お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 超人バトル > アベンジャーズ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アベンジャーズ

アベンジャーズ

【あらすじ】
長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。だが突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまう。そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球支配を目論むロキ(トム・ヒドルストン)。彼は、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)を操り、キューブを強奪して姿を消す。その野心を知ったフューリーは、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”結成を決意し、女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)とともに、ヒーローたちを招集する。70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、インドのカルカッタに身を隠していたブルース・バナー(マーク・ラファロ)などが集結。キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込もうとするロキはドイツへ向かうが、ロジャース、ロマノフ、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)らによって捕えられてしまう。ロキを特殊監房に収容しようとしたところ、姿を現したのは兄のソー(クリス・ヘムズワース)。一堂に会したアベンジャーズだったが、意思に関係なく集められた彼らは、チームを組むことを拒否する。そこへ、ロキ奪還を狙い、バートン率いる部隊が空飛ぶ母艦ヘリキャリアを急襲。爆発の衝撃で我を失ったバナーは、凶暴なハルクに変貌し、暴れ始める。混乱に乗じてロキは逃走。ソーとバナーも乱戦の果てに姿を消し、アベンジャーズは存続の危機に陥る。ロキの地球侵略計画によって、マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか……?



制作年:2012年
上映時間:144分
原題: THE AVENGERS
監督:ジョス・ウェドン
主演:ロバート・ダウニー・Jr
   クリス・エヴァンス
   マーク・ラファロ
   クリス・ヘムズワース
   スカーレット・ヨハンソン
   サミュエル・L・ジャクソン
   ジェレミー・レナー
   トム・ヒドルストン

【予告編】


●総評
私は『ダークナイト ライジング』が今年の一番だと確信していた。
『アベンジャーズ』を観るまでは。
いや、決して舐めてかかってたわけじゃなく言うまでもなくめちゃくちゃ期待してました。
だが、その期待以上の傑作でした。
こ れ は ほ ん と に す ご い 。
主役級がそろったお祭り映画は他にもあるけどここまで全員に100%の活躍させられる映画はまず無かった。
アイアンマン推しかと思われたがメンバー全員の活躍や存在感のバランスがすごく良い。
これも何年も前から準備して単品映画として見せてきたからこその結果。
特にこの映画一番の功績はハルクの株が上がったこと。
なんかヒーローっぽくなくて単品映画の扱いも悪いし人気も微妙なんだろうなぁというイメージが吹っ飛んだ。
敵味方みんなの切り札にされるハルクに嫉妬。
ストーリーでは、不要な説明を省き本題に直行できるテンポの良さに加え見せ場となるアクションの増量。
キャラクターの個性を活かしたギャグシーンをくどくない程度に絡ませるセンスの良さ。
あまり非道さを感じない悪役なのに押しつぶされそうな絶望感を演出する戦力差。
一度完敗することで団結するきっかけを与える王道展開と“アベンジ(公的復讐)”の意義。
クライマックスの総力戦の盛り上がりと“誰がとどめをさすか”のフィニッシャー予測のつかない混戦ぶり。
とにかくこれほどないまでにエンターテイメントしてる。
もう娯楽映画の究極形態と言ってもいいだろう。
唯一の問題はアメコミがわからない人がいきなり観ても大丈夫かどうか。
敷居が高いと言えば敷居は高いことになるな。
わかる人は必ず観るべき。(いや、言うまでもないか)
らからない人は『アイアンマン2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ』だけでも観てから観るのが無難かと思われる。
おそらく『アベンジャーズ』は映画史に残る作品になる。(すでになってる)
そして今後まだ続編展開するみたいなので今知っておかないとさらについていけなくなるぞ。
もうすでに『アイアンマン3』『マイティ・ソー2』『キャプテン・アメリカ2』と『アベンジャーズ2』計画の第2シーズンの準備が進められている。
さらにこの勢いに乗って他のアメコミキャラの単品映画も多く作られアベンジャーズに参戦するかもしれない。
スパイダーマンやファンタスティック・フォーの参戦にも期待したい。

追伸:エンドロール後のおまけ映像がシュールすぎてワロタww必見!


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/19 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。