お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ディザスター・パニック > 2012






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012

2012


【解説】
「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に人類が為す術なく襲われていくさまを驚異のスペクタクル映像で描く。出演は「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザック、「“アイデンティティー”」のアマンダ・ピート、「キンキーブーツ」のキウェテル・イジョフォー。




【あらすじ】
ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソンは、別れた妻ケイトのもとに暮らす子供たちと久々に再会し、イエローストーン公園までキャンプにやって来た。彼はそこで怪しげな男チャーリーから奇妙な話を聞かされる。それは、“地球の滅亡”が目前に迫っており、その事実を隠している各国政府が密かに巨大船を製造、ごく一部の金持ちだけを乗せ脱出しようとしている、という俄には信じられない内容だった。しかし、その後ロサンゼルスをかつてない巨大地震が襲い、チャーリーの話が嘘ではないと悟るジャクソン。そして、大津波や大噴火など、あらゆる天変地異が世界中で発生、次々と地球を呑み込んでいくことに。そんな中、ジャクソンはケイトと子供たちを守るため、巨大船がある場所を目指して必死のサバイバルを繰り広げるのだが…。



制作年:2009年
制作国:米
上映時間:158分
原題: 2012
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:ジョン・キューザック
   キウェテル・イジョフォー
   アマンダ・ピート
   オリヴァー・プラット
   タンディ・ニュートン
   ダニー・グローヴァー
   ウディ・ハレルソン




【感想】

やってしまいました。
エメリッヒ監督は開き直ってディザスター映画を“終わらせ”ちゃいました。
自身の看板でもあるディザスター映画をもう作らないという意思の表れで、
製作にあたり誰にも越えられない程とてつもなくスケールを大きくしたらしい。
見たら納得だ。
今後しばらくはこの作品を超えるディザスター映画は誰にも作れない。


なんと言うかね~
「凄い」
この言葉に尽きる。
ほんと「凄い」としか出てこない。
なにが凄いかって
災害の規模がハンパない。
災害の描写ひとつひとつが常識では考えられないくらいの大きさなんだよ。
むしろ「ありえねーww」
ニュースでよく見るようなレベルの災害だと、
人間ドラマ重視的な印象になりがちだけど、
ここまでやられたらリアリティ忘れたエンターテイメントと思えてくる(笑)もちろんディザスター映画で人間ドラマは大事ですよ
でも、この作品の場合は
それは二の次
通常のレベルを超越した圧巻の天変地異描写を楽しもうってのが一番にくるわけだ。
いわば迫力重視
映画館で見なければおもしろさ4割減。
それくらいの凄い映像なのだ。

2012 画像G



●災害の内約について

なんかいろんな災害がゴチャ混ぜになってるような感じだが、
ディザスターのテーマではこれはいったい何なんですか?っていうことになるのだが
それは“地殻変動”
それに伴う“大地震”、“地割れ”、“火山噴火”、“大津波”

…なんともボリューム満点な。
昔のディザスターと言えば『ツイスター』とか『ダンデズ・ピーク』とか『アルマゲドン』とかひとつのテーマに対してひとつの災害描写しかなかったのにね。
『ザ・コア』あたりから複合型が登場しだした気がする。


でさ、この作品にはいろいろな災害描写が描かれるんだが
どれも規模がデカ過ぎるんだよ。

地震だとマグニチュード10.9とか見たことないよww
一瞬で家屋倒壊。
都会だとそこら中のビルが一斉に崩れだす。
道路とか揺れるじゃなくて波打ってるからね
地面が砕けたり盛り上がったり
まるで巨大なもぐらが地面の下を移動してるみたいな。

こんな中をリムジンで逃げる主人公達のシークエンスはほんとに凄い。
魅せ方が巧い。
地面の隆起が追ってくるみたいなカーチェイス(笑)
『スピード』も真っ青の谷間ジャンプ
『宇宙戦争』も真っ青のフリーウェイ崩壊
その下をギリギリ通過
崩れるビルの中に突っ込み疾走
ハラハラドキドキギリギリ過ぎるww

まともにこんなとこ走れるわけないんだけど映画だからできるっていうむちゃくちゃ感
こういうのを描くのは正解だよ。
地味にね運転席側からのカメラアングルがすげぇ怖い。

2012 画像I


地割れだと都会に大峡谷ができるほど。
地盤陥没までして「これ、なんて重力魔法?」
やりすぎですwwww

飛行機に乗り換えて街を脱出するシークエンスも見応えある。
倒れ掛かってきたビルとビルの間をぬうようにくぐり抜けたり
切断された地面の断面から地下鉄が飛び出してきて飛行機とぶつかりそうになったり
もうほんと計算されつくされた精密なギリギリ感で回避するんだよww
これ3Dで見たいわ~
もしくは座席動いたり
なんかUSJとかのテーマパークで出そうだな「2012 ザ・ライド」みたいな(笑)


2012 画像A


火山噴火では熔岩が島を覆い、火山岩が隕石のごとく降り注ぎ、火山煙が空気の壁のように押し迫ってくる。

これなんてメテオ?
って状態だよww

火山噴火するまでの展開もまた良かった。
突然地面が盛り上がってきて
「コレやばくね?コレやばくね!?」
って思ってた瞬間
大☆爆☆発
爆発の規模もまた異常
核爆発くらいはあったんじゃないかな?
その後の火山弾が容赦なく降り注ぐ描写もまたスゴイ
こんなの見たことない。

2012 画像D


大津波では高さ1500m級の水の壁が押し寄せてきた。
山より高い津波とかバカじゃないかと思ったよww
最終的に大陸沈んだし…



これは災害とかそんなチャチなもんじゃねぇ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ



もはやここまできたら地球そのものに襲われるモンスターパニックと言ってもいいんじゃないかい(笑)
視点を変えれば地球崩壊ではなく
地球が人類に対して牙を剥いた…とも見えてくる不思議。







●ストーリーについて


※ネタバレ
勢いあまってラストまで語ってしまった映画未見の方は自己責任



よくある“地球滅亡のとき人類はどう決断し、どう行動するのか”をメインに据えているものの
やはりと言うか
ご都合主義が目立ったしまっていた。
ジャクソン・カーティスさん(主人公)運良すぎだろ!?とか
結局のところは展開が見え見え。

災害の科学的根拠もないし
この手の作品は真面目に考えたら負け。
エメリッヒ監督の派手な映像の力技で押し切られる作品だ。
鑑賞者もそれらをツッコミどころと受け取ることがこの映画を楽しむポイント。

2012 画像H


始まりは2009年地球の異変に気づくとこからスタート。
狙っていたのか偶然かリアルタイムスタートという究極のリアリティ。

“にゅーとりの”やら“ふれあ”やら小難しい説明があって
そこからあっという間に2012年へ。
科学者たちの研究もむなしく未曾有の大災害が起こってしまう。

最初はロスで空前絶後の大地震にパニックにおとしめられる人々
…はそれほど描かれない(笑)
ぶっちゃけ言いますと、
ここまでの規模になると絶対に誰も助からない。
事態に気づいた頃には手遅れ。
だから、災害に遭った生きるか死ぬかの最中での助け合い人間ドラマなんて皆無。
まさに
「ハハハハッ!! 見ろ。人がゴミのようだ」的扱いで人が死んでいく。

むしろ人が細かすぎてあまり場面的に出てない。
(DVD出たら確認したい)
とにかく街が破壊されるシークエンスがメイン。
ある意味ディザスターの最終終着点に相応しい魅せ方だとは思う。
唯一あるのは、カーティス達がギリギリで運よく難を逃れる描写のみ。


ではどこでドラマパートを魅せるかと言ったら、政府側のストーリー。
実は政府は3年前から事態の予測をしていたにもかかわらず、これを市民には公表していなかった。
パニックを避けるためとか理由はあれど、地殻変動が活発になってから大統領が地球滅亡報告しても遅いだろう。
突然の国民全員死亡宣告ですからね。
死ぬ準備だってあるだろうに…
この背景には、大切な人に「愛してる」の言葉も言えず死んでく人たちが大勢いた。

さらに問題は
政府は極秘に船を製造していたと言うこと。
これまんま現代版ノアの方舟
しかも乗れるのは政府関係者と金持ちだけ。
仕方ないとは言え…黒い。
実に黒い。
もちろんこの過程には内部対立があったりで見ごたえはあったさ。


…で
この極秘事項になぜカーティス達が絡んでくるかという話になるわけだが
たまたま運よく知ってしまったんです^^
あ~たまたまですか。
それなら仕方ない。
…って、オイwwww
もうカーティスさんに関わる部分は全て“運よく”で解決されそうな展開が怖い(笑)

まぁ最初は信じてなかったみたいですけど。
地割れとか明らかに異常を感じてロスから脱出後はその情報をくれた人がいるイエローストーン国立公園へ。

そこでイカレ野郎から政府が自分たちの為だけの方舟を作っている場所を聞き出す。
電波な事言ってたやつが正直者とは皮肉な話だ…
イカレ野郎「世界は滅びる!!ヒャハハハハ!!」
リリー「パパ、あの人おかしいの?」
カーティス「いや、まともだよ」

だがそのとき突然の火山噴火!?
降り注ぐ火山弾を『トランスポーター』ばりの華麗なドライビングテクニックで運よく回避。

地割れが発動しカーティスさんが落ちる!?(あのメンバーではカーティスさんが一番攻撃力が低かった模様)
だが!?
何故か運よく這い上がってくる
最強の主人公補正で死なないww

2012 画像C


その後飛行機を乗り継ぎ方舟があるチベットへ。
途中燃料補給のため立ち寄った空港で大富豪のユーリファミリーを拾う。
ユーリはカーティスさんの仕事のお得意様的な人だったのかな?
とりあえず知り合いってことで
何よりユーリ側にはそこそこでかい個人飛行機を持っていた。
しかし、副操縦士がいなくて困ってたらしい。
「ゴードンさん出番です。」
って感じで操縦士を差し出し同行した。
なんか大した操縦経験ないのに大役任されすぎだよねこの人ww


この時点で運命共同体的メンバーが出揃った感じか。
軽くおさらい。
カーティス(主人公で強運のリムジン運転手。僕はあえてジャクソンとは呼ばない)
ケイト(カーティスの元嫁…離婚してる設定)
ノア(カーティス×ケイトの息子、名前に深い意味はない…よね?)
リリー(カーティス×ケイトの娘、通称ボウシちゃん)
ゴードン(ケイトの現婚約者、地割れによりケイトとの仲を裂かれた)
ユーリ(大富豪、イタリアンマフィアのボス…ではない)
タマラ(ユーリの嫁?)
サーシャ(ユーリ飛行機の操縦士、実はタマラとデキてる)
あとユーリの糞餓鬼2名…名前忘れた



2012 画像B


地上は地獄、空は平和
でチベットへ向かっていた御一行だが…
「燃料が足りない!!
海に落ちる!!」

えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?

「え?あれ?
もう陸地が見えてきた…」

「そうか!!地殻変動で陸が近づいてきたんだ!!」
えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?
なんて運がいい!?

「しまった!?着陸用の車輪が壊れてる!!
胴体着陸だ!!」

「飛行機を捨てて地面スレスレに貨物室から車で飛び降りよう!!」
えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?

サーシャ「先に行け…俺は飛行機を着陸させる」
ちょ…死亡フラグ…

カーティス「くそっ!!車のエンジンがかからない!!」
ユーリ「みんな少し黙ってくれ。
エンジン
スタート

車「ブルルルン!!」
ユーリ「音声起動だ。知らなかったか?」
↑劇場で一番笑いが起こってた場面ww


そんなこんなで無事飛行機から脱出した御一行
飛行機も断崖絶壁ギリギリで止まるファインプレー。

だが!!
油断したところで崖崩れ
飛行機谷底落下…
サ…サーシャさぁぁぁぁん!!
この人は死んでほしくなかったのに…


2012 画像F


この後ふらふら歩いてると
運よく政府のヘリが通過する。
運よく発見されるが、新世界行き方舟のパスポートがないと乗せてもらえないらしい。
ユーリと糞餓鬼2名は持ってた。
しかし、タマラが捨てられる。
どうやらサーシャとデキてることがバレてたらしい。
「楽園への舟は選ばれし者だけが乗れるんだ」
ここにきて非人道的行為にでるユーリと政府人。

カーティスさん達は蚊帳の外
「ねぇパスポートって何??」wwww


結局政府人に助けてもらえなかったカーティスさん達はまたふらふら歩いてると神聖チベット僧侶テンジンの家族に運よく拾われる。
別に神聖でも僧侶でもないがテンジン(天人)は狙ってる気がするww
彼は方舟製造の作業員で家族と一緒に方舟に無断進入を計画していた。
つか作業員すら方舟に乗せない政府ヒドス…
どさくさに紛れて同行
方舟の地にたどり着く。


一方政府側では、
津波が予定より早い!?
まだ方舟が4隻しか完成してない!?
全員乗せられない!?

でパニックになってた。
はみ出されたユーリは暴動を起こす。
カール「ゲートを閉じろ
虫ケラ共をこの船内に入れるな」

※本編内ではこんなセリフ言ってません

選ばれし者の大半は黒いんだよ。
それを横目にカーティスさん達が裏から方舟に潜入
タマラがユーリに対しての「FUCK YOU」最高だった。

2012 画像E


そんな中
大津波が来るまで残り15分きる状態になった。
政府は方舟に入らなかった人を見殺しにするのか?
最後の決断の時
エイドリアンの正義の演説が始まった。
セリフが心に残るようにBGMもカットで。
素晴らしかった。
カール以外全員がゲート開放に賛成した。

カールは悪者
だが逆説的にカールみたいなやつがいたからこその感動だと思う。

無事ゲートが開いて方舟に金持ち共がなだれ込む。
だが、時間切れ
ユーリと糞餓鬼2名を乗せる前にゲートが閉まり始める…
ユーリの最後の決断の時
未来のある子供2人を投げ込み自分は…

死んだぁぁぁぁぁぁ!!

2012 画像K


一方無事方舟に乗り込めたと思われていたカーティスさん達
ゲートの駆動部にいた。
そしてゲートが動く。
チベット僧侶の足が巻き込まれる。
大ピンチ!?
さらに歯車にケーブルが巻き付いてゲートが閉じない!?
政府側も大ピンチ!?
エベレストの高さの大津波キタ━━━━( 。A。)━━━━!!!!
衝撃で方舟固定部ぶっぱ。
水が流れ込む。
突如始まる『ポセイドン』www

ゲート内部では衝撃でゴードンさん落下
そそそそんなぁぁぁぁぁぁ!!
カーティス「ククク…これでケイトとの再婚の邪魔者は消えた」
※本編内ではこんなセリフ言ってません。

ゲート内部から脱出するも防火シャッター降りてきてメンバー3分断。
真ん中の空間で取り残されたタマラが誰にも気づかれず溺死。
あまりの空気扱いに冷めたww

2012 画像J


波に流される方舟はエベレストと衝突の危機
↑エンジンをかけなくては
↑ゲートを閉じなくてはエンジンがかからない
↑ゲートのケーブルを外さなければ
↑防火シャッターでそこまで行けない
カーティス「なら僕が行くよ」
ここで主人公死亡フラグか!?


水中でハラハラドキドキ
なんとかケーブル外すのに成功。
方舟が動き出した!!
やったぞ!!
歓喜と感動の嵐

「お前はHEROだ」

いや待て

ゲート不良の原因はこいつらだろ→カーティス





世界は滅びたけど
一部の人間が救われたEND
…なんだかなぁ~
生き残ったのって金持ちとか腹黒い連中だけでしょ?
一般人の犠牲が大きすぎて素直に喜べないよ。

最後の新世界幕開け的なシーンは正直感動したけど
決してハッピーエンドとは言いがたいね。
つまりアレだろ?
人間の手ではどうすることもできなかった…と。



まぁキャラクターの描き方はうまかったと思う。
途中死んでいく人とかけっこう印象残ってるし。
ここまで一度も名前を出すことがなかったダニー・グローヴァー扮するアメリカ大統領も良い印象。
方舟に乗らず国民と一緒に死ぬ決断をするあたりいいね。
あとね、イカレ野郎チャーリー役のウディ・ハレルソンも当たり役ってかイイキャラだった。
その反面カール役のオリヴァー・プラット久々に見たと思ったらまた嫌われ役やってるなぁ~

2012 画像L




さて、最初に語っておくべきことだったんだが
これの元ネタはマヤ文明の遺した暦の最後の日が2012年12月21日で、地球滅亡する予言なのではないか?と言われていることから。
実際どうなのかと言ったら僕にはわかりかねますが、
1999年のノストラダムスの終末大予言が何事もなかったことから言われるだけ言われて普通に過ぎてくのではないかと予想する。
世界滅亡してもらっちゃ困りますからね(笑)

映画的見解
世界終末大好きハリウッドはこぞってこのネタを利用する。
1999年の滅亡説の時は『アルマゲドン』と『ディープ・インパクト』で隕石対決が実現した。
今回も被っちゃいましたww
来年にはもうひとつの『2012』が公開される。
監督はマイケル・ベイ。
また…地球が壊されるのか…(笑)
監督がマイケル・ベイの時点で凄まじい破壊描写が期待される。
ハリウッドの2大破壊神による『2012』対決気になりますね~


 ←応援のポチッとよろしくお願いします

スポンサーサイト
[ 2009/11/22 00:00 ] ディザスター・パニック | TB(0) | CM(4)

いいな~みたいなこの映画

この前テレビでNASAがどっかが2012に太陽が極大期を迎えて太陽フレアがどうとか黒点がどうとか太陽嵐による磁場の悪化による異常気象で地球に大災害が起きるみたいなことを発表したとかなんとか言ってたよ(テキトーww

とりま、あと我らの命は3ターンしかないわけね。光の護封剣が消える時、上から闇暗ましの城が降って来ると
[ 2009/12/06 19:52 ] [ 編集 ]

No title

確かな原因がw


こないだ僕が読んだ本では

なんかちっさい虫(新種)が海底で大量発生

なんかメタンハイドレートとかいうメタンが凝縮された氷をその虫共その他もろもろが食いつくす

メタンハイドレート崩壊w

海底に衝撃

津波w

とかいう流れ…
深海のyrrとかいうフィクション本


まあ予言の類では1999年に地球が一回滅びかけてるからw
地球は耐性持ってると思うよww
[ 2009/12/07 21:49 ] [ 編集 ]

コメ返 蛙さんへ

見るなら映画館がオススメだよ。

太陽嵐の話なら僕も聞いたよ。
それってアンビリバボーじゃないかな?

とりま1ターン=1年なんですね、わかります。
実際どうなるかはその時にならないとわからないですし。
マイケル・ベイ版『2012』で描かれる終末は災害ではなく宇宙からの侵略らしいからね~

[ 2009/12/07 23:59 ] [ 編集 ]

コメ返 サイバーsへ

なにそれ?
それは初耳だ。

まぁでっかい規模のこと想像してても意外と微生物とかが原因だと皮肉ですよね。


あっ
1999年のときって地球滅びかけた設定になってんだ(´・ω・`)
普通に予言→戯言で片付いたと思ってた(´・ω・`)

[ 2009/12/08 00:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。