お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> スパイ > OO7 スカイフォール






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

OO7 スカイフォール

OO7 スカイフォール

【あらすじ】
愛した女性を死に追いやった組織を追い詰めるべく、ハイチやボリビアなど各地を舞台に壮絶な戦いを続けるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。ある日、直属の上司M(ジュディ・デンチ)が秘めていた過去の事件が浮かび上がってくる。その衝撃的な内容は、Mに対するボンドの信頼と忠誠心を試すかのようだった。そんな中、彼らの所属するイギリス情報局秘密情報部“MI6”が何者かの標的に。ボンドの任務は、その相手を発見し、脅威を取り除くこと。たとえ、その代償がいかに個人的なものだったとしても……。



制作年:2012年
上映時間:143分
原題: SKYFALL
監督:サム・メンデス
主演:ダニエル・クレイグ
   ハビエル・バルデム
   レイフ・ファインズ
   ジュディ・デンチ
   ベン・ウィショー
   ナオミ・ハリス

【予告編】


●総評
個人的にOO7シリーズは好きでめちゃくちゃ期待してたのですけど、
そのわりには微妙だったかなって印象です。
まず、アクションシーンが少ない。
予告編の見せ場のほとんどが冒頭シークエンスでそれ以降にはポツポツある程度。
尺が長いからよけいにそう感じちゃうんだよな。
ただ、やっているアクションシーン自体は現代の最先端技術で凄いことしています!
上海でのネオン看板を背景にしての格闘や地下鉄脱線の場面は魅せ方がめちゃくちゃ上手いです。
地味に冒頭のショベルカーから列車に飛び乗ったあとに袖口を直す場面がボンドらしくて名シーン。
ストーリーでは敵のボスがインパクトはあったけどそれほど大物には見えず、元MI6エージェントという設定も活かしきれてなかった気がする。
すべてでボンドの上をいく強敵にどのようにして立ち向かうかが見たかったのに。
そしてクライマックスの展開がいつものボンドらしくない。
敵の基地に潜入してどうにかするってのがいつものやり方なはずだが(スパイの代名詞だしそうあるべき)
今回は自分に有利なホームともいえる場所に敵をおびき出して最終決戦という流れになにか違和感を覚える。
むしろ審問会でのM襲撃をクライマックスにしとけば緊迫感も持続したまま終わりを迎えられたと思うのだが…?
まぁそれだと“スカイフォール”意味なくなっちゃいますけどね。(タイトルのスカイフォールはボンドの生まれ故郷の名前)
さらに言いたいことはもうひとつ、なぜボンドガールよりもMをヒロインにしたし!?
たしかにジョディ・デンチのMは素晴らしかったよ。
でも本来のボンドガールがあの扱いじゃあ華がないよな。
それから満を持して登場のQめっちゃ若者でしたね。
世代交代的なやりとりが妙にツボ(笑)
Qが説明して支給してくれたスパイアイテムはその後すごく役に立つ法則があるはずだが…
今回渡された“掌紋センサーでボンドにしか撃てない銃”がよくわからん雑魚用心棒相手でしか使われないのはもったいない。
ラストバトルで敵に銃を奪われて絶体絶命のところで「撃てない!?」ってなって逆転みたいな展開を期待したのだが。
さらにもう1人の満を持して登場したマネーペニー。
ネタバレを避けるために多くは書けませんが、終わり方が初期ボンド映画につながるような終わり方でファンは「おぉ!」と喜べるんじゃないかと。
私が実際そうでしたし。
あとはコートを上着掛けに投げて引っかける場面があれば完璧でした(笑)
そういえばダニエル・クレイグ版は若き日のジェームズ・ボンドって設定でしたねと思い出させてくれます。
過去編にひと区切りついたみたいですし次回作はどうなるんだろうなぁ。
現段階の情報では24作と25作は前編・後編の2部構成になるらしい。
初期作品の宿敵ブロフェルドとかスペクター絡みのエピソードを上手くまとめてリメイクしてくれないかな。


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/12/02 00:00 ] スパイ | TB(0) | CM(6)

アストン・マーティンDB5

アストンマーティンのDB5がボンドカーとして復活(確か、公開当時にローリング・ストーンズのメンバー(誰だったかは忘れた(汗)がサードアルバムの印税を全部突っ込んで買ったらしい。)、と愛銃のワルサーPPKに「指紋認証安全装置」が付いてるってだけで充分ですよ(笑)
[ 2013/04/18 14:41 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> アストンマーティンのDB5がボンドカーとして復活と愛銃のワルサーPPKに「指紋認証安全装置」が付いてるってだけで充分ですよ(笑)
アストンマーティンの件は同意。
破壊されて怒るボンドが良かった。
初期の懐かしさを思わせる機能がなお良かった。
だがワルサ―PPKのあんな特別出演みたいな扱いじゃ満足できません!

[ 2013/04/20 22:48 ] [ 編集 ]

やっぱりワルサー・PPKの復活は嬉しいデスよ。「トゥモロー・ネバーダイ」の時とかはワルサー社初の本格的ポリマー拳銃発売の宣伝でP-99なんてスカタン拳銃使ってましたし…今じゃ生産中止寸前のプチ欠陥銃(次期型のポリマー拳銃の叩き台になったという意義があったくらい)

やっぱりワルサー・PPKに戻ったのと「指紋認証安全装置」付きってギミックが面白かったデスよ(実際に指紋認証安全装置は研究中らしいが)。トゥモローネバーダイの時はワルサー社初のポリマーフレーム銃のタイアップでワルサー・P99なんてスカタン拳銃使ってましたし、ショーンコネリーの今のところ最後にボンドを演じたネバーセイ・ネバーアゲインはワルサーP5でした。やっぱりワルサー・PPKが一番しっくりきますよ。ボンドが2丁拳銃を持ったり横に構えたりする事だけはやってほしくないですね
[ 2013/04/23 22:24 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> 「指紋認証安全装置」付きってギミックが面白かったデスよ
ギミックは確かにおもしろかったですよ。
むしろ今まで無かったのが不思議なくらいで。
次はボンドしか運転できないボンドカーとか出ちゃう?(笑)


> ポリマーフレーム銃のタイアップでワルサー・P99なんてスカタン拳銃使ってましたし
あらら…銃にも詳しいんですね。
私は専門外だから名前聞いてもよくわからないですけど、ボンドが持ってた銃ってイメージはつきます。


> ボンドが2丁拳銃を持ったり横に構えたりする事だけはやってほしくないですね
それはよくわかる。
ボンドの構え方は毎回しっかりしてますし、そういう部分でもキャラクター造形って出来てるんですよね。

[ 2013/04/28 21:57 ] [ 編集 ]

改めてみるとやっぱり面白いですよね尺の割りにテンポも良いし。
しかしダニエル・クレイグって大出世ですよね、トム・ハンクスの「ロード・トゥ・パーディション」じゃアイリッシュ・マフィアのボンクラ2代目(父親役がP・ニューマンってのが…)、「レイヤーケーキ」じゃボスから無茶振りされて駆けずり回るドラッグの売人だし。 本人もけっこうアレな人なんですよね、撮影で日光を浴びすぎて日光アレルギーでダウンしたり、アストン・マーチン運転する場面じゃMTの運転が出来ないのが判明して、急遽、MTのアストン・マーチンをATに改造してもらったりとかWWWW
[ 2013/07/06 17:27 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> 改めてみるとやっぱり面白いですよね尺の割りにテンポも良いし。
改めてまだ観てないんですけど、映画館で観てもそれほどダルい長さを感じませんでしたし。
作風がいつものOO7らしくないけど完成度は歴代シリーズでも高いと思います。


> しかしダニエル・クレイグって大出世ですよね、トム・ハンクスの「ロード・トゥ・パーディション」じゃアイリッシュ・マフィアのボンクラ2代目(父親役がP・ニューマンってのが…)、「レイヤーケーキ」じゃボスから無茶振りされて駆けずり回るドラッグの売人だし。
逆もまた然り。
そういう経歴があるってのもおもしろいですよね。
たまに昔の作品を観ると、今でこそ大物俳優がチョイ役で出てたり。


> 撮影で日光を浴びすぎて日光アレルギーでダウンしたり、アストン・マーチン運転する場面じゃMTの運転が出来ないのが判明して、急遽、MTのアストン・マーチンをATに改造してもらったりとかWWWW
裏ネタに詳しすぎる件w
イメージダウンは別としてMT運転できない映画スター多そうだよねさり気に。
そういう点ジェイソン・ステイサムは重宝する。

[ 2013/08/10 21:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。