お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > アイアンマン






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイアンマン

アイアンマン


【解説】
演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。監督は俳優としても活躍する「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。




【あらすじ】
米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、自社新型兵器のデモ実験に参加するためアフガニスタンへ赴き、みごと実験を成功させる。だがその直後、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。さらに、一味のために最強兵器の開発を強制されるトニー。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを身につけ、敵の隙をみて脱出し生還を果たす。そして、この一件で自社兵器がテロ組織に利用されているのを目の当たりにし、ショックを受けたトニーは会社として武器製造を中止する一方、テロ撲滅を誓い、秘かにパワードスーツの改良に着手。こうして試行錯誤の末、驚異の攻防力と飛行性能を兼ね備えたパワードスーツ=“アイアンマン”を完成させる。



制作年:2008年
制作国:米
上映時間:125分
原題: IRON MAN
監督:ジョン・ファヴロー
主演:ロバート・ダウニー・Jr
   ジェフ・ブリッジス
   テレンス・ハワード
   グウィネス・パルトロー
   ショーン・トーブ




【感想】

またまた来ましたアメコミ実写映画化です♪
それも大御所
マーヴル作品!!
はっきり言ってめちゃくちゃおもしろかった。
これは映画館で見れなかったのが悔やまれる。




さて、
まず大まかな流れ。

主人公のトニー・スタークは兵器の開発・販売をする巨大企業の社長さん。
ちなみにトニー・スターク自身が天才発明家。
兵器で稼いだ金で女遊びなどしています。
で彼は世間からは“死の商人”と呼ばれ非難されていた。
だが、彼は「より強い武器を持つ事が平和をもたらす」
という持論を持ってます。
そんなある時
トニー・スタークはアフガンで米軍と新型ミサイルの商談後に
テロ集団の襲撃に合う。
彼らはトニー・スタークの作った武器を使っていた。
トニー・スタークは瀕死の重傷を負いながらも一命をとりとめる。
だが拉致られ
テロ集団のリーダーに新型ミサイルの製造を強要される。
トニー・スタークはミサイルを作るふりをして
パワードスーツを作る。
そして完成したパワードスーツで敵のアジトをボロボロにしつつ脱出に成功。
3ヶ月ぶりの帰国。
周りの反響とは裏腹に
トニー・スタークは変わっていた。
自分が作った軍事兵器がテロ組織に利用され
罪もない人々が死んでいる
という現実に気づいてしまったのだ。
そしてトニー・スタークは会社に戻るないなや
兵器製造を止めると公言。
その後1人でパワードスーツの強化・改良を始め、
マークⅡ→マークⅢへと進化を遂げた。
完成したパワードスーツを装着してアイアンマンとなったトニー・スタークは戦地となっている
アフガンへと向かった。
悪用の限りを尽くされる自分の作った兵器を破壊するために…
一方その頃
トニー・スタークを拉致ったテロリスト達が
脱出後大破したパワードスーツ/マークⅠのパーツを回収し、
何者かに売ろうとしていた。
その相手はなんとトニー・スタークの企業の重役のオバディアだった。
オバディアは裏でテロリストと不正取引をしていたのだ。
そしてマークⅠをベースに新たなパワードスーツ/アイアンモンガーを完成させる。
悪事を尽くすオバディアとトニー・スターク
アイアンモンガーとアイアンマン
のバトルが始まる…


こんな感じ




テロリストにいきなり洞窟連れて来られてミサイル作れとか無理だろー
とか
それでも作っちゃうトニー・スタークすげぇww
とか
でも、作ったのはミサイルじゃなくて無敵のパワードスーツでもっとすげぇww
とか
待て待てwwそれ(製作)に気づかず放置してたテロリストは間抜けすぎだろww
とか
けっこうつっこみ所あるんだけどね
比較的真面目な内容。
戦争とか軍事兵器とかよく出てくるからね
ちょっと方向性変えれば大人のドラマとしてもやっていけそうな印象を受けたね。
キャストも渋い演技派揃いだし。



そもそもアメコミヒーローものと言っても
『スパイダーマン』や『ファンタスティック・フォー』みたいな
“特殊能力を授かった”系ではない。
どちらかと言えば『バットマン』みたいな
いわゆる“普通の人”
人間味あふれるキャラクターで共感もしやすい。
ただただ頭が良くて、金持ちってだけで特別な存在になれた感じだ。
『バットマン』と共通項が多いが
やはり普通の人がヒーローになるには絶対的な財力が必須なんですね~って結論に至る
アメリカのヒーローはそんな描かれ方が多い。




で、主人公のトニー・スターク
このキャラ最高~ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ
他のアメコミヒーローっていろいろ悩んだりする描写が多いんよ
ピーター・パーカー然りブルース・ウェイン然り…
でもこの方は悩まない
カラッカラに明るいんだよ
自信過剰気味でもあるが
これぞ“俺様キャラ”みたいな
しかも設定年齢がヒーローものでは最年長
中年だよ
そのうえ社長
セレブ
プレイボーイ
この発想は新鮮ww


セリフからもすごく個性でてた。
テロリストの洞窟から脱出後にまず何をするかと思えば、
「チーズバーガー食べたい」とか
チーズバーガー食べながら記者会見する社長ww
で、オバディアが「俺にもくれ」言ったら
「もうひとつしかないからダメ」といいつつ
あとのシーンでポケットからチーズバーガー取り出すってね
おまっww
2つ持ってたやん!?


それで僕がもっともトニー・スタークのキャラクターを象徴すると思うセリフは
ラストの一言だと思う。

「真実を言うと…
私がアイアンマンだ」


これはかなりの名言
かつてこれほどまでに潔く正体をバラした覆面ヒーローがいただろうか?
しかも記者会見での社長の発言でこれだ。
軍の人達とかが手回ししてくれて、
アイアンマンと呼ばれる人物は別にいるっていう算段を散々たてていたにもかかわらず、
直前にもマスコミに「私がヒーローのわけがないじゃないですか」と言っていた矢先にこれだ。
よほど暴露したかったのか?(´・ω・`)
正体を隠そうとする気がまったくない覆面ヒーローとか(笑)
そして、その発言のあと
「えぇぇぇΣ( ̄□ ̄;)!!!!」
となった瞬間エンドロール
なんてサプライズな終わり方
これは斬新としか言い表せられない。
でも好き。だから好き。ヾ(*´∀`*)ノ


演じたロバート・ダウニーJr.がめちゃハマリ役
すっげぇ違和感なくマッチしてたもん。




アイアンマンについて
TKM(とにかくかっこいいマジで)
ミサイル撃ち込んで振り向きざまに爆発とかかっこよすぎだし。

さらにアイアンマンは空も飛べたりもしますww
しかもマッハでww
さらに大気圏までいっちゃいますww

そして流石兵器会社社長と言わんばかりのハイテク兵器を全身に搭載しています。
中でも“フレア”ってやつがなんか花火みたくて綺麗だったww

まぁつまり性能がハイテク過ぎですね。
いくらなんでも個人でこれが作り出せるのだろうかと…(´・ω・`)
そこはコミック原作だから多目にみるべきだけど。

マークⅠ


マークⅡ


マークⅢ




でも基本的にアイアンマンの活躍する場面が少なかったように感じる。
もっともこれは「誕生編」を描いたようなものだから仕方ないのだが。
これはこれでおもしろかったわけで。(*^-')ノ
こういうのって本来ダレるはずの中盤のアイアンマン製作場面が非常に見やすくておもしろい。
何度も失敗して改良を繰り返していくのが人間味あふれていいね。
これは好評価だよ。
下手したらラストバトルより製作過程の方がおもしろいかもってくらいさ。
トニー・スタークと人口知能のジャーヴィスとの掛け合いがまたコミカルでおもしろいから飽きないんだよねきっと
よくできてるわ。
ここまで見応えのある「誕生編」は初めてだね(*^ー゚)b






そうそう
主人公のよき理解者であるローディ(テレンス・ハワード)がすごい存在感あった
で、パワードスーツのマークⅡを見て
「次回だな…」
って言ってたから続編でパワードスーツ装着フラグたった。
原作でもローディがスーツ装着して“ウォーマシン”なるってエピソードあるらしいから期待。
でしゃばらず、さりげなく支えてくれる秘書のグウィネス・パルトローもいい味出てた。


ちなみに続編は製作中
悪役にミッキー・ロークとスカーレット・ヨハンソンが抜擢。



それからもうひとつ
エンドロール後の続きがさりげにめちゃテンション上がった。
アメコミ好きなら大興奮間違いなしだよ。
『アベンジャーズ』の布石としてニック・フューリーが登場した!!
噂では聞いていたけどかなりガチじゃないですか!? Σ(゚д゚lll)
これ見て『アベンジャーズ』の企画が実現してるんだな~って実感した。


あ…アベンジャーズってのはマーヴルヒーローのキャラクターが同盟組んで活躍するコミック。
で、この超豪華作品が実写映画化されるって企画が始まってるんね。
マジ楽しみだよ(*´∀`*)
さらに驚くべき事は、2008年から2011年予定の『アベンジャーズ』公開までのマーヴル作品には
『アベンジャーズ』の布石となるシーンがちらちらと挿入されてくらしい。


アイアンマン2とアベンジャーズのフラグたたせまくってさ
商業戦略上手すぎだよね。




 ←応援のポチッとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/12/14 00:00 ] SFアクション | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。