お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ゾンビ > バイオハザードⅡ アポカリプス






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バイオハザードⅡ アポカリプス

バイオハザードⅡ


【解説】
人気ゲームソフトをミラ・ジョヴォヴィッチ主演で映画化し大ヒットしたSFアクション「バイオハザード」の続編。地獄と化した巨大地下研究所からなんとか生き延びたヒロイン、アリスを、今度はウィルスに冒されたラクーンシティそのものの消滅という危機が待ち受ける。監督は本作が初メガフォンとなる新鋭アレクサンダー・ウィット。




重大なネタバレ有り

【あらすじ】
巨大企業アンブレラ社の地下研究所“ハイブ”での死闘から36時間後、何者かに捕えられ病院で目を覚ましたアリス。本能的に逃げ出した彼女は、“T-ウィルス”がラクーンシティ中に蔓延していることを知る。アリスは特殊部隊の女性隊員ジルらわずかに生き残った者たちと脱出を試みるが、街は生ける屍と化した凶暴なアンデッドたちで埋め尽くされ、事態の隠蔽を目論むアンブレラ社が送り込んだ最強のバイオ・モンスター、ネメシスまでもが彼らの行く手を阻む。さらに、アンブレラ社は核兵器による街全体の消滅をも実行に移そうとしていた…。



制作年:2004年
制作国:カナダ・イギリス
上映時間:93分
原題: RESIDENT EVIL: APOCALYPSE
監督:アレクサンダー・ウィット
製作・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
   シエンナ・ギロリー
   ジャレッド・ハリス
   オデッド・フェール
   トーマス・クレッチマン




【感想】

公開当時映画館でも観てるし、これ何度目だろう…
という気がするんですが4作目鑑賞間近とかあるし、せっかくなんでシリーズおさらいって事で手をかけました。


●総評

前作に比べゲームの映画化ってことに重点を置いてつくられているだけにゲーム版からの再現度が非常に高かったのが好印象。
特にジルと追跡者のクオリティがゲームの映画化史上最高レベル。
ゲームファンなら誰もが満足したことだろう。
地味にカルロス登場も嬉しかったり。

アリスはアリスでまた一段とかっこよくなってたし。
チートすぎる気もするのですが…(´・ω・`)

ストーリーでは、
始まり方が前作の終わり方と完全にシンクロしていて(謎を補足するような)、正統な続編と思わせる巧い繋ぎかたしてるなぁと思う。
前作の制作の時点で続編の構想あったんだよねきっと。

でも、舞台が前作の研究所内という閉鎖空間的サバイバルから
今度は街全体という広範囲になったため、
キャラ別の場面場面が分散されすぎていた。
いまいちキャラ別の目的が伝わりにくい構成が気にかかる(もちろんラクーンシティからの脱出が大前提であろうはずだけど)

それから一番不満はラストの追跡者の改心がアカン。
追跡者はとことん主人公達を追い詰めなきゃダメだ。

あと、今回は前作から一変してBGMがおとなしくなってた。
たぶんマリリン・マンソンじゃないね。
前回のが不評だったのか?

バイオハザードⅡ 画像


●アリス

主人公は前作から引き続き貧乳ビッチ(愛称に悪意はありません)
今回は前作の赤いドレスからイメチェンして、アーミー的なコスチュームに。
えぇ、前作以上に貧乳が目立ったコスチュームでしたね。
まだ前作は赤いドレス似合ってたしキャラにも可愛げがあったんだけど、今回のは勇ましくなりすぎてなんだかなぁ~って。
その分格好良くはなってるのは間違いないのだが。

バイオハザードⅡ 画像

では、どれだけ格好良くなっているのかと言ったら
まず最初の教会でのリッカー戦。
ステンドグラス割って突入。
バイクを巧みに操ってリッカーとバイクを浮かせる神テクニック。
二丁拳銃でリッカーもろともバイク爆破。
2体目のリッカーには二丁サブマシンガンで十字架倒して下敷きに。
3体目のリッカーには飛びかかってきたとこをショットガンでカウンター。
アリスかっこいいよアリス

というかなにこの完全武装
スタート時からラスボス戦直前みたいな重装備やんw
ねぇねぇ、ちょっとアイテムBOX欄見せてごらんよ(´・ω・`)?
弾丸数∞とかになってんじゃないの(´・ω・`)?
違うの(´・ω・`)?
それは前作のノーダメ全クリ特典じゃないんですか(´・ω・`)?


それから体術の方も前作以上に人間離れしてるし。
他のキャラとレベルに差がありすぎワロスw
せっかく満を持して登場したジルやカルロスがお荷物にww
正直私は、アリスの1人だけ超人設定はあまりいい設定とは思わないな。
ゲーム版のサバイバル感が損なわれてしまうから。
アリス無敵モードで楽勝だもん(´・ω・`)

挙げ句はビルの側面を全力疾走とかしちゃったり、
バイオハザードⅡ 画像
念力的な能力でモニター越しの相手念殺したり、
バイオハザードⅡ 画像
やっちまった感ある1シーンですね。
鑑賞者置いてけぼりでどこまで突っ走るのかアリスは。
そのうちマトリックスみたいなことし出すんじゃないかと心配です(笑)



そそそそういえば、
ラストでまた裸を見せたミラ!
しかも今度は乳首チラ見せではなくモロ見せw
やっぱり露出狂なのか?

バイオハザードⅡ 画像


●ジル

本来の主人公
…なのに脇役みたいな扱い。
でも実写化にあたって何がすごいってね
それはほんとに似てることがすごいのだよ。
コスチュームだけじゃなくてほんとに雰囲気とかもジル・バレンタインなんだよ。
ネメシスといいゲームの実写化でここまで再現に徹してる点はほんとすごいと思う。
かつてないからね。
何度か実写化されてる『ストリートファイター』とかそれ系のゲームの映画化されたやつらを見てみろ。
基本的に似てねぇだろ?
だが『バイオハザード』シリーズでの再現クオリティはガチ。
ほんとに制作者が『バイオハザード』を好きだからこそだと思う。
     バイオハザードⅡ 画像


で、ジルのキャラについてだが細かい部分でやたらスタイリッシュに描かれている。
例えば、マッチの火の付け方ひとつにしても
片手で付けるのがめちゃくちゃ格好いい。
(でもこれゲームの設定ではないよね…)
それを象徴したシーンが小学校での理科室(家庭科室?)のとこ。
ガスを充満させて部屋から出る際にマッチに火を付けて後ろも見ずに投げ捨てる。
このワンカットワンカットがすごくスタイリッシュなんだよ。


でも火が消えて不発ww
あんだけかっこよかったのに不発とかww

と、思ったら(´・ω・`)

バイオハザードⅡ 画像 部屋の外にはアリスが!?

しかもタバコを吸って!?

コレだよコレww
バイオハザードⅡ 画像 ピン♪

アリスすげぇぇぇかっけぇぇぇぇぇ!!


えぇ、そういうことです。

ジルの活躍もアリスに奪われるのです。
つまり、たとえゲーム版の主人公だろうがアリスの踏み台なんです。

これはもう見せ場強盗です(´・ω・`)


しかもこの場面よく見てください。
アリスは博士の娘のみを守ってジルは放置です。
バイオハザードⅡ 画像
ジルは爆風から逃れるためにものすごい跳んでます(笑)



なんか途中から話の流れが変な方向いったけど、
要するに“ジルかっこいい、でもアリスもっとかっこいい”
↑コレが常につきまとってくるんだよね。




ちなみに野郎ども!
墓地戦でゾンビの足払いしたときにジルの黒パンツが見えるショットがあることをご存知かな?
(なんか最近こんなネタ多いですね私w)

バイオハザードⅡ 画像


●サバイバル

さて、この手の映画は“誰が生き残るか!?”ってのがひとつの楽しむポイントだと思います。
そして序盤からのキャラクター把握も大切です。
ですが、過信は禁物です。
何故なら前作のレーザートラップの例があるからです(笑)
あんなとこで4人も死ぬなんて…(´;ω;`)
↑まだ引きずるかっ!


では、本作ではどうか?と

逆の意味で大判狂わせでした。


つまりは、生き残る人数が多い


つか主人公が死んでるやんΣ(゚д゚lll)!? バイオハザードⅡ 画像

えぇ、それはもうびっくりです(笑)
こんなに最強補正のアリスが死ぬわけないだろうと。
まぁさらなる裏があるんだけどね。


で、ジルは大方生き残るだろうなとは思ってた。
やったとしても生死不明で続編に出るかも的余韻を残す。

カルロスが微妙なところ。
ラストの自己犠牲要員可能性大とは思っていたが…
パターン的に基本原則、男女が生き残るっていう固定概念あるから1チャン ジルとカルロス有りじゃないか?とも思った。
もちろんゲーム補正でね。
まぁでも、主人公はアリスっていう大原則があるからw
ジル×カルにとってアリスは邪魔だったとさ(´・ω・`)
はっ!?
だからアリス死んだのか!!

アシュフォード博士はなんだかんだで死にそう。
内部からアンブレラに逆らってる時点で終わってる。

娘は逆に死ぬ要素が見当たらない。
やっぱ子供は殺さない暗黙のルール強い。

リポーターの女は消去法で生き残れない。
同じく金色のデザートイーグル持った黒人も。
(黒人は予想に反して生き残りましたが)

ジルの同僚とカルロスのチームメンバーも戦力になるのと比例して噛ませ犬になる。
なんせ映画ですから殺られるキャラクターも見せ場のひとつ。
全員生き残れればそりゃあ良いかもしれませんが、作品の方向性が変わっちゃいますからね~


あぁそうそう
ニコライの場面が一番ウケるねw
バイオハザードⅡ 画像
「ニコライ・ジノフェフ軍曹です。今後ともよろし・・・」
↑この直後ゾンビ犬に襲われるw
だから戦場で自己紹介は死亡フラグだとあれほど




●クリーチャー

今回もいろいろなクリーチャーが登場しましたが、まずはゾンビから
進化と呼べるほどの進化はしてませんが、地面から這い上がってくるゾンビや子供ゾンビなど種類が多彩になっていた。
前作でできなかった事のチャレンジ的な感じでしょうか?
感心感心。
墓地での地面の下から這い上がってくるゾンビとか実にゾンビらしい。
土葬されてるのにどういう経緯でウィルス感染したのか気になるとこだが、これにより年代物の死体も参戦決定です!

それから子供ゾンビ
老若男女容赦なくゾンビにさせられるシチュエーションの恐ろしさを垣間見た(´・ω・`)
しかも前作のレビューで人が食われている場面が無いってのが不満だと語ったが、今回はちゃんと用意されてた。
子供がむしゃむしゃかぶりついてる場面がな。
バイオハザードⅡ 画像


続いてゾンビ犬
前作とたいして扱いは変わらずってとこか…
人間のゾンビはのろのろ動くのに犬は俊敏に動ける理屈がいまだによくわからないが、それがゾンビ犬の厄介なポイント。
地味にそういう描写があった。
「人間なら逃げ切れる。犬だったら話は別」とかなんとか。

それからリッカー
前作ではまさかのラスボスポジションという破格の待遇だったリッカーさん。

今回はいきなり序盤に登場Σ( ̄□ ̄;)!!!!

しかも3体でΣ( ̄□ ̄;)!!!!

にもかかわらずアリスに瞬殺される噛ませ犬にまで落ちぶれちゃってw
それはさながらドラゴンボールで言うとこの
あんなに苦労して倒したフリーザが生きていて、しかも父親引き連れ再び襲来これヤバス!?って空気にトランクスがフリーザ親子瞬殺して「( ゚д゚)ポカーン」な展開に似ている。


と、まぁ登場クリーチャーのメンツは前作とほとんど変わらず。
もっとも追跡者がいるだけで満足できるんだけどね。


バイオハザードⅡ 画像


●ネメシス

今回一番の敵クリーチャー。
ゲーム版では3の“追跡者”の呼び名で有名。
というか当時のバイオハザードシリーズでは一番人気の敵クリーチャーだったのではないかと思う。
ゲームの『バイオハザード3』をプレイした者なら誰もが恐怖したあの最強クリーチャー。
プレイヤーにあんなに威圧感を与える存在もなかなか居ない。
それだけに映画版で登場するとなった時の盛り上がりもまたすごかった。
いくらアリスでも追跡者相手では分が悪い…

そう思っていた時期が私にもありました。


えぇ、空前絶後の杞憂でした。
実際はまったく逆。
いくら追跡者でもアリス相手では分が悪かったのです。
それほどアリスは1作目から2作目にかけて急激なレベルアップをしていたのです。
追跡者涙目です(´・ω・`)



追跡者のデザイン
ゲームから飛び出てきたようなほど再現度が高い。
行動面でも、ロケランぶっ放したり、「スタァ~ズ」言ってたり、壁ぶち壊して追ってきたり…
これは間違いなく追跡者だ!
この再現度は評価高いよ。


しかし終盤のアリスVS追跡者の展開
これがあまり良いとは思えない。
まず追跡者の素材として実験体にされたのは前作でアリスと共に生還したマットだったΣ(゚д゚lll)!?
っていう映画オリジナル設定は非常に巧いと思うよ。
前作のラストで防護服着た連中に連れてかれる時にチラっと「ネメシス計画に使おう」ってセリフの伏線とかもあるし。
前作の生き残りがこういう形で再会するのは心が痛む。
だからってね、マットの記憶思い出して追跡者がいかにも良い人みたいな行動する展開は私は認めない。
これがゲーム版で人々を恐怖に貶めたあの追跡者か?
追跡者は追跡者らしくしつこくしつこく追跡して散ってほしかった。
感動路線は要らないんだよ。
むしろ、全編追跡者の妨害を回避しつつラクーンシティからの脱出に焦点を当てたモンスターパニック系の構想にしてほしかった。

それがなんだ?
アンブレラ「どちらが強いか戦って決めろ」
試合だよ試合(´・ω・`)
追跡してねぇもん(´・ω・`)
挙げ句の果てに“昨日の敵は今日の友”展開

ヤ メ テ !!


これじゃ追跡者の無駄遣いだな。



バイオハザードⅡ 画像


●ラスト

「アリス計画を始動する」
え?アリス死んだんじゃないの??
え?なんでアリス念力まがいのこと出来るようになってるの??
え?アリス計画って何??
え?ジルやカルロスにあの黒人までなんでアンブレラ社員の振りしてアリス救出してるの??


一見、意味不明な超展開を見せる終わり方をして…
当時劇場鑑賞後にした3作目の私と友人の予想で
アリスがラスボス化してジルが主人公になるんじゃね?
と思ったことがあった。
あまりにアリスがバケモノ化するのが伏線で
ジルはゲームの主人公だし
すべてこのための下準備と言ってもおかしくない。
というかアリスはもうアンブレラの犬フラグたちまくりだし。
アリスが最終的にラスボスポジションなるのは有りだと個人的には思う。

もっとも3作目が公開されて、4作目まで公開された今となってはタイミング逃した話だけどな(´・ω・`)


関連作
『バイオハザード』
『バイオハザードⅡ アポカリプス』
『バイオハザードⅢ』
『バイオハザードⅣ アフターライフ』


 ←応援のポチッとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/11 00:00 ] ゾンビ | TB(0) | CM(4)

つか、アリスとネメシスの身体能力が同じて設定が無理あるよねwwどうみてもネメシスのが強そうだしw
ジルの再現度はなりヤバいね!!あの学校かどっかでの暗闇をペンライト持ちながら銃構えて進むのめっちゃカッコいいwあの持ち方かっけ~w

とりあえず4は今週見に行くつもり~もうね、ウェントワースミラーがクリス役ででるとか見るしかない。設定が刑務所から脱出とかプリズンブレイクですかw
[ 2010/09/12 08:45 ] [ 編集 ]

コメ返~蛙さん

>アリスとネメシスの身体能力が同じて設定が無理あるよねww
あの体格差であのエネルギーはいったいどこから来るのか・・・
“気”とか“オーラ”とかの類を使ってるとしか思えない。

>あの学校かどっかでの暗闇をペンライト持ちながら銃構えて進むのめっちゃカッコいいw
そうそう!
銃の構え方とかね!
かなり役作りしたんだろうね。

>設定が刑務所から脱出とかプリズンブレイクですかw
4見てきたわけだが、
ウェントワース・ミラーは牢屋に入れたらアカンということがよくわかった
(キャラが固定される意味で)
[ 2010/09/13 00:05 ] [ 編集 ]

No title

光さんこんにちは

私もリアルジル&リアル追跡者にwktkしました!でもニコライの扱いが雑過ぎる!

コレ、前半は面白かったけどどんどん失速していった覚えがあります^^;
ホントにアリスがいいとこ全部持っていくんですもんね。仲間たちがピエロにされてる気が。
まさにワンマン(ワンウーマンか)プレイ!超能力まで使うし、増殖しちゃうしww

Ⅲも観たけど、記憶ないです…。
[ 2010/09/23 14:16 ] [ 編集 ]

コメ返~ギターいぬさん

・・・とは言うものの
ゲームの方のニコライをあんま覚えてないというw
でもあんなネタキャラになるようなキャラではなかったはず。
ゲームのカルロスはよくジルを助けてくれたりでちょくちょく登場したから印象に残ってるけどね。

>コレ、前半は面白かったけどどんどん失速していった覚えがあります^^;
まったくもってそのとおりです。
正確には観る前の期待値が高すぎて観ているうちに「あれ?あれ?」って覚めちゃってガッカリってパターンだと思うよ。

>まさにワンマン(ワンウーマンか)プレイ!超能力まで使うし、増殖しちゃうしww
ワンウーマンプレイまではまだいいんだけど、さすがに超能力使いだしたのには理解に苦しんだ。

>Ⅲも観たけど、記憶ないです…。
なんか地味でしたからね・・・
でも一応、Ⅳ観る前にはⅢ観といたほうがいいよ。
[ 2010/09/24 22:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。