お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > NEXT‐ネクスト‐






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NEXT‐ネクスト‐

NEXT-ネクスト-



【解説】
ニコラス・ケイジ扮する予知能力を持つ男が最大の危機に立ち向かうSFサスペンス。人気SF作家フィリップ・K・ディックの短編『ゴールデン・マン』を映画化。“2分先”の自分に関わる未来だけが見える主人公が核爆弾テロの阻止を託され、その凶行を食い止めるべく奔走する。監督は「007/ダイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリ。


【あらすじ】
ラスベガスの二流マジシャンとして生きるクリス・ジョンソン。実は、彼は自分の周囲だけだが2分先の未来を予知できる能力を持っており、その秘密を誰にも悟られないよう目立たず日々をやり過ごしていた。そんなある時、クリスの前に女性FBI捜査官のカリーが現われる。彼女らFBIは、核兵器を持つテロリストがロサンゼルスを爆破する計画を企てているという情報を掴んだことから、予知能力を持つクリスへ捜査協力の依頼に来たのだった。しかし、面倒な他人事に巻き込まれたくないと要請を断るクリス。一方、時折彼の頭によぎっていた美しい女性リズとの出会いを果たし、ほどなく惹かれ合うのだが…。



制作年:2007年
制作国:米
上映時間:95分
原題: NEXT
監督:リー・タマホリ
出演:ニコラス・ケイジ
   ジュリアン・ムーア
    ジェシカ・ビール
   トーマス・クレッチマン
   トリー・キトルズ





【感想】

ニコラス・ケイジ主演というよりも
フィリップ・K・ディック原作の映画だったので超期待してDVD買ったわけだが。
(フィリップ・K・ディック作品はみんな好きだから)

設定もなかなか良さそうだし。
“2分間の予知能力を持つ男VS核爆弾テロ”
けっこうそそられるよね。

で、まずテーマとして出てくるのは
はたして2分しか未来が見れないのに世界が救えるか?
そこですよね。
きっとギリギリのスリリングな展開が目白押しなんだろうと思わされます。






そこで最初に
主人公のクリス・ジョンソンの持つ予知能力について

主観的前提:2分後までの未来をみることができるみたいです。
それも自分に関係した未来だけ。
なぜこのような能力を持っているのかは一切説明なし。
ここは残念だったが、
SFということで素直に受け入れるしかない(´・ω・`)


演出と言うか主人公の未来のヴィジョンの見せ方について
普通に話が進んでいると思ったら
突然2分前の場面に戻るという。
まるで“邪眼”(GetBackers-奪還屋-参照)
「え!?今見てた映像幻!?」
みたいに思う。
よくある手法なんだけどね結構好きだよ。


例えば~
序盤のカーチェイスの場面
クリスはかっこいいスポーツカーを盗んで時速80キロで追っ手から逃げていて
踏切にさしかかり
そのまま通過しようとしたその時!!

横から電車が!!
衝突!!

車大破!!

えぇぇぇぇぇぇ!?(°□°;)??




と思ったら…


それはフューチャーヴィジョンで
踏切を渡る2分前まで時間が戻る。
それを見たクリスは時速を110キロまで上げて
踏切を渡り
電車とのギリギリの所で通過するという荒技披露。


こういうのを見ると彼は予知能力で
危機回避または複数ある選択肢の中からそれぞれの未来をシュミレーションして最善の手段を選ぶ
この2つくらいの利用法を主に使ってた。




そんで
未来予知の使われ方で僕がおもしろいとかすごいと思った場面をいくつか挙げてみると…

1.カジノでの逃亡シーン

クリスがカジノ内で警備員達に追われるとこなんだが。
クリスは未来が見れるのだから警備員達の行動がわかるのだよ。
だから警備員達の視界に入らないような絶妙な仕草で危機回避するんね。
このさりげない動きだけで警備員に捕まらないとか
コレそうとうおもしろいしwwwo(≧∇≦o)

警備員の人達は監視カメラ見てる内部の人達の指示を無線で受けてるにも関わらず見つけられないからね。
クリスが堂々と警備員の間をすり抜けてるしwwwo(≧∇≦o)

こんな追っ手からの逃げ方初めて見たよ。
未来を見てここまで行動を微調整できるのはすごいかと




2.喫茶店でのナンパシーン

これはクリスがリズに声をかけるパターンを何種類か予知シュミレーションするというもの。
失敗したらまるでゲームをリセットするかのようで実におもしろい。

クリス「すいません。こんにちは
お一人ですよね?座ってもいいですか?」
リズ「いえ、悪いけど」
クリス「あぁ…そう…」
リセット☆

クリス「お邪魔してすみません。
コーヒーについて聞きたいのですが?
この豆はその…」
リズ「それは、お店の人に聞いた方がいいと思う」
クリス「…ですよね」
リセット☆

クリス「すみません
ライターあります?」
リズ「タバコ吸わないの」
クリス「…」
リセット☆

ガタッ(クリスがリズのとこに行こうと立ち上がろうとした瞬間)
リズ「お願い。やめて」

ちょwwww
設定に干渉したシュールなネタだwwww

まぁしかし、
このあといろいろと別パターンやったりしてナンパ成功させちゃうからまんざらバカにできない。
男ならだれでも憧れる場面っすね。

しかしニコラス・ケイジとジェシカ・ビールって年齢差的に不自然でしょ(笑)
そこんとこもうちょい自然な組み合わせにしたほうがよかったんじゃないかな~(´・ω・`)

不自然といえばニコラス・ケイジの髪型も(ry




3.“断崖”での危機回避シーン

ここのとこはすごかったね。
たぶん本作一番の見せ場なんじゃないかな?
斜面転がってくる障害物を後ろを向かずに避けたりするし。
丸太が雨みたいに降ってくるとこを接触しない位置を見つけて潜り込むシーンとかなかなか見応えあった。
直前の“すべてわかっている余裕のそぶり”がまたかっこいい



あと、スナイパーの狙撃した銃弾を見通して避けるって高等テクニックも見せてくれた。

まぁ、これらは実際わかっていても体が動けるかが心配だが…(´・ω・`)
かなりの反射神経を要求されますよね…(´・ω・`)







4.まさに多重影分身な終盤戦

最後の方なんだけどね
敵に捕まってるリズの居所を探すとこで奇跡の瞬間が訪れた。

「ニコラス・ケイジがいっぱいΣ( ̄□ ̄;)!!!!」

まぁ未来予知シュミレーションの応用かと思われるのだが
こんな魅せ方があったとは…

分かれ道があったとすると、
右に行く未来と左に行く未来を両方同時に映像化するとこんな感じになるって言うのを表現したかったのかな。
しかもそれを何カ所でもやっちゃったら、そのフィールド内にニコラス・ケイジがあふれかえるっていうねwww
ちなみに、それら1人1人の得た情報が本体にも蓄積されるあたりも多重影分身の術に酷似してるんだよ。
あ~これNARUTOネタっす。


ラストで敵のボスと対峙した時のさらなる奇跡の瞬間



はいはい
やっぱりラストは大技披露って展開かな~(笑)
要は、危機回避と未来シュミレーションの複合技ですね。

敵の連射してくる銃弾を、
未来の自分が撃たれる度に軌道修正して弾丸をギリギリで避け続けるというのを1シーンでまとめちゃってるんです。
これは百聞は一見にしかずってやつだな~見ればわかるよ。
『マトリックス』のエージェント・スミスみたいに残像が見えるような弾丸避けですから
意外とかっこいいよ。
もっとも残像は撃たれてるんですけどね^^


…とまぁこんな感じかな。






次はストーリーについても軽く触れとこうかな。
基本的につっこみ所が多かったね。

まずね、
はっきり言うとこの作品は
クリスがリズの為に映画
そしてクリスがFBIから逃げる映画

そんなとこ。
え?テロリストは?
そんな人いたっけ…?ってくらい空気
だって僕は悪役の人達の名前誰1人覚えてないし。顔さえ覚えてないし。
それくらい印象に残らない悪役
悪役の出番と存在感がなさ過ぎて泣ける。
それに伴って核が持ち込まれたのに危機感まったく感じられなかった。
だってFBIは核探すよりクリス捕まえることに一生懸命だったし。
それに伴ってテロリスト達は、
「俺たち無視されてね?
それより俺たちの計画がクリス・ジョンソンに台無しにされると厄介だ。やつを消そう」
みたいな感じで
クリスはわけもわからずFBIとテロリスト両方から追われる羽目になる。
そもそもなぜクリスはFBIに追われるかって事は、
FBIの捜査官の1人にやたら勘の鋭い人がいて(その人がジュリアン・ムーア演じるカリー・フェリス捜査官)
クリスはすごい特殊な感知能力があるのではないかと予想して
テロリストのどこかに持ち込んだ核を
クリスに感知させよう
って発想に行き着いたわけだ。
では、逆にクリスはなぜ協力せずに逃げたかと言うと
クリスの能力は2分後まで
さらに自分の未来のみ見れる
…これでアメリカのどこかにある核が探せますか?
ってこと。
つまりすべてフェリス捜査官の誤解です。
まぁ言い換えれば、中途半端に特殊能力を隠してると周りから過大評価されるっていう教訓ともとれる。




そして、クリスはクリスでまた別の目的に一生懸命だったのです。

クリスは自分の未来しか見れないのですが、例外があるようです。
それはリズに関してだけは制限無視して未来が見れるようなのです。
なぜかはわからないけどね(´・ω・`)
ほんとなぜだかわからないけどね(´・ω・`)
鑑賞者の想像に任せます状態
僕は、リズが運命の相手だったから能力が進化した…と思っておく。

つか、そうでも考えなきゃリズのキャラクターとしての存在意義がなくなっちゃいますからね…
リズも空気みたいなもん。
登場した理由与えてあげましょ。

つまり、クリスは世界を救う事を拒み、女とイチャイチャしてたんですよ。




でも、オチは
「えぇぇぇ!!(゜∀゜;ノ)ノ」
みたいな
かなり衝撃的でした。
重度のネタバレになりそうだから文字反転モードで
↓ここから

まさかの夢オチ
最後の最後で「失敗した」→核爆発→本編の真ん中まで時間が戻る
「さぁて違う方法でもう一度挑戦だ」END

おいおいおいおいおい!!!!
本編の半分が予知夢だったとかパネェww

「結局何も解決してないじゃん!?」思った。
この消化不良MAXなエンドは原作が短編だからか?
未来予知できるのが2分後までじゃなかったのか!?
とりあえず突然のルール変更で台無し感あった。

↑ここまで

●最後は豆知識っぽいことでも

冒頭のクリスのマジックショーのとこで出てくる韓国人の女性(画像右側の人)
ニコラス・ケイジのリアル奥様なんだってさ





あと、クリスのよき理解者として登場したおじいさん
どこかで見た顔だと思えば刑事コロンボの人だったんだってさ
なんかこの作品が最後の出演作なんらしいよ。
俳優業おつかれさまです。





 ←応援のポチッとよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/19 00:00 ] SFアクション | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


-

管理人の承認後に表示されます
[2016/12/01 21:15] URL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。