お気楽映画日記 HOME > 月別アーカイブ [ 2012年07月 ]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダークナイト ライジング

ダークナイト・ライジング

【あらすじ】
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後、トゥーフェイスことハービー・デント検事殺害の罪をかぶり、街を離れたブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)。その8年後、再びゴッサム・シティに戻ってきた彼は、街の破壊をもくろむ新たな強敵ベイン(トム・ハーディ)を前に、バットマンとして対峙する……。



制作年:2012年
上映時間:164分
原題: THE DARK KNIGHT RISES
監督:クリストファー・ノーラン
主演:クリスチャン・ベイル
   アン・ハサウェイ
   トム・ハーディ
   ゲイリー・オールドマン
   ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   マイケル・ケイン
   モーガン・フリーマン

【予告編】


●総評
バットマンシリーズ7作目にしてノーラン版最終章とされる本作。
前作『ダークナイト』の評価が圧倒的に高すぎてこれのハードルがとんでもなく上がりきった状態だったけど期待どおりの最高傑作でした!!
ストーリーでは前作・前々作との因果関係もうまく使われていたし伏線も回収されていた。
本編の尺が長いだけにいろいろと濃い。
キリアン・マーフィやリーアム・ニーソンも出てきてまさに集大成って感じです。
逆に言えば『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』の予習はしておいたほうが良い。
展開についてはだいたいが原作コミックの存在から噂どおりって感じだった。
バットマンの背骨折られるとかね。
しかしそれを含め一番すごいのはやはり絶望感の演出の上手さだろう。
私はかつてベイン以上に人々に絶望感を与えた悪役をみたことがない。
あれは単純な強さだけでもなく残虐さだけでもなく、打つ手を潰す狡猾さだとおもう。
そういった部分はジョーカー以上の究極悪だ。
「そこまでやるか!」を実現させたベインの絶望理論。
ほんとバットマンは精神的にエグい敵が多いとつくづく思った。
だからこそのヒーロー復活のクライマックスに向けて盛り上がりは最高潮になる。
特にハンス・ジマーの重圧感のある音楽の使い方が上手すぎる。
ラストについては賛否両論でしょうね。
『インセプション』と同じであえてどちらともとれる終わり方をさせてる。
他にもいろいろ言いたいことはいっぱいあるがネタバレご法度の総評でこれ以上書けません。

あえて不満を挙げるなら…
まず、時間の経過がわかりにくい。
丁寧に作られてるはずなんだが昼だと思っていたらいつの間にか夜になっていたり、いつの間にか冬景色になっていたり。
そんな長い時間あの状態を放置してたのもびっくりだ。
それからヒロイン枠まで泥棒したセリーナ・カイル、ブレイクの二代目になるタイミング、ボスの風格MAXのベインを押しのけて真の黒幕が○○○。
あえて伝わりにくい言い回ししたけど、クライマックスに向けての盛り上がりは異常なくらい高いのですがそれぞれの登場人物が肝心なとこでカタルシス回避する行動をとるのが…
テーマ性を重視しすぎてコミック映画らしさを損なった気がする。(これがノーラン監督らしさで悪いとこという意味ではありません)
あとバットマンの強さよりも弱さが目立つプロットも少し気になるところです。
前作以降8年間引退していたという設定もあり腕が落ちた感がヒシヒシと伝わってきた。
さらに破産して兵器類も奪われる展開のためかバットポッドとザ・バット以外の乗り物やコスチュームに内臓されたギミックがほとんど活用されていない。
ベインともシンプルな肉弾戦しかしないし「どうしちゃったの?」状態。
そういった点で前作『ダークナイト』は超えられなかったかなって個人的な印象です。
そして一番の不満はこれが最終章だということ。
ノーラン版という括りだけでなくバットマンシリーズとしても完成形を迎えてしまったと言ってもいい。
また監督が変わって新3部作とか始まってもノーラン版は超えられないと自信がある。(私が持つべき自信じゃないんですが)
もうバットマンは映画化されない地点に到達してしまったかもしれない寂しさを感じる。
路線変更してロビンを主役にすれば可能ではあるが…この後に続けてやっていく勇気がある監督がいるのか。
これが希望を与えてさらに突き落す絶望というのですかベインさん?
それでも今年最高傑作と呼ぶにふさわしいおもしろさはある。…と最後に念を押して書いておく。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

スポンサーサイト
[ 2012/07/29 00:00 ] 超人バトル | TB(1) | CM(6)

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

【あらすじ】
人間の姿をしていながらもおおかみおとこという正体を持つ男(声:大沢たかお)と出会った大学生の花(声:宮崎あおい)。二人は惹かれあい、やがて子どもを授かる。姉の雪と弟の雨は、人間とおおかみのふたつの顔を持つ、おおかみこどもだった。都会の片隅で正体を隠しながらつつましやかに暮らす4人は、幸せそのものだった。しかしある日、父が死んでしまい、幸せな日々に終止符が打たれた。おおかみこどものきょうだいを抱えた花は、豊かな自然の残る田舎に移住することを決意する。



制作年:2012年
上映時間:117分
監督:細田守
声優:宮崎あおい
   大沢たかお
   黒木華
   西井幸人
   大野百花
   加部亜門

【予告編】


●総評
『サマーウォーズ』の時のように手放しで絶賛できるような作品でないってのが率直な印象。
というのも明確な目的に対するストーリーも無くて、ベタなアツい展開も小粒なギャグも無くただ13年にわたる登場人物の成長を描いただけのドキュメンタリーだったからだ。
おおかみこどもであることを隠して人間として暮らしていてそれが世間にバレて弾圧される展開などの窮地もいくらでも考えられるだろうにあえてそうしなかった。
ドラマ性が薄いくらいに“優しい映画”だ。
さらに言えば途中で主人公が変わるため感情移入にブレが生じる。
前半は花の子育て奮闘をメインとして母性愛や田舎における地域との関わりの温かさが印象に残る。
特に「畑を大きく作る意味がようやくわかりました」のとこは田舎者ながら感動した。
後半は雨と雪のアイデンティティ確立における自立や葛藤が印象に残る。
特に「あんた人間でしょ学校来なさいよ」「どうして狼なのにそんなことするの」でガチ喧嘩する場面が本作唯一の山場かもしれない。
だが、ふと気づく“親子愛”や“兄弟愛”が薄くないか?と。
意味不明な理由で早々処理される夫、あまりに頼りない母(それでも頑張るのが良さでもある)、進路どころか種族さえ別離する姉弟。
おおかみこどもの育て方がわからないからこそ難しい。
小児科or獣医で迷うとこはまさにそれ。
しかしそれは映画の中の子育てだけでなく映画のストーリー作りにも当てはまる。
その結果テーマがはっきりしなくなってるんじゃないかと思う。
それでも観やすいと思えるのはテンポの良さと表現力の高さ、そしてキャラデザのとっつきやすさ。
雪原を駆け回る場面とか大自然の描写、CGと手書きアニメの融合による疾走感や臨場感や壮大感は素晴らしかった。
だからストーリーよりもアニメーションとしてのそういった部分を目当てで観に行くといいと思う。
どうでもいいが、花の彼や成長した雨が雰囲気的にもキャラデザ的にも『サマーウォーズ』の侘助と被りすぎだ。
細田さんはああいった気怠い男をかっこよく見せる天才だなと思った。
しかし、テンポが良いも裏を返せば駆け足気味とも言える。
13年分をこんな短時間にまとめるわけだから描ききれない部分も当然出てくるわけでそこは脳内補完するしかないというわけか。
だが、終わり方がちょっと唐突すぎるのだけは気にかかる。
なんというか「まだあるだろ?」っていうような“その後”のストーリーが気になる終わり方するんだよね。
極論を言えば、これ映画の枠での題材にしたのは失敗だったんじゃないか?
正直、子育ていらないから序盤の花とおおかみおとことの不思議な恋物語だけを映画として作ったほうが観てみたいと思うぞ。
「実は俺…オオカミなんだ」「実は俺…未来から来たんだ」あれw『時をかける少女』と被りますねごめんなさい。
そういった意味でも雪と草平君のパートは個人的に一番好きです。
そんな感じでストーリー構成といい全体的にちょっと冒険しすぎたな。
王道から外れるという挑戦的な姿勢は私は大好きですが今回は失敗だと思う。
雪ちゃんの可愛さや大自然の表現力をアピールしただけの映画だったと思われても不思議じゃない。
あと、細田さん自身の実家とか出身校とかをさりげにだしたりしないかなってサービス期待したけどさすがにそれはありませんでしたね。
せっかく地元が舞台だったのにほんと有名な山の方とかばっかりでちょっと残念でした。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

劇場鑑賞したい作品[2012年7~8月]

6月の『ブレイクアウト』観に行けなかったよ。ごめんニコラス。

さて、ここからまたハードになる。

『おおかみこどもの雨と雪』『ダークナイト・ライジング』ときて

8月は『トータル・リコール』『アベンジャーズ』『プロメテウス』と個人的期待作がほぼ毎週公開される流れになる。

かつてここまで固められたことは無かったってくらいキツイねぇ(だから『アベンジャーズ』は5月にしとけってあれほど)

幸い積極的に先行上映予定してくれてるみたいなのでお盆でどれだけ調整できるかが鍵ですね。

楽しみな作品がようやく目前まで来て今年のランキングは例年以上に波乱しそうだ…



『アベンジャーズ』日本版最新予告編にて
海外の予告では一切出ていなかったアイアンマンの最新形態の映像等が追加されていたのでネタバレを気にする方は注意してください。




[ 2012/07/15 11:38 ] 予告編紹介 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。