お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > TIME






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TIME

TIME


【あらすじ】
現代にどこか似た近未来。科学技術の進化により老化は完全に無くなり、全ての人間の成長は25歳でストップする社会となった。この社会の大きな特徴は、唯一の通貨が“時間”であるということ。25歳になった瞬間から、左腕に埋め込まれたボディ・クロックが余命時間を刻み始める。限られた一部の“富裕ゾーン”の住人が永遠の命を享受する一方で、圧倒的多数の“スラムゾーン”の人々は余命23時間。生き続けるためには、日々の重労働によって時間を稼ぐか、他人からもらう、または奪うしかない。日々が熾烈なサバイバルだった。2つの世界には、“タイムゾーン”という境界線があり、互いの世界の行き来は禁じられていた。ある日、スラムゾーンに住む青年ウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、富裕ゾーンからやって来た、人生に絶望した男ハミルトン(マット・ボマー)から116年という時間を譲り受ける。その直後、ウィルの目の前で、母親のレイチェル(オリビア・ワイルド)がわずか1秒という時間のために息絶えてしまう。残酷な運命に怒りを覚えたウィルは、この世界の謎に挑むことを決意し、タイムゾーンを超えて富裕ゾーンへ向かう。そこで出会ったのは、変化のない日常生活に辟易していた大富豪の娘シルビア(アマンダ・セイフライド)。そして、時間を監視する時間監視局員のレオン(キリアン・マーフィー)が、ハミルトン殺害の容疑でウィルを追う。レオンに追い詰められたウィルは、近くにいたシルビアを人質にとって逃走。ウィルの一方的な行動で始まった逃走劇だったが、絶体絶命の危機を潜り抜ける中で、シルビアはウィルの本当の目的に気づき始める。一体誰が何のためにこのようなシステムを作ったのか?2人の間には、いつしか共感を超えた恋心が芽生え、執拗な追跡をかわしながらの逃避行が続く。時間に支配された世界の果てで待ち受ける衝撃の結末とは……?



制作年:2011年
上映時間:109分
原題: IN TIME
監督:アンドリュー・ニコル
主演:ジャスティン・ティンバーレイク
   アマンダ・セイフライド
   アレックス・ペティファー
   キリアン・マーフィ
   オリヴィア・ワイルド


【予告編】



●総評
今まさに時間>金という価値観で生きている私にぴったりの映画でここまで期待できる世界観設定のSF映画はそうそうないってくらいだ。
だけど実際はパッとしないストーリーだった。
こんなに現代社会人の心を鷲づかみできるおいしい設定を使っていながらストーリーに活かせてない気がする。
ただ設定と物語最初の現状(問題定義)だけ見ればすごくおもしろいし
考えれば考えるほど味が出てくる。
まさに内容の濃いレビューの書きがいがあるってものだ。
その反面ストーリーの後半に残るのは消化不良の謎と大量のつっこみどころだけ。
願うならば、続編(なぜこのような世界になったのかという前日譚『~ビギンズ』みたいな)が出てほしい。
SFとみてもサスペンスとみてもアクションとみても中途半端。
佳境というか盛り上がりに乏しいのも問題だ。
設定のつかみだけに頼りきって後半挫折したようにも思える。
登場人物ではキリアン・マーフィーが相変わらずいい役してた。
最後のうっかりミスで腰が砕けましたw
ヒロインのアマンダ・セイフライドも意外とスタイルがよくショートボブが似合うかわいい女優さんですペロペロ。
ウィルとシルビアで『ナチュラル・ボーン・キラーズ』を彷彿させたのは私だけ?
最後に、いままでいろいろなタイプの理想郷を描いた近未来SFを観てきたが
この世界は最初から憧れというものを持てなかった。
働いた報酬が時間ってことは時間を得るために時間を失ってるってことだよね。
矛盾してるじゃん?



以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/04 00:00 ] SFアクション | TB(0) | CM(4)

はじめまして

確かに全てにおいてちょっぴり盛り上がりに欠けたような気がします。
が、設定が凝ってるのでワタシは楽しめました♪
キリアン・マーフィー、よかったですよね。
うっかりミス・・・アリエナイ・・・・って思ってしまいました。
アマンダ・セイフライドの作品はほとんど見てます。可愛いので大ファンです☆
[ 2012/03/04 21:02 ] [ 編集 ]

コメ返:mia☆miaさん

こちらこそはじめまして♪

確かに設定の凝り具合はおもしろいですよね。
この設定に合わせて世の中の常識すべてが変わってるんですから。
詳細レビューのほうにも書くと思いますけど、私も仕事で多忙なときよく考えるんです
「金はいらないから時間(休み)くれ」ってね。
それがある意味実現した世界なんですよねこれって。
でも、これ観たら世の中そんな簡単じゃないってのがわかりましたw
そもそも時間と寿命は違いますからね…

キリアン・マーフィーはちゃんとした決着のつけ方してほしかったのにw
あれはあれでショッキングでしたw

アマンダ・セイフライドの作品私はこれが初めてでしたが一気に虜になっちゃいました♪
これから注目です(`・ω・´)
[ 2012/03/04 22:02 ] [ 編集 ]

ブリちゃんの元カレ(笑)

ジャスティン・ティンバレイクもうまい事、バケましたよね… それでもブリトニー・スピアーズの元カレって黒歴史はずっとついて回るんでしょうけどね(苦笑) そこばっかり気になってしまいましたよ
[ 2013/05/01 23:11 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> ジャスティン・ティンバレイクもうまい事、バケましたよね…
俳優としてスタートしてないのに主演まで、という意味では確かに化けましたね。
でも個人的にはまだ出世したというほどではないんじゃないかと思ってる。
一発屋ってとこかな。


> それでもブリトニー・スピアーズの元カレって黒歴史はずっとついて回るんでしょうけどね(苦笑)
あれほどインパクトある経歴を作ってしまったら永久に消えないでしょうね。
以降のキャメロン・ディアスと交際ってのも十分すごいけど。

[ 2013/05/07 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。