お気楽映画日記 HOME > 月別アーカイブ [ 2012年03月 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

【あらすじ】
キャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が漕ぎ出す新たな航海。それは、永遠の生命をもたらすという伝説の“生命の泉”を探す旅だった。禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”(イアン・マクシェーン)、いまや英国海軍に寝返った元海賊でジャックの宿敵バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)たちが動き出す。さらに、ジャックの前に姿を現したのは、かつて愛した女海賊アンジェリカ(ペネロペ・クルス)だった。それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、伝説の泉の鍵を握る人魚シレーナと、若き宣教師フィリップは出会い、決して叶うはずのない恋に落ちる……。幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?



制作年:2011年
上映時間:141分
原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: ON STRANGER TIDES
監督:ロブ・マーシャル
主演:ジョニー・デップ
   ペネロペ・クルス
   ジェフリー・ラッシュ
   イアン・マクシェーン
   アストリッド・ベルジュ=フリスベ
   サム・クラフリン

【予告編】


●総評
監督と一部キャストが入れ替えとなって心機一転したということでいろいろ不安や懸念があったのですが
そこそこおもしろい出来だったと思う。
ストーリーがやや『インディ・ジョーンズ』寄りで海賊というよりただの宝探しアドベンチャーだったのがしっくりこない。
それはそれで悪くはないのだが。
聞いた話だと海上でのアクションは予算の都合でできなかったとか。
キャラクターでは相変わらずジャック・スパロウの独特の演技が光っていた。
とくに今回はサイドにいるはずのウィルやエリザベスが不在とあって必然的にジャックに頼り切っていたようにも感じる。
そこに敵か味方か?でちょくちょく絡んでくるバルボッサが支えている。
というより今回はバルボッサが一番キャラクター的魅力にあふれていた気がする。
では新キャラ勢は?と。
敵なの?味方なの?愛人なの?娘なの?ヒロインなの?はっきりしない立ち位置のアンジェリカ。
謎能力を披露しつつも活躍場面も少なくあっさりやられる黒ひげ。
どうもインパクトが弱い。
むしろ個人的にはウィル枠で絶対出世するだろうと宣教師の方をずっと注目してましたしw
まぁやっぱり新スタートの1作目ってことで今後5作目で盛り上がるって構成なんだろうな。
いろいろ伏線とかフラグが残る終わり方してましたし。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

スポンサーサイト
[ 2012/03/18 00:00 ] アドベンチャー | TB(1) | CM(2)

アローン・イン・ザ・ダーク

アローン・イン・ザ・ダーク


【あらすじ】
超常現象の調査員エドワード(クリスチャン・スレーター)はある日、自分と同じ孤児院で育った19人全員が失踪するという怪事件に遭遇する。エドワードは孤児院に向かう途中、何かにとり憑かれた謎の男に襲撃されるが、間一髪の所で危機を脱する。その背後には古代アビカニ族の遺物を手に入れ、光と闇の世界を遮る門の封印を解こうとしている謎の組織が暗躍していた。高度の文明を築き上げていた古代アビカニ族は、1万年前にこの門を開けたがために悪魔軍団に襲われ、滅びていた。エドワードは、その遺物を偶然にも手に入れており、解析するために昔の恋人で古代文明に精通する人類学者アリーン(タラ・リード)のもとを訪れる。そこで、アビカニ族の歴史と1万年前その門が閉じられる際に現世界に潜んでしまった悪魔軍団が封印された門が開け放たれる日を待ち続けていることを知る。その時、悪魔軍団が二人を急襲。そこにエドワードが以前所属していた対悪魔殲滅特殊部隊「A.R.C.A.M.<アーカム>713部隊」が現れ、激しい銃撃戦を繰り広げる。一旦はその場で勝利するも、713部隊の情報によると、悪魔軍団は既に本格的な活動を開始し、門を開くための最後の鍵となるエドワードが持つ遺物を狙っており、失踪した19人はその邪悪な闇の世界復活のために、操られ呼び起こされたことを知らされる。失踪した19人とエドワードは、人間と邪悪な遺生物を合体させ、新たな生命体を創造する共生器官手術を受けていたが、エドワードだけが子供の頃の事故で器官が死に機能していなかった。悪魔軍団は封印を解き放つための総攻撃を開始。人類を守るために戦う彼らに、更なる驚愕の事実が待ち受けていた……。



制作年:2005年
上映時間:98分
原題: ALONE IN THE DARK
監督:ウーヴェ・ボル
主演:クリスチャン・スレイター
   タラ・リード
   スティーヴン・ドーフ
   フランク・C・ターナー
   マシュー・ウォーカー

【予告編】
http://www.imdb.com/video/screenplay/vi4071948569/


●総評
人気サバイバル・シューティングゲームの映画化ということで期待して観たのだが見事に大ハズレ。
そうは言ってもこの元となったゲームはやったことないし“バイオハザードの原点”という情報しか知らなかったから、
イメージの食い違い程度は許せる。
しかしこの映画は根本から駄作だった。
・超常現象的な世界観を冒頭に一気に説明してしまい鑑賞者が情報を消化しきれないままスタート。
・なんの障害もなく全自動で解決まで導かれる機械的ストーリー展開。
・主要登場人物が全員“主人公の昔の知りあいだった”という扱いだけで片付けられている。
・銃撃戦になった瞬間いままでの雰囲気をぶち壊す不自然なスタイリッシュ感。
・専用武器を持っていながら肝心の主人公が銃撃戦に参戦しない。
・銃撃戦は多人数でホラーとして間違っているくらいの安心感。
・そもそも敵のやる気がない。
簡単に列挙してもこんな感じ。
期待しないことに越したことはないレベルの映画だ。



以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

[ 2012/03/11 00:00 ] クリーチャー・パニック | TB(1) | CM(0)

劇場鑑賞したい作品[2012年3~4月]

前々から目をつけていた作品といったら『タイタンの逆襲』なんですけど

ここにきて問題発生。

私の行きつけの映画館の上映ラインナップに名前が無い…

上映されない可能性がががが

まだ1ヶ月先だから交渉中なのかもしれないけど。

代わりにノーマークだったけど予告編みたら思った以上に凄そうな『バトルシップ』観るかも。

なんかこれ『トランスフォーマー』系で映像だけで中身がない映画くさいけどある意味映画館向けだよねw





[ 2012/03/04 20:17 ] 予告編紹介 | TB(1) | CM(0)

TIME

TIME


【あらすじ】
現代にどこか似た近未来。科学技術の進化により老化は完全に無くなり、全ての人間の成長は25歳でストップする社会となった。この社会の大きな特徴は、唯一の通貨が“時間”であるということ。25歳になった瞬間から、左腕に埋め込まれたボディ・クロックが余命時間を刻み始める。限られた一部の“富裕ゾーン”の住人が永遠の命を享受する一方で、圧倒的多数の“スラムゾーン”の人々は余命23時間。生き続けるためには、日々の重労働によって時間を稼ぐか、他人からもらう、または奪うしかない。日々が熾烈なサバイバルだった。2つの世界には、“タイムゾーン”という境界線があり、互いの世界の行き来は禁じられていた。ある日、スラムゾーンに住む青年ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、富裕ゾーンからやって来た、人生に絶望した男ハミルトン(マット・ボマー)から116年という時間を譲り受ける。その直後、ウィルの目の前で、母親のレイチェル(オリビア・ワイルド)がわずか1秒という時間のために息絶えてしまう。残酷な運命に怒りを覚えたウィルは、この世界の謎に挑むことを決意し、タイムゾーンを超えて富裕ゾーンへ向かう。そこで出会ったのは、変化のない日常生活に辟易していた大富豪の娘シルビア(アマンダ・セイフライド)。そして、時間を監視する時間監視局員のレオン(キリアン・マーフィー)が、ハミルトン殺害の容疑でウィルを追う。レオンに追い詰められたウィルは、近くにいたシルビアを人質にとって逃走。ウィルの一方的な行動で始まった逃走劇だったが、絶体絶命の危機を潜り抜ける中で、シルビアはウィルの本当の目的に気づき始める。一体誰が何のためにこのようなシステムを作ったのか?2人の間には、いつしか共感を超えた恋心が芽生え、執拗な追跡をかわしながらの逃避行が続く。時間に支配された世界の果てで待ち受ける衝撃の結末とは……?



制作年:2011年
上映時間:109分
原題: IN TIME
監督:アンドリュー・ニコル
主演:ジャスティン・ティンバーレイク
   アマンダ・セイフライド
   アレックス・ペティファー
   キリアン・マーフィ
   オリヴィア・ワイルド


【予告編】



●総評
今まさに時間>金という価値観で生きている私にぴったりの映画でここまで期待できる世界観設定のSF映画はそうそうないってくらいだ。
だけど実際はパッとしないストーリーだった。
こんなに現代社会人の心を鷲づかみできるおいしい設定を使っていながらストーリーに活かせてない気がする。
ただ設定と物語最初の現状(問題定義)だけ見ればすごくおもしろいし
考えれば考えるほど味が出てくる。
まさに内容の濃いレビューの書きがいがあるってものだ。
その反面ストーリーの後半に残るのは消化不良の謎と大量のつっこみどころだけ。
願うならば、続編(なぜこのような世界になったのかという前日譚『~ビギンズ』みたいな)が出てほしい。
SFとみてもサスペンスとみてもアクションとみても中途半端。
佳境というか盛り上がりに乏しいのも問題だ。
設定のつかみだけに頼りきって後半挫折したようにも思える。
登場人物ではキリアン・マーフィーが相変わらずいい役してた。
最後のうっかりミスで腰が砕けましたw
ヒロインのアマンダ・セイフライドも意外とスタイルがよくショートボブが似合うかわいい女優さんですペロペロ。
ウィルとシルビアで『ナチュラル・ボーン・キラーズ』を彷彿させたのは私だけ?
最後に、いままでいろいろなタイプの理想郷を描いた近未来SFを観てきたが
この世界は最初から憧れというものを持てなかった。
働いた報酬が時間ってことは時間を得るために時間を失ってるってことだよね。
矛盾してるじゃん?



以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/03/04 00:00 ] SFアクション | TB(0) | CM(4)

ペントハウス

ペントハウス


【あらすじ】
マンハッタンの一等地にそびえる65階建てのビル“ザ・タワー”は、一握りの成功者だけが住むことのできる超高級マンション。そのセレブな居住者たちの日常生活をサポートするのが管理マネージャーのジョシュ率いる一流スタッフたち。そんなある日、“ザ・タワー”のペントハウスに暮らす大富豪アーサーが、証券詐欺で逮捕されてしまう。しかも、ジョシュはじめスタッフ全員の年金運用を請け負っていたアーサーはその金も横領してしまっていた。そこでジョシュは、アーサーが部屋に隠し持っているといわれる20億円を奪い取るべく、使用人たちによる素人犯罪チームを結成することに。そして、泥棒のスライドを助っ人に招き、難攻不落の“ザ・タワー”攻略作戦を練り上げていくのだが…。



制作年:2011年
上映時間:104分
原題: TOWER HEIST
監督:ブレット・ラトナー
主演:ベン・スティラー
   エディ・マーフィ
   ケイシー・アフレック
   アラン・アルダ
   マシュー・ブロデリック
   マイケル・ペーニャ

【予告編】



●総評
観る前のイメージはコメディ版『オーシャンズ11』って感じだったけど
実際はそれほどコメディではなかったように思う。
軽いノリのクライム・アクションだ。
あのキャストでそこそこシリアスに突き進むのはちょっと意外。
エディ・マーフィーがかっこいいポジションってギャップがまたおもしろい。
本来ダメダメになりそうな計画に説得力があるところすごいと思う。
序盤にしっかり伏線はってたりもするしストーリーの完成度はわりと高いかな。
でもちょっと最後のほう都合よく展開しすぎかな。
私が思うに泥棒映画とは“プロは計画で勝つ、素人は運で勝つ”というしきたりがあるので
ある意味ご都合主義は想定範囲だった。
なによりラストでちゃんとスッキリした気持ちで終わらせてくれるのが映画としては成功だと思うぞ。

ひとつ言わせてもらえば、
この映画は日本語吹き替えで観たかったなぁ…


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

[ 2012/03/03 00:00 ] 犯罪サスペンス | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。