お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 雑記 > 追悼






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追悼

ここ2週間近く体調不良で休みがちだった私ですが
今週衝撃的な訃報が飛び込んできた。

「裸の銃(ガン)を持つ男」のL・ニールセン氏死去

そんな…
レスリーおじいちゃんの映画好きだったのに…
つい最近も絶叫計画っぽいので出演していたはず。
なのに突然亡くなるなんて。
これはなにかのジョークじゃないの?
今でもしんじられない。
この訃報を見た瞬間すごくショックだった。



今だからこそ
レスリーおじいちゃんと私の出会いを思い出す。
はじめてレスリーおじいちゃんの作品に出会ったのは私が中学のとき
なんの映画かは忘れましたがレンタル版の予告編集の中の『裸の銃を持つ逃亡者』の予告編を見て笑い死にしかけたのがすべてのはじまり。
特にツボったのは『タイタニック』のとこの顔だよww
まぁそれ以降レスリーおじいちゃんの作品をあさるようになりましたね。
レンタルであったのはだいたい見尽くしました。
その数年後にはDVD(『裸の銃を持つ男』三部作、『スパイ・ハード』)も見つけ次第買っちゃったくらいだ。
特にお気に入りは『スパイ・ハード』です。
レスリーおじいちゃんの作品では最高傑作なんじゃないかと思う。
当時この映画にリアルに殺されかけた(笑いすぎて)くらいだ。
今の時代こういうバカ突っ走った映画は少ないですからね。
映画界はほんとに惜しい人物を失った…



最後に


今まで笑いをありがとう!
私はレスリー・ニールセンを映画界最高のコメディアンだと思っています!



関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/04 23:19 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。