お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 警察・特殊部隊 > ダイ・ハード/ラスト・デイ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイ・ハード/ラスト・デイ

【あらすじ】
過去4度もアメリカ国内で凶悪テロを防いできたニューヨーク市警刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、ボヤキ交じりにモスクワへと旅立った。疎遠になっていた一人息子ジャック(ジェイ・コートニー)が、“世界で最もツイてない男”である父親のDNAを受け継いだかのように異国の地でトラブルに巻き込まれたのだ。だが“マクレーンの行く手に災いあり”の法則は今も生きていた。マクレーンはジャックと共に互いの命を守るため、数々の危機を切り抜けながら巨大な陰謀に立ち向かうことになる……。



制作年:2012年
上映時間:98分
原題: A GOOD DAY TO DIE HARD
監督:ジョン・ムーア
主演:ブルース・ウィリス
   ジェイ・コートニー
   セバスチャン・コッホ
   コール・ハウザー
   ユーリヤ・スニギル
   ラシャ・ブコヴィッチ

【予告編】


●総評
これはおもしろい!!アクションのテンションが高すぎる!!
ほんと久々にここまで無茶苦茶に暴れる映画を観たな。
周りの被害はお構いなしで壊しまくり爆破しまくり。
冒頭の渋滞カーチェイスから怒涛のアクションシークエンスが圧巻。
最初は“やりすぎ感”にドン引きするんだけど、最終的には悪党のトンデモナイ倒し方にスカッとするという。
観ているうちに感覚が麻痺してるんだろうなぁ(笑)
いや、これが映画のあるべき姿だよね。
現実で出来ない事をやってのけるから観たいわけで。
これを観たら最近のアクション映画がいかにおとなしくなったかがよくわかるな。
いやぁ~素晴らしい。
破壊の刺激に飢えている人は必見です!!

その反面ストーリーは飾りのようなもので薄っぺらい。
しかし“親子の和解”というしっかりしたテーマがあるぶん某『エクスペンダブルズ』よりはドラマ性がある。
中でも二転三転する悪役の入れ替わり(ネタバレ)は予想外でとても良かった。
今回は息子の存在が大きくストーリーの中核を担っている。
むしろ主人公は息子のほうで父ちゃんはキレて乱入しただけじゃねーかwというツッコミどころ。
それからテンポの良さとシリーズ中最短という尺の短さも相まってあっという間に終わっちゃった印象です。
しかし展開に起伏がないためかクライマックスへの盛り上がりがないままにラストになってたように感じた。
マンネリ化のせいでもあるだろうし、序盤からかっ飛ばし過ぎたせいでもあるだろう。
たぶん決定的な要素は敵幹部との戦いが無くて一気にクライマックス展開になったからそう感じたのかな。
改めて敵を順番に倒していく1作目のゲーム感覚なおもしろさは偉大だったと思うな。
今作はほんと派手なアクションだけで押し切る映画って感じ。
そして無謀に突っ込んだり飛び降りたりすると、たいてい着地点が安全だったりするご都合展開も相変わらず。
ま、細かい粗を探したらキリがないね。
ジョン・マクレーンの暴走の方が悪党より大きな被害出してねぇか?とか
無神経に放射能中和ガスとか出して今の日本の現状わかってるの?とか
倫理観で考えると最悪な評価にもなりかねない。
だからバカバカしい設定や無茶苦茶な暴走を容認できない人にはオススメできませんね。
Yahoo!映画のユーザーレビュー欄にそんなコメントがあまりに多くて書きました。

余談、娘役のメアリー・エリザベス・ウィンステッドはちょっと出てくるけど相変わらず可愛かった。
そういえばすでにシリーズ6作目の製作が決定したそうな。
近年ここまで破壊の限りを尽くしてくれる映画は貴重なので自重せずにやってほしい。
しかしさすがのブルース・ウィリスも本気で歳だから次あたり息子と世代交代編かな?
孫あたり出てきたりして(笑)


以下【続きを読む】で詳細レビュー
ただしネタバレありのため本編を観てないという方は注意してください。

これからは劇場鑑賞作はDVD発売後に詳細レビューを書くことにします。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/02/17 00:00 ] 警察・特殊部隊 | TB(0) | CM(8)

はじめまして

1988年の第1作の衝撃は忘れられないデスね… たまたま隣の席にいたセールスマンの飛行機事故を防ぐおまじないをやってしまう高所恐怖症の刑事。娘への大きなテディベアのぬいぐるみを抱えて空港のロビーへ… そこに『DIE HARD』のタイトル(しかも映画の撮影がスタートしてそのシーンを撮った時点でシナリオはまだ17ページ分しか出来上がっていなかった(爆))そんな勢いだけだったような映画がラストデイと銘打ってるんだから笑って騙されるのが人情ってもんでしょう(おそらく本当の最終作ってできますから)(爆)
[ 2013/03/27 02:32 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> 1988年の第1作の衝撃は忘れられないデスね…
はい。公開当時の劇場で観たわけではありませんが初見でのインパクトは忘れられません。
TVで割と多く放送されてるのにDVD買っちゃいましたし。
ほんと今でも色褪せない名作です。


> しかも映画の撮影がスタートしてそのシーンを撮った時点でシナリオはまだ17ページ分しか出来上がっていなかった(爆)
よく御存じですね。
それは知りませんでしたよ!?
やはり1作目の時点ではネームバリューもなくて行き当たりばったりの製作状況だったのでしょうかねぇ。
今では信じられませんね。
とは言ってもラスト・デイも別の意味で製作難というか先が見えない危機的状況下で撮影されたらしいですからね(笑)


> そんな勢いだけだったような映画がラストデイと銘打ってるんだから笑って騙されるのが人情ってもんでしょう
そうですね後先考えてないに決まっている(笑)
でも私はラスト・デイが最終作なんて思ってはいませんでしたよ。
本当の最後でもジョン・マクレーンが死ぬエンディングだけは無いと信じています。

[ 2013/03/28 22:11 ] [ 編集 ]

ホントのラスト

ホントのラスト作はマクレーンが定年退職を迎えた日に… なんて感じになるんじゃないですかね?(笑) 確か9.11事件の時に「犯人グループはハリウッド映画からヒントを得てこんな事をやらかしたんだろう、オレは二度とあんな映画には出ない!」なんてインタビューで答えてたのにダイハードよりもぉバカで偏差値貧乏にも分かる様なエクスペンタブルズに出たりしてるのは???でしたね。 ダイハードの1作目の舞台になったナカトミビルは「20世紀フォックスの本社ビル」で撮影してるから意外と安上がり? しかし、テレビの「こちらブルームーン探偵社」ぐらいしか代表作が無いのに500万ドル(当時のレートで)の常識外れの高額ギャラは今後のハリウッドに悪影響をもたらすと発言したプロデューサーがいたそうですが実際そんな感じになりましたね…
[ 2013/03/29 22:56 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

> ホントのラスト作はマクレーンが定年退職を迎えた日に… なんて感じになるんじゃないですかね?(笑)
「なぁんで退職した日にまでこんな目にあわなきゃなんねぇんだ」
退職日にもテロに巻き込まれるマクレーンありそう。


> 確か9.11事件の時に「犯人グループはハリウッド映画からヒントを得てこんな事をやらかしたんだろう、オレは二度とあんな映画には出ない!」なんてインタビューで答えてたのにダイハードよりもぉバカで偏差値貧乏にも分かる様なエクスペンタブルズに出たりしてるのは???でしたね。
なんだかんだいってブルース・ウィリスの需要はアクションですからね。
特に『エクスペンダブルズ』はアクション俳優にとっては絶好のサービス映画ですから仕方ありませんよ。


> ダイハードの1作目の舞台になったナカトミビルは「20世紀フォックスの本社ビル」で撮影してるから意外と安上がり?
あの『ターミネーター』でさえ最初はB級っぽい低予算映画のノリで作られていたみたいですからねぇ
案外『ダイ・ハード』も…


> しかし、テレビの「こちらブルームーン探偵社」ぐらいしか代表作が無いのに500万ドル(当時のレートで)の常識外れの高額ギャラは今後のハリウッドに悪影響をもたらすと発言したプロデューサーがいたそうですが実際そんな感じになりましたね…
大出世じゃないか!?
[ 2013/03/31 10:35 ] [ 編集 ]

ハリウッドのギャラバブル

実際、ダイハード以降はハリウッドのギャラバブルは青天井になっていきますからね… マイケル・キートンのバットマンでジャック・ニコルソンがジョーカー役で500万ドル+興業収入の5%って契約で総額6000万ドルをゲットしたりって景気の良い話が出てきた頃ですよね。単純にギャラが高額になっていくのと最低限のギャラ+興業収入の何%かって契約を結ぶのに別れましたよね。前者の被害者はケビン・コスナーとかですかね。ギャラアップ→公開しても製作費の回収もできず→ギャラが高騰したまま→オファーがなくなるってパターン。後者で一番うまくいったのはブルース・ウイリスでしょうか、シックス・センスの時にギャラ1ドル+興業収入の5%で1億ドル以上をゲットしてますからね。
[ 2013/03/31 19:48 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉さん

ほぉ…
そういう知識は全くなかったのですが、なかなかおもしろい話が聞けました。
ありがとうございます。
[ 2013/04/02 19:28 ] [ 編集 ]

ホントのラスト

ホントのラスト作は「孫が誘拐された!」とかになるんじゃないですかね?(笑)孫が大統領の子供と間違われてとか… 元々、ダイハード3は戦艦ミズーリで行われる大統領出席の式典にテロリストグループによって大統領の娘と間違ってマクレーンの娘が人質に取られて… っていうプロットでクランクインしたのが公開されたS・セガールの「沈黙の戦艦」とプロットが似てしまったので無理やり変えたからあんな事になったと言うか…
[ 2013/04/02 22:02 ] [ 編集 ]

コメ返:クロツ大尉

> ホントのラスト作は「孫が誘拐された!」とかになるんじゃないですかね?(笑)
ありえそうで困る(笑)
ルーシーかジャックか、どっちの子供だろうか。

[ 2013/04/04 19:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。