリュー・ゴダード
主演:クリステン・コノリー
   クリス・ヘムズワース
   アンナ・ハッチソン
   フラン・クランツ
   ジェシー・ウィリアムズ
   リチャード・ジェンキンス

【予告編】
極力ネタバレを避けるために海外版の予告編を貼らせてもらいます。


●総評
生まれたこと自体が奇跡のような傑作ホラー映画の誕生!!
これはお世辞抜きでほんとうにおもしろい。
ホラー映画の定番…いや、ホラー映画の歴史を逆手にとったネタ作りは見事としか言いようがない。
ほんと久々にアイデアの勝利と賛辞できる映画と出会えた気がする。
そしてそのアイデアというのは、ネタバレが厳しくてなかなか書けないのが歯痒いところ。
他の感想ブロガーさんも多くは情報を隠してるくらいだ。
だからといって私も同じような事を書いても芸が無いだろう。
ならば遅れて書くからこそ、この映画にちなんで余所のネタを逆手に取ったレビューを書こうじゃないか。
そう、この映画に関して最もよく見るフレーズ
「予備知識なしで観るのが良い」
言わせてもらおう『キャビン』のレビューを見てる時点で予備知識が無い状態のはずがない。
興味があるからこそ気になるんだ。
『キャビン』を楽しめるような映画通の方なら間違いなくネタバレ地雷とも言える予告編はすでに踏んでしまっているに違いない。
そして予告編を見てしまったなら間違いなく
“あなたの想像力なんて、たかが知れている”
“この結末は絶対に予想できない”
この罠にはまってしまう。
たかが知れた想像力で補えない予想外な部分というのはすでに予告編で紹介している部分だ。
休暇で湖の山小屋に訪れた若者に惨劇が!?というシチュエーションに
それを監視し生中継する謎の組織が仕掛けた罠が!?というシチュエーション。
この二重の定番シチュエーションを別の視点から見たストーリー構成が一番想像超過でおもしろいポイントなのだ。
勘違いされやすいが結末がすごいわけではない。
言うなればこの映画全体の設定そのものがすごい。
だから「どんなオチが待ってるんだろう」と身構えてみると意外と肩すかしをくらうだろう。

それからもうひとつ
この映画が高評価と思われる絶対的な理由がホラー映画ファンに対するサプライズでしょう。
定番の惨劇展開が一段落したあとの真の惨劇パーティーとも言える…
えぇと、どう書けばいいかわからないが、今まで観たことがない異例の事態が起こる。
いままでのホラー界の常識をすべて覆すほどの出来事。
いや、これはもう事件だ。
神が歴史を書き換えたようなものだ。
スクリーン内は地獄絵図、だけど鑑賞者は大喜び。
ホラー映画好きのツボを押さえた演出に正直感動した。
そしてクライマックスには、出来事のサプライズから今度は人物のサプライズが起こる。
「え?この人なんで出てるの??クレジットに載ってないじゃん!?」
大物役者が顔を出してストーリーの真相をタネ明かししてくれます。
そこまでやられたら最後のオチのインパクトなんかどうでもよくなってます(笑)
そして観終わって深く考えたらこの映画のテーマって鑑賞者の願望だったと気づいた瞬間が絶頂!
エクスタシー!
バカ映画であり、真面目に作り込まれていたり、それでいてサービス精神は最上級。
観賞後の満足感は半端ありませんよ。
とは言え、ホラー映画の体勢をとってはいるけど恐怖描写は少々ぬるめ。
ホラー映画初心者にもうってつけだし、ネタに詳しいホラー映画上級者にも絶対観てほしい。


おまけ(ネタバレなので文字隠す)
この映画もっと観たいなって思ったけどシリーズ化するのもどうかと思う1発ネタ具合がね…
それでさ、思ったんだけどこれって映画よりTVドラマ向けなストーリーじゃないかなって。
1時間程度の中編で収まるだろうし。
毎週殺される人たちと殺人鬼をローテーションで変えてって、共通するのは監視する組織の奮闘だけって感じで。
最終話のあと映画版につながって組織壊滅って流れ。
絶対おもしろそうだけどなぁ。



以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2013/06/22 00:00 ] スプラッター | TB(1) | CM(2)

スナッフ

スナッフ


【解説】
1976年、初夏。1本の異常な映画が日本公開され、大ヒットを記録した。その映画のタイトルは、『スナッフ/SNUFF』。表の世界には決して出ることのない《スナッフ・フィルム》?その本物が劇場公開されるというのだから当時、世界中が驚愕したのは言うまでもない。約80 分の上映時間の90%以上で繰り広げられるのは、果てしなく続く殺戮とSEXシーン。映画の出所や製作者・撮影場所すらも不明のままという前代未聞の状態で公開されるという映画界のタブーを打ち砕く異様さが全編を覆う。そして、映画が終盤にさしかかった頃、カメラは撮影現場となった室内セットを映し、“問題”のシーンが映し出される・・・。



[ 2010/05/01 00:00 ] スプラッター | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。