お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 武術アクション > 沈黙の標的






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沈黙の標的

沈黙の標的

【解説】
愛する者を殺され復讐に燃える孤独な男を描いたスティーヴン・セガール主演のサスペンス・アクション。偶然にも中国マフィアの麻薬密輸の秘密を知ってしまった一人の男が、組織に狙われる身となり、やがて妻を奪われたことで復讐の鬼と化し悲愴な闘いに挑む。監督は「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的」のマイケル・オブロウィッツ。




【あらすじ】
過去を持つ男ロバート・バーンズは、今は中国古美術を愛する考古学教授として静かな人生を送っていた。ある日、バーンズは中国国境付近の遺跡で発掘を行っていたところ、発掘品が中国マフィアの麻薬密輸に利用されていることを知る。秘密を知ったことで組織に狙われたバーンズは何とか逃げ延びるが、今度は逆に麻薬密輸の容疑で中国軍に捉えられてしまう。取り調べの後、釈放されアメリカに帰国したバーンズ。しかし、組織は彼の命を狙って次々と暗殺者を送り込む。ところが、バーンズはまたしてもこの危機を切り抜ける。彼はかつて“ゴースト”と呼ばれた類い希な格闘技術を持つ古美術専門の大泥棒だったのだ。しかし、執拗に迫り来る刺客の前に、ついに愛する妻が殺されてしまう…。



制作年:2003年
制作国:アメリカ
上映時間:90分
原題: OUT FOR A KILL
監督:マイケル・オブロウィッツ
主演:スティーヴン・セガール
   ミシェル・ゴー
   コーリイ・ジョンソン
   チョーイ・ケン・ベー




【予告編】




【感想】

私が今回観た映画は『沈黙の標的』
タイトルに『沈黙の~』と付いていたら、わかる人にはピンと来るだろう。
そうです。
セガール作品です。
沈黙の~と付いたらセガール作品しかありません。
そして今もなお量産され続ける沈黙シリーズ
これは7作目にあたります。
しかしシリーズと言ってもストーリーも設定もまったく別の作品。
ただ、セガールが最強というだけで繋がっているシリーズです。
ちなみに原題の『OUT FOR A KILL』
意味は“殺しに行く”
実にストレートです。
邦題の『沈黙の標的』の標的とはこの殺す相手のことを指しているのかな?




沈黙の標的 画像


●セガール設定

相変わらず…といったところ(笑)
まず、ツッコミどころ満載のキャラクター設定
今回セガールの役どころは大学教授であり考古学者。
さらにはチャイニーズマフィアを返り討ちにするほどの異常な強さを持つ。

どっからどう見ても大学教授には見えません(´・ω・`)

異常に強い云々抜きにしても
まず見た目からそうは見えません(´・ω・`)

冒頭の遺跡発掘場面で不審な男を見ての会話があるのだが

セガール「あれは誰だ?名札には何て書いてある?」

助手「北京大学…考古学」

セガール「いや、学者には見えない」

アナタ自身も考古学者には見えませんからっ!


気になっていたところで敵のマフィアが素性を調べてくれました。
どうやら、昔は古美術品専門の伝説の泥棒だったらしい。
そして警察に捕まり服役中に考古学の勉強をして出所後に教授になったそうな。

出ました!セガール名物“元○○”!

セガール作品において現在の職業に騙されちゃいけない。
たいてい前職が強い人だからね。

そういうわけで昔は裏家業の人間だったんですね
それなら異常な強さも納得だ
…なワケねぇだろ!
その経緯がむちゃくちゃw
でも考古学者だから古文な暗号が解けたり、泥棒だから壁伝いに窓から侵入したり警察女性の寝室に侵入したりと
職業の設定はムダに活かされてた。
というかストーリーありきの設定なんじゃないか(´・ω・`)?



●セガールアクション

これまた相変わらず…といったところ(笑)
基本的に自分は動かないんだよな。
なんか突っ立ってるだけで近づいてきた敵にカウンターを浴びせるみたいな。
たまに強い奴が現れると小手先だけの素早い動きで相手の腕を絡め捕る

んでコレだ
沈黙の標的 画像

セガール作品には必ずと言っていいほど腕を折る場面あるよね。
得意技なんでしょうか(´・ω・`)?
それから「足元がお留守だぞ」と言わんばかり勢いで相手の足をパァンって弾いて倒す。
だいたいセガールのアクションパターンって決まってるよね(笑)
ひとはこれを“セガール拳”と呼ぶ。


そしてセガールアクションを他のアクションスターと差別化を図る一番の要因は

安心感

セガールが最強過ぎてピンチにならないもんww
セガールが動かないのは余裕の現れ?
とにかく圧倒的に強すぎるのがおもしろい。

逆にセガールが動かないから重要なのはカメラワークだったりする。
それで映画として魅せ方が左右される。
本作ではそれは及第点といったところか。
それからセガール流体術“セガール拳”以外にも本作では
セガール流剣術“セガール剣”
さらにはカーアクションまで盛り込まれたりと
とりあえずいろいろやらせてみた感じにアクションのバラエティーに富んだ内容。
でも銃撃戦はほとんどなかったかな。
敵も中国系が多くて武術っぽいのをよく使用してきたし。


ただ、理髪店での猿男との闘いで
そいつだけ空中浮遊・壁走りとあからさまなワイヤーワーク多用は現実味なくなるからやめたほうがよかったと思う。
あぁいう敵キャラはジェット・リー専門だろうが。

沈黙の標的 画像


●ストーリー評価

要はセガールがセガールによるセガールのための映画。
たまたま悪い時に悪い所にいて事件に巻き込まれ、
妻が殺されて静かに怒り狂った考古学者が
警察をガン無視して世界中を回り勝手にチャイニーズマフィアを殲滅してく
っていうお話です。

作中のセガールのセリフを借りて説明するならこんな感じ
↓↓↓
「君らの捜査の鮮やかさには舌を巻いている。無実の俺をムショにぶち込んで、犯罪組織と繋がってると踏んでワザと釈放した。おかげで妻が殺された。
いいかよく聞け。君らの仕事は俺がもっと上手くしてやる。だから絶対に邪魔だけはするな。」

セガールの行動力マジパネェっすww


でも、いくら元裏家業の人間でもチャイニーズマフィアの幹部の居場所をそう簡単に見つけられるのか?
ってなりますよね。
そこでストーリーの重要なポイントが出てくるんです。
チャイニーズマフィアの幹部達は全員腕に漢字のタトゥーをいれてる。
そしてそのタトゥーは暗号みたいになっていて繋げて読むと詩になる。
そうして辿っていけば敵にたどり着く
つまりセガールは敵の幹部を倒しながらタトゥーの謎を解きつつ世界紀行を行うややゲームテイストな展開だ。

でも、世界中に散らばった敵の幹部が10人とかいるからね~
90分の作品でなにぶん舞台がコロコロ変わって着いていけなくなる。
それからその謎解き要素もね
どうも意味がわからないw
セガールは見た瞬間理解したみたいだが

鑑 賞 者 は 確 実 に 誰 も わ か ら な い

最後にタネ明かしで説明されても意味がわからないくらいだ。
ハッキリ言って製作者も理解してなかったんじゃないかと思う(´・ω・`)
もう脚本家の独りよがり暗号。
そんな暗号でストーリーを進められちゃわからなくもなるよ。
それ以前にマフィアとかの連中が古文でそんな知的な暗号扱うとは思えない(´・ω・`)

沈黙の標的 画像


●セガールエネミー

今作での敵はチャイニーズマフィア。
大ボスみたいなやつを中心に各国拠点とした10人の幹部が仕切る大型組織。
ことある毎にこの11人で会議している場面が挿入され、
しっかりと全員参加し出席率は100%(死んでなければ)
トップ同士意識統合を徹底されていて下手な組織よりよっぽど組織としては完成された印象を受けた。
悪も捨てたもんじゃねぇなぁ。
わざわざ律儀に集まる意味がわからないが。
鑑賞者は揃っちゃってる場面しか見てないからアレだけどこいつら全員活動する国が違うからね。
よほど金と時間に余裕がある連中なんだろうなきっと(´・ω・`)

でもね…そう見えるのは会議だけ。
実はこの会議に集まる10人のトップ勢の部下がほとんど居ない。
こういうのってたいてい数十数百なりの組織のトップが集まって会議してると思うだろ?
集まってる組織の規模が小さすぎるんだよ。

なんか麻薬ネットワークを支配する大仕事を邪魔されたみたいなこと言ってたけど
セガールに邪魔されたのって麻薬2袋ほど古美術品に忍ばせて運び出そうとしてただけだよね。
たいした量でもないよね。
つまり、全然凄くない。


さぁて、組織のしょぼさはわかって頂けただろう。
あとは組織幹部の実力だ。
幹部っつーことは中ボスレベルの敵が10人もいるんだぜ?
見せ場には事欠かさないだろう。

・・・と思いきや
この幹部たち弱ぇのなんのってw
しかも部下をまったく利用しようともせず幹部自らノコノコやられに行く。
っつーか部下がいないのか(´・ω・`)?

たった1人の大学教授に壊滅させられるチャイニーズマフィアとかなんなの(´・ω・`)?
最初は満席だったマフィア会議もだんだん空席になっていって最終的にはラスボスがぼっちになる様子は滑稽だった(´;ω;`)


でも真実は違った。
組織の大ボスが利益を独り占めするために
幹部連中を1人ずつセガールと闘わせ
セガールに殺させた
つまりこれは組織壊滅に見せかけた大ボスの裏切り行為だったΣ(゚д゚lll)!?
セガール含めほとんどの登場人物がこの大ボス1人の手のひらの上で踊らされていたっていう大ドンデン返しが待っていました。
衝撃的っちゃ衝撃的ですが・・・
その話になった瞬間でも自分の脳が理解しきれずに「へぇ~そうだったの」的な感じで通り過ぎちゃってたw
別に謎だったわけでもないし。

逆に真実が明らかになったあとに謎が生まれた。
この大ボスの計画ってセガールの行動次第っていうでっかい不確定要素があるんですが…(´・ω・`)
そもそもセガールが絡んできたのも偶然のはず
いったいどの段階で幹部を始末しようと考えだしたのか?


沈黙の標的 画像


●登場人物

ロバート・バーンズ
主人公
細かい設定等は重複するため割愛。
演じたセガールについて
助手や妻が殺されても哀しんだり怒ったりする様を決して見せない。
だからメインプロットが復讐劇でも気持ちが入らない。
感情表現が下手すぎる。
基本無表情
Cool過ぎるかっこいいじぇ(´・ω・`)
ただの殺戮マシーンですね、わかります。


主人公の助手
主人公の妻
麻薬捜査官の女
どいつもこいつもヒロインのなり損ね。
7割犠牲で死んでる。
っつーかセガール作品にヒロインとか要らなくね?(似合わなくね?)
セガールはいっつもワンマンプレーだし。
そういえば麻薬捜査官の女がどっかで見たことある顔だなぁと思ったら『エイリアンX』のミシェル・ゴーだった(´・ω・`)
アジア系ツンツン顔わかりやすス。
調べてみたらミシェル・ゴーは本作と『エイリアンX』だけしか出演してないらしい。
びっくりだよ。仕事ないの(´・ω・`)?
たまたま知った顔が出演作わずか2作品でコンプリートしてたとか笑えない。


麻薬捜査官の男
噛ませ犬。
なんかやってくれないかと思ってたけどまさか死ぬとは
空気のまま終わりってのよりは良かったか?
この人の死ぬ直線に思い出す海釣りのエピソードは好き。
「獲物が食いついたら戦いが始まる。
まず最初にやることは体を固定することだ。
デカいやつがかかったら引きずり込まれることがあるからな。
海に落ちた時は…
おい、トニーよく聞けよ。
お前が餌だ。」

つまりセガールという餌を泳がせて大型麻薬組織を釣ろうとしたが相手が大物過ぎて自分が餌になるフラグ。
上手いと思ったが、せめてこのキャラクターをもっと掘り下げてくれてればより一層いいキャラになれただろうね。
それだけの尺がなかったのだろうが。
そもそもこのキャラクターはストーリー的には要らないキャラクターだし(爆)


主人公の助手の父親
実は武術の師範
主人公に武術を教えた師匠っぽいがそれは語りだけ。
あまりストーリーにも関わってこない。
期待させてスルーしたキャラその1
わけわからんやつら100人殺されるより、師範が殺される展開のが確実に怒りに燃えた。
さらに言えばこの手のジジイは絶対強い。
「助手の葬儀のついでにアイツの葬式にしてやろう。ただし父親が部屋を出てから襲え」
敵の組織のボスも師範にだけは手を出させないようにしてる言動があるから隠された強さは承知の上なんだろう。


麻薬組織の幹部勢
どいつもこいつも個性がねぇ。
全員使用武器・使用武術が違えばおもしろくなってたか?
いずれにしても悪党がダメすぎた。


キング
獄中で出会った主人公の生涯の友
期待させてスルーしたキャラその2
刑務所に送り込まれた経緯を話してる途中でフェードアウトには笑った。
語り最後までやれよww
その後のセガールが釈放後に麻薬捜査官との協力条件で「あいつも出してやってくれ。第2の人生を歩ましてやりたい」と言っていたが出してもらえたのかが気になるところ。




●総評

実は沈黙シリーズは初期の戦艦、要塞、暴走特急、断崖、陰謀までしか観てなかったんです。
それ以降の人気にあやかった量産型B級アクション路線になってからのは質の低下が懸念されましたが
アクション密度も濃く割と良かったんじゃないかと思う。
沈黙シリーズ徐々に制覇したい(`・ω・´)




 ←応援のポチッとよろしくお願いします


関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/18 00:00 ] 武術アクション | TB(1) | CM(2)

沈黙のセガール

相変わらず半端ねぇ強さを見せつけるセガールおやじ。

沈黙シリーズ観過ぎて、どれが何だったか、もうさっぱり。
やっぱ1作目が一番面白いっすね。

けど、この1作目から

セガールの職業はあてに成らねぇ!!

てのが確立されてたんですが(笑)。

マチェーテでのセガールはおもろかった。
流石、ジャパニーズ精神を持っている事だけはある、と感心した次第。

次から次へと出てくる沈黙シリーズ。
新作も出る事だし、私はとことん付いて行くよ。
それが幾ら面白くなくっても(爆)
[ 2011/04/08 01:25 ] [ 編集 ]

コメ返~ヒロ之さん

>沈黙シリーズ観過ぎて、どれが何だったか、もうさっぱり。
やっぱ1作目が一番面白いっすね。
それが真理。
バカの一つ覚えみたくずっと「沈黙」付けてるくらいだからねw


>次から次へと出てくる沈黙シリーズ。
新作も出る事だし、私はとことん付いて行くよ。
私も付いて行くよ。
そういえば毎年1~2作品は必ず出てるよね。
地味に生産率は安定してるね。
ブレイクして2年くらいしたら急に見かけなくなる俳優が多い中、
約束されたシリーズ(しかも終わらない)を持つセガールはある意味すごく待遇いいと思う。

[ 2011/04/08 22:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


沈黙の標的

OUT FOR A KILL/03年/米/90分/劇場公開 監督:マイケル・オブロウィッツ 出演:スティーヴン・セガール、ミシェル・ゴー、コーリイ・ジョンソン <ストーリー> 偶然にも中国マフィアの麻薬密輸の秘密を知ってしまった一人の男が、組織に狙われる身となり、やが...
[2011/04/08 01:19] URL 銀幕大帝α









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。