お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 宇宙 > プロメテウス






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プロメテウス

プロメテウス

【あらすじ】
エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。発展した時代も場所も異なるこれら古代遺跡で見つかったサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析する。人類の起源の謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ、女性監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、精巧なアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションが建造を手がけた宇宙船プロメテウス号に乗り込み、未踏の惑星を目指して出航する。2093年、目的の惑星にたどり着いた一行は、砂漠に広がる明らかに人の手により造られた遺跡を見つけ、その奥へと足を踏み入れる。しかしその惑星では地球の科学では計り知れない異常な出来事が次々と起こり、脅威となって彼らに襲いかかる……。



制作年:2012年
上映時間:124分
原題: PROMETHEUS
監督:リドリー・スコット
主演:ノオミ・ラパス
   マイケル・ファスベンダー
   シャーリーズ・セロン
   イドリス・エルバ
   ガイ・ピアース
   ローガン・マーシャル=グリーン

【予告編】


●総評
正直期待していたほどでもなく「う~ん」って感じ。
というのも謎めいた展開はおもしろいのだが、ほとんど解明されずに終わってるんだよね。
だからなんかスッキリしない。
しかも続編どころか3部作化もすでに決定してるらしいので、ある意味この作品自体が1作まるまる使った壮大なネタ振りだった可能性も。
さらに言えば日本での宣伝も微妙だ。
“人類の起源”ではなく“エイリアンの起源”のほうが正しいと思う。
『エイリアン』の前日譚になるのは前情報として知っていたのだが宣伝でももっとアピールしたほうが良い。
この作品を楽しむポイントは間違いなく「エイリアンはどうやって誕生したのか?」「『エイリアン』1作目にどうやって繋がるのか?」これに尽きる。
予備知識があってこそ活きる映画だ(特に『エイリアン』1作目は必須科目)
なんか最近そんな映画多いなぁ。
しかし失点ばかりではない。
さすが元祖エイリアン監督のリドリー・スコット監督なだけあってツボを得た演出が良い。
映像技術の進歩を最大限に利用した映像の美しさ。
特にホログラム等の近未来描写は3D効果とマッチしていた。
個人的には赤いラインで空間を投影するマップ製作ロボットがお気に入り(行き止まりでずっと待ってるのがカワイイ、扉あけたら喜び勇んで駆けずり回る姿がまたカワイイ)
あとSFホラーとしても目が離せない。
自分で腹を切開、眼球に寄生、謎の生命体反応、死んだはずのやつが襲ってきたとかハラハラ感の表現が上手い。
そんな感じで視覚的には大いに満足できるような映画だ。
ストーリーは壮大なテーマをチラつかせる割にはこじんまりとした内容なのも事実だが、
観終わったら散りばめられた謎と『エイリアン』とのリンクネタを探すのが正しい楽しみ方な気もすると改めて気づく。
気になる部分が多く残るのでもう一回観たくなるという魔力(罠)が仕掛けられている。
ただ、私は映画館ではパスですねぇDVD出たら繰り返し観たいなぁ程度。
そのあとは続編公開前まで封印しとく(笑)
おそらくこの映画が本当の意味を成すのは続編が出来てからだろうからね。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/08/26 00:00 ] 宇宙 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。