お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > トランスフォーマー






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランスフォーマー

トランスフォーマー



【解説】
共に大ヒット作を生み出してきたスピルバーグとマイケル・ベイのブロックバスター・コンビが放つSFアクション。1980年代に人気を博した日米合作のアニメを実写化。人類が、あらゆるテクノロジー機器に姿を変えられ“トランスフォーム”(変身)する金属生命体の脅威に晒されるさまを、最新技術を駆使して描く。主演は注目の若手俳優シャイア・ラブーフ。


【あらすじ】
ある日、中東カタールの米軍基地に未確認ヘリコプターが着陸、突然ロボット型へと変形し無差別に攻撃し始める。また、飛行中の米国大統領専用機エアフォースワン内では何者かが侵入し、機密情報が驚異的なスピードでハッキングされる事態に。ただならぬ状況と判断した政府は、内密に分析と対策に取り掛かる。そんな中、高校生のサムは父親から車を買ってもらう。そしてその車は、ある日ロボットへ変形し、やがて同じようなロボットたちがサムの目の前に姿を現わすのだった。彼らとその対抗組織が地球に落ちた“キューブ”というものを探し求めており、どうやらサムがそのカギを握っているというのだが…。



制作年:2007年
制作国:米
上映時間:144分
原題: TRANSFORMERS
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
出演:シャイア・ラブーフ
   ミーガン・フォックス
   ジョシュ・デュアメル
   ジョン・ヴォイト
   ジョン・タートゥーロ
   タイリース・ギブソン
   アンソニー・アンダーソン




【予告編】




【感想】

私が今回観た映画は『トランスフォーマー』
続編のリベンジ公開前ということもあり1作目のこれを見直したわけですが
まず、絶大な前評判
マイケル・ベイとスピルバーグが組んでおもしろくないはずがない!!
ってくらいの勢いのブロックバスター作品(大作映画)
もう、とにかく派手   派手   派手
流石マイケル・ベイ
スッゴい金かけてるよな~思う。
調べたら製作費が約180億円だってさ(b^ー°)

今更言うのは遅いけどさ
ほんと映画館で見るべき作品だよこの迫力は。
ちなみに私は当時劇場観賞しましたすみません。
平謝りしたところでレビューを始めたいと思います。




まぁでも僕は元ネタの
アニメとかおもちゃの方の知識はまったくないに等しい。
だから
“コンボイ”やら“オプティマス・プライム”やらの名称までは知らなかった。
それでも問題なく見れたね。うん。



●ストーリー評価

どう見てもこれは
“男の子映画”と言っても過言ではない。
ロボットの変形する場面を実写でなんて
子供の頃の夢のような光景でしょう。
流石スピルバーグ
子供の夢を追い続ける監督。


その反面かストーリーがないようなもの。
わかりやすいのか
わかりにくいのか
よくわからない展開。
子供向けを意識したのだろうか…
アダルト&シリアスな展開が排除されてた。

そしてやたら長い
薄っぺらなストーリーで2時間20分は長い
30分は短縮してくれたらもっと良いテンポなってたと思う。

あとね、無駄にキャラクターが多い。
ほんとどうでもいいキャラとかが。
基本的に主人公側、軍人側、ハッカー側、国防省側の4グループでそれぞれストーリー展開されるからね。
これがバラバラに展開されるんだけど、
終盤ようやく全員が合流するって流れ。
まぁ盛り上がるっちゃ盛り上がるが…
個人的に軍人さん達とハッカー側までメインにしない方がよかったんじゃないかと思う。

それと、国家機密を扱うようなとこにあの肉だんごチャラけたおデブさんがいてもよかったのか?
すごく不自然だった。
サムとミカエラがいい関係なるのも不自然(ry



まぁどうこう言ってもこれは
ストーリーやらを評価する作品ではない。
単純に映像を楽しむ作品。
深いこと考えずに遊園地へ行った感覚でエキサイトすればいいと思うよ





●トランスフォーム

この作品の一番のウリは言うまでもなく
映像の凄さ

特にトランスフォーム(変形)する場面はほんと凄い。
マイケル・ベイ監督ならではの派手さがあったからこそだと思う。
派手さを追求したらマイケル・ベイ監督の右に出る者はいないよね。
もちろん日本ではここまで魅せる事は到底無理。
ハリウッドに任せて正解(´・ω・`)

とにかく素晴らしいの一言に尽きる。
「今の時代ここまでCG出来たんだ!?」って思う。
まず変形が全然違和感ないのがすごい
かなり自然な感じなんだよ。
ガシャンガシャンシャキーン!!
って感じ。
細かいパーツがパズルみたいに組み上がってくような
それも動きが早い
ダイナミック
そしてワンカットでこれを表現する
まじ圧倒された。
スローで見ても変形ギミックわかんないし
なにより映像が綺麗
これは一見の価値大有りだよ。
効果音も手が込んでるから必聴。
走りながらトランスフォームするとこなんかスタイリッシュ過ぎだし。
変形の仕方が原形留めてないとか体積オーバーだろって言っちゃダメww
とにかくかっこいいんだヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ


特に好きなのは
敵の戦闘機型のやつ
あいつの空中戦でのトランスフォームがめちゃくちゃナチュラル
攻撃するときだけロボットになって
落ちそうになったらまた瞬時に戦闘機戻って滑空するみたいな
ヒットアンドアウェイって感じ。




味方サイドはみんな車系なんだけど、
敵サイドはいろんな乗り物になってるからデザインも凝ってるんだよね。
ヘリのやつなんかプロペラが重なって羽根みたいになるのがいいね。
グッドデザイン賞だろアレ

地味にさ、
無人運転だと怪しまれると思ったのか
立体映像で運転手がいるように見せかけてるとこなんか芸が細かい。

あと、
CDプレイヤーのちっちゃいやつ
あいつはなんかかわいい。
微妙になにか喋ってるしw
活躍の場面がやたら多かったね。
細かい武器いろいろ内蔵してるし。
でもあの手裏剣カッター的なの弾切れしないの(´・ω・`)?


ラストの5対5の敵味方入り乱れるようなバトルはすごいの一言
たまに動きが早すぎて敵なのか味方なのかロボットが区別できなくなる時がありましたが(;´Д`)=3
カメラワークも早いし。
トランスフォーマーってさけっこう乗り物形態のときはわからなくて怖いんね
助けに来た戦闘機かと思ったらいきなりトランスフォームして襲ってきたりもしたし。
見せ場見せ場のスローモーションは良かった。
敵のミサイルを避けつつ空中でミサイル発射とか
今まで見たことないような動きで楽しめる。

ぶっちゃけもう人間いらなくね?
って思うほど驚愕の戦いです。





●キャストについて

こういう超大作なのに珍しく大物俳優を起用してないっていうね。
CGの方に金かけるため俳優には金かけられなかったとも見えるが、
これから成長するであろう若手を発掘したとも見える。


サム役のシャイア・ラブーフはこの作品のあとスピルバーグの秘蔵っ子として
『イーグル・アイ』や『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』と立て続けに起用されてますしね。
『アイ、ロボット』や『コンスタンティン』で脇役やってた頃から一気に出世しましたね。

ミカエラ役のミーガン・フォックスはエキゾチックな感じですごくいい。
残念ながらトランスフォーマーくらいしかメジャーなのに出演してない。
もったいない。
でも今後いろいろ出るみたいだから期待かな。

あとは…
肉だんごアンソニー・アンダーソン
タイリース・ギブソン
バーニー・マック
とちょいちょい名前を聞くような黒人俳優がけっこういたりする。

まぁ国防長官役のジョン・ボイトが一番有名どころかな。

あーそうそう地味にね~
プリズン・ブレイクのスクレが軍人役で出てた。





あとね…
意外と笑えるとこが多かったのも好印象
監督はこの手の作品での笑いのポイントをしっかりわかってらっしゃる。
マイケル・ベイ流アメリカン・ジョークってのか?
上手いよ。


特に好きなのは、
サムと警官との会話での
「クスリやってんの?」のくだり。
それと
サムが家でメガネを探しているところでのオートボットとのやりとり
「あれで隠れたつもりか?ここは駐車場じゃない」のくだり。

基本的にサムのキャラクターとシモンズのキャラクターは鉄壁(´・ω・`)
マジメなキャラクターが多いだろうと思われるあの環境でまさかこんなボケキャラが出てくるとは(笑)



それから、
サムがバンブルビー見て言うセリフ
「あれ日本製だ。絶対日本製だ」
やはりと言うか日本原作なために日本ネタがけっこうあったりするからね。
これは少し嬉しいよね。
敬意を払ってくれてるみたいでo(≧∇≦o)





そういえば
あんなに激しい戦いを繰り広げてるのに死者が出ていない。
いや、出ているだろうけど
それをカメラの前で撮さない
それがスピルバーグクオリティwww




●総評

なんだかんだ言って
史上最高の実写ロボット映画だったのではないだろうか。
続編が公開されるが非常に楽しみだ。




関連作
トランスフォーマー(1作目)
トランスフォーマー/リベンジ(2作目)
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(3作目)



 ←応援のポチッとよろしくお願いします



関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/16 00:00 ] SFアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。