お気楽映画日記 HOME > 月別アーカイブ [ 2009年12月 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私的劇場鑑賞作品ランキング2009

というわけで今年ももう僅か
最後はやっぱり
今年一年間で映画館で見た作品の満足度をランキングで発表したいと思います!


今年見た作品は例年より少なく9作品
だから第9位までww

ほんとはね年間12作品くらいを毎年目標としてたんだけど、
今年は忙しくて時間が無かったり
見たいやつが地元で上映されなかったりで
なかなかうまくいかなくてね。
特に前半(1月~5月)くらいの作品で大作がなかったのも要因のひとつ。



それじゃあ始めましょうか。



【9位】
ハリー・ポッターと謎のプリンス



【8位】
アバター



【7位】
ウォッチメン



【6位】
2012



【5位】
ターミネーター4



【4位】
OO7/慰めの報酬



【3位】
ファイナル・デッドサーキット3D



【2位】
トランスフォーマー/リベンジ



【1位】
ウルヴァリン X-MEN ZERO




…という結果に落ち着きました。
かなり迷いましたけどね。
あくまでランキング下の作品だから悪いわけでなく、
すべて良作だった上でのランキングですから。
やはり決め手は“期待以上だった”か“期待どおり”か“期待ほどじゃなかった”かによって左右されたね。

まず、ハリポタは残念ながら9位は確定してた(笑)
5作目の神盛り上がりから期待大だったのに、6作目が最終章の準備だけで終わる扱いでしたからね…
アバターは正直この位置に置いておいていいのか罪悪感を感じたww
間違いなく良作だったが自分好みではないってことで。
ウォッチメンも迷ったね。
好きな作品だが…長すぎ&難しすぎってことでこの評価。
あと他上位の作品がさらに神作品だったため仕方ないとも言える。
で、正直一番悩んだのは2012だ。
ほんとはもっと上位でもいいんだけど、今の気分で6位にした感じだ。
映像が凄すぎたが所詮“期待どおり”なんで。
5位のT4もかなり悩んだ。
過去シリーズからの急な路線変更でちょい戸惑ったが結果的には期待以上の完成度。
新三部作の最初ってことでまだ実力を出し切ってないようにも見える。
おそらくこの後、5作目~6作目と重ねる毎におもしろくなっていくだろうと今回は低見の評価。
OO7は妥当。
シリーズ中もっともアクション濃度が濃く、シリアスでダークなストーリー、そのくせシリーズ最短のちょうどよい上映時間でうまくまとめられてた。
SF系が猛威を振るう現環境でかなり大健闘したリアルアクションものとしてもっと評価してやりたい気持ちだ。
3位のデッドサーキットはある意味僕のランキングの叛乱分子ww
ストーリーが良ければもっと上位を狙えた…がストーリーがね…
グロ描写は満足。
とりあえず初の3D作品だったり、シリーズが大好きだったりで贔屓目でみてこの順位。
トランスフォーマーは文句なしのこの順位。
期待以上に派手な映像に笑える部分も多くあって流石マイケル・ベイだなぁと思う万人受けするだろう超大作。
だが1位は譲らないウルヴァリン。
ぶっちゃけ9位と1位は最初に決まって不動だった。
ウルヴァリンはかなり期待していたその上をいくほどの期待以上のおもしろさだったからね。
アメコミだからという贔屓しなくても1位は楽勝だった。



やはり今年もアメコミが首位なんですね、わかります。

来年はアイアンマン2あたりが筆頭だな
はたして超える作品が出てくるか…





こんな感じで2009年まとめちゃいましたがw
(劇場未公開作品のダメランキングでもやるべきだったか?)
11月にブログ設立してあっという間だったのでアレなんですが
訪問してくれた方はありがとうございます。

それでは来年また会いましょう。
よいお年を♪




スポンサーサイト
[ 2009/12/31 17:56 ] 雑記 | TB(0) | CM(5)

アバター

アバター


【解説】
「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が、自らも長年にわたって開発に関わってきた3D技術をはじめ最先端の映像テクノロジーを存分に駆使し、満を持して放つSFアクション超大作。異星人が暮らす美しい星を舞台に、資源を求めて侵攻する人類の一員として、自らに課せられた特別な任務と先住民との間で板挟みとなり苦悩する一人の青年の運命を、圧倒的なスケールと3Dならではの迫力の臨場感で描き出していく。主演は「ターミネーター4」のサム・ワーシントン、共演にゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー。

[ 2009/12/28 00:00 ] 宇宙 | TB(0) | CM(2)

メリークリスマス☆

さてさてクリスマスシーズンですね。
ということで、
クリスマスと言ったらこの映画!!ってのを紹介しよう。
もちろん俺的チョイス
異論は認めない。




まずやはり定番は『ホーム・アローン』シリーズでしょ。
1、2の知名度は異常。
でも3、4もあったりする。
マコーレー・カルキン君じゃないからダメとか泥棒の人が違うからダメとかって評価が主
それでもおもしろいんだけどね。
小~中学生の頃よく見てたから今見ると懐かしいって感情まで出てくる。
そりゃ気づけば10年以上前の作品だからね。
地味に毎年TV放送されるほどの鉄板待遇
金曜ロードショーとかね(笑)
でもここ2年くらい見てないかも
時代は常に変わってるからかな~




他にはね…
基本はファンタジー・コメディが強い。
種類で勝るのは恋愛もの。
『ラブ・アクチュアリー』とか『セレンディビティ』とか『ユー・ガット・メール』とか
まぁほとんど見てないけどね
そんな中でも個人的に好きなのは
『天使のくれた時間』だったりする。
だいぶ昔に見たけどすごく好き。
ニコラス・ケイジ×ティア・レオーニ主演のやつ。



地味に某カリフォルニア州知事主演だったクリスマスコメディの『ジングル・オール・ザ・ウェイ』なんかも印象残ってる。


あとね、サンタクロースネタの作品も多いこと多いこと。
これらは感動ものってタイプだけど
超マイナーどころを挙げると
『裸のサンタクロース』
ぶっちゃけ微妙だったけどねwww
ニールセン作品はあぁいう感動路線行っちゃダメなんだな。
あぁタイトルから変な想像されそうだけどまともなファンタジーですよ(笑)
“裸”はニールセン作品ではデフォ


そんなんより悪いサンタってのが見たけりゃ『バッド・サンタ』をオススメする。
どれくらい夢が無いかと例えると、
ディズニーランドでミッキーマウスの着ぐるみ着たおっさんがヤンキー座りでタバコ吸って休憩してるとこを目撃するようなほどのドリームブレイカー。
まぁでもいいハナシ。


さらにブラックなサンタが見たいなら
『サンタが殺しにやってくる』をオススメするよ!
…ごめんなさい。
でもいいハナシさ(笑)




ここまでいろいろ名前出したけど
男ならあえての『ダイ・ハード』www
え?あれってクリスマス映画なの?
なんて思った人もいるんじゃないでしょうか。
あれはれっきとしたクリスマス映画なんだ!





だが、それらすべてを出し抜いて
クリスマス映画と言ったらコレ!
『レインディア・ゲーム』
ちょっと意外なのを言っちゃった感じ?
盲点だろ~?
知名度としてはあるのかないのか微妙なとこですけどね。
ベン・アフレック×シャーリズ・セロン主演の強盗サスペンス。
僕は好きだよ。
なんせ衝撃中毒なった原因の作品のひとつだからね。
あのラストには騙される!


[ 2009/12/23 22:11 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

ラプター

引っ越ししました。

ラプター
[ 2009/12/22 00:00 ] 未公開映画 | TB(0) | CM(0)

バイオ・クライシス-人類最後の敵-

引っ越ししました。

バイオ・クライシス-人類最後の敵-
[ 2009/12/21 00:00 ] 未公開映画 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。