お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 予告編紹介 > 劇場鑑賞したい作品[2013年6月]






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場鑑賞したい作品[2013年6月]

今年も早や折り返し地点とも言える6月。

去年の6月と言えば『アメイジング・スパイダーマン』から始まるアメコミ超大作ラッシュで盛り上がっていた頃です。

今年は去年の同時期ほどの爆発的盛り上がりはないものの適度に話題作が途切れることなく公開されている安定した状況です。

まず、ようやく公開となる『G.I.ジョー バック2リベンジ』これは外せませんね。

勢いだけの超大作感がヒシヒシと伝わってきますが、何も考えずに観るお気楽映画にはちょうどいいかと。

逆にもうひとつの大作映画である『アフター・アース』こちらは『オブリビオン』同様に興味がわかないんですよね。

というかあぁいうSF設定は飽和状態で飽きてきた気がする。

なんで立て続けに似たような作品が来るかなぁ…





関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/06/02 21:18 ] 予告編紹介 | TB(0) | CM(2)

確かに、似たような映画ばっかりですよね
とは言え観ますから、きっと数年後には話が頭でゴチャゴチャですよ…

[ 2013/06/23 20:15 ] [ 編集 ]

コメ返:シャロンさん

ハリウッドでは内容が被っちゃう映画を偶然同時期に公開とかよくやっちゃうんだ。
有名なのでは『アルマゲドン』と『ディープ・インパクト』とか。
むしろ狙ってるとしか思えないんだけどね。
不思議です。

ただ、似たような映画がごっちゃになるのはメジャーな作品より便乗した未公開作品が圧倒的に厄介です(笑)
[ 2013/06/24 00:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。