お気楽映画日記 HOME > 月別アーカイブ [ 2012年04月 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バトルシップ

バトルシップ

【あらすじ】
ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパー(テイラー・キッチュ)と、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタ(浅野忠信)だった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか。アレックスとナガタはそれを阻止することができるのか。そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるのだろうか……。



制作年:2012年
上映時間:130分
原題: BATTLESHIP
監督:ピーター・バーグ
主演:テイラー・キッチュ
   浅野忠信
   リアーナ
   リーアム・ニーソン
   ブルックリン・デッカー


【予告編】



●総評
観る前のイメージは、どーせ『トランスフォーマー』系の映像だけで中身がない映画だろって思ってました。
しかし『トランスフォーマー』ほどストーリー薄っぺらいわけではなくそれなりにドラマパートは出来ています。
特に『トランスフォーマー』との違いは敵の戦力の圧倒的っぷり。
時間差で爆破する弾頭、攻撃対象を自分でサーチして破壊の限りを尽くすギザギザのヨーヨーみたいな兵器(呼び名がわかんない)
さらにバリアを張ってこちら側の増援を封じてエイリアン出現時その場にあった戦力のみで戦うことを余儀なくされる。
予告編だけ見た段階では人類に勝ち目ねーだろ…って思ってしまうくらいだ。
それくらいの絶望的戦況だからこそのアツい展開、燃え展開が良かったと思う。
特に中盤のホッパーとナガタの2人並んで撃つ場面と封印されし戦艦復活で歴戦の英雄(じじいたち)かっこよすぎ!!
ラストバトルの戦艦をドリフトさせて敵の先手を避ける場面とか鳥肌立ちまくり!!
そしてトドメの一撃1tの砲弾発射のくだりがやばい。
とにかくアツい!!
よってこの映画は派手な破壊描写を楽しむだけの映画ではない。
勝ち目のない戦いにいかにして勝つかという戦略(ギリギリの戦力、逆転の一手、予想外の援護)でワクワクする映画だ。
この脚本家は燃え展開というものをほんとに理解している。
このGW、男ならこれを観ろm9( ゚д゚)
そんな1本です。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2012/04/15 00:00 ] SFアクション | TB(0) | CM(4)

撃鉄 GEKITETZ-ワルシャワの標的-

RY-51yPHaAzlVL.jpg


【あらすじ】
異邦人として、フランス、ポーランド、ドイツ、そしてノルウェーと、ヨーロッパを暗躍するフリーの雇われ諜報員ジョナサン・コールド(スティーヴン・セガール)。彼は過去の傷を胸に秘めながら、静かな佇まいのまま任務を遂行する。しかし、国家機密の重要な鍵をにぎる謎の荷物をめぐる争奪戦の中、敵か味方か定かではない美貌の富豪夫人のために命を賭ける羽目になるのだった……。



制作年:2003年
上映時間:95分
原題: THE FOREIGNER
監督:マイケル・オブロウィッツ
主演:スティーヴン・セガール
   マックス・ライアン
   アンナ=ルイーズ・プロウマン
   ジェフリー・ピアース
   シャーマン・オーガスタス

【予告編】



●総評
ストーリーは多重依頼と裏切りの連発で無駄に複雑化。
単純を求めるセガール作品では逆効果な展開でついていけなくなる。
アクションも期待のセガール拳が少なく地味な銃撃戦ばかりだ。
セガールの魅力が薄いです。
これは完全にセガール作品ではハズレですね。
オススメできない。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

[ 2012/04/08 00:00 ] スパイ | TB(0) | CM(8)

劇場鑑賞したい作品[2012年4~5月]

結局『タイタンの逆襲』は地元の映画館で上映されないみたいだ。

4月は『バトルシップ』のみ。

で、5月もよくみたらそんなに良さそうなラインナップじゃないんだよね。

一応枠稼ぎで『メン・イン・ブラック3』観に行くけど

あまり期待はしていない。

今年は前半ほんと不毛な年になりそう。

当たり作品が7~8月のラッシュまで来なさそう。

夏の大作をなにかGWに持ってきてくれよマジで…



[ 2012/04/07 21:01 ] 予告編紹介 | TB(0) | CM(0)

ファイナル・デッドサーキット3D

ファイナル・デッドサーキット3D

【あらすじ】
大学生のニック(ボビー・カンポ)とその恋人ローリ(シャンテル・ヴァンサンテン)は、友人のジャネット(ヘイリー・ウェブ)とハント(ニック・ザーノ)とともに、満員のサーキット場でダブルデートをしていた。しかし白熱するレースが最高潮に達したとき、ニックは予知夢を見る。それは、1台のレースカーのクラッシュを皮切りに、後続の車が次々に巻き込まれていき、破壊された車体の残骸やタイヤがスタンド席に襲いかかるというものだった。コースは業火に包まれ、客席は血の惨劇の舞台と化すというその悪夢から目覚めたニックは、ローリ、ジャネット、ハントと周囲の観客を強引にサーキット場の外へ連れ出す。その瞬間、ニックの予知夢の通りに客席を巻き込む大事故が発生し、サーキット場は火の海と化して崩れ落ちる。ニックたち9人の生存者は、安堵に胸をなでおろした。しかし事故の後、生存者たちが予知夢の順番通りに不可解な死を遂げ始める。ニックは1人でも救うことができれば死の連鎖を止めることができると考え、その“死のリスト”の謎を解明しようとする。しかし解決の糸口は見つけられないまま、ジャネット、ハント、ローリ、そしてニックへと、死の順番が近づいてくる。




制作年:2009年
上映時間:84分
原題: THE FINAL DESTINATION
監督:デヴィッド・R・エリス
主演:ボビー・カンポ
   シャンテル・ヴァンサンテン
   ミケルティ・ウィリアムソン
   ニック・ザーノ
   ヘイリー・ウェブ
   クリスタ・アレン

【予告編】


●総評
またまたやってきました!!
死に様博覧会映画第4弾!!
シリーズ4作目にしてようやく私が劇場鑑賞することができた作品でもあり
初体験の3D映画だったこともあり
当時はかなり高揚していた記憶があります。
でも、作品としてどうだったかというと
ストーリーは結局過去シリーズの繰り返しで進展なし。
完全に死に様だけの映画なんだけど、その死に様も過去のネタと被ってるのが多かったり。
なんだかネタ切れを思わせる出来でした。
さらに本編の尺が84分とかなり短めなためあらゆる展開がはしょりまくってたのが最大の欠点だ。
映画館で観る価値は、この映画を100%で楽しめるのは映画館で観た人だけ仕様で作られてるという点だけと言わざるをえない。
ついでにそんな仕様なだけにDVDとして観たときの残念感はなおのこと。
シリーズの同じパターンで楽しめる人には良いと思いますが、
新しいものを求めてた人には思わぬ肩すかしをくらうことになるでしょうね。

良かった点
・3D化
・オープニングのスケルトンヴィジュアルがクール
・エリス監督のこだわりぬいたゴア描写
・美容室と洗車機のハラハラ感
・鑑賞者に怖い感覚を思い出させる映画館ネタ
・頑張る釘打ち銃
・メインテーマ(エンドクレジットの曲)が最高にかっこいい

悪かった点
・ストーリーはしょりすぎ
・なにも進歩してない死の筋書きルールと対処法
・一部の人の死に様があっさりしすぎ
・一部の人の死に様が未公開シーンのほうが良い
・トニー・トッド不在
・日本語吹き替え版


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

[ 2012/04/01 00:00 ] 超常現象 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。