お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > サロゲート






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サロゲート

サロゲート


【解説】
ブルース・ウィリス主演で放つSFサスペンス。人間が各々の身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官がある殺人事件を機に浮き彫りとなっていく巨大な陰謀へ迫るさまをスリリングに描く。共演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル、「007/ダイ・アナザー・デイ」のロザムンド・パイク。監督は「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。




【あらすじ】
人間の身代わりロボット“サロゲート”が普及し、その常用が不可欠となった近未来。人間は外出せず、サロゲートとの媒介となるスティムチェアーから遠隔操作することで、実生活の全てをサロゲートに委ねていた。一方でサロゲート排斥運動を指導する予言者ら反対派による独立区も生まれる中、サロゲートの採用で犯罪や伝染病、人種差別が激減し、人類は理想的な社会を実現したのだった。だがある時、ほぼ完璧に安全なはずのこの社会で殺人事件が発生する。2体のサロゲートが破壊されただけでなく、持ち主までが変死していたのだ。事件を担当するのは、FBI捜査官トム・グリアーとジェニファー・ピータース。彼らもまた自分たちのサロゲートを駆使し、捜査にあたる。するとグリアーはやがて、犯人が隠し持っていた武器から、事件とサロゲートの最大手メーカー、VSI社との関連性を突き止めるのだが…。



制作年:2009年
制作国:アメリカ
上映時間:89分
原題: SURROGATES
監督:ジョナサン・モストウ
主演:ブルース・ウィリス
   ラダ・ミッチェル
   ロザムンド・パイク
   ボリス・コジョー
   ジェームズ・フランシス・ギンティ
   ヴィング・レイムス
   ジェームズ・クロムウェル




【感想】

予告編見て期待していた作品
映画館で見てきました!




●設定

サロゲートとは、身代わりロボットのこと。
外出するときはサロゲートに任せ、
人間は自宅から遠隔操作。
もし、外で予期せぬ事故に遭ってもサロゲートが破損するだけで本体にはなんの影響がない。
もちろん痛みも感じないし、死にもしない。
絶対安全がウリ。
サロゲートで外に出れば怖いものナシ!

そぉうして、人類は引きこもりになった…



さらにサロゲートは完全オーダーメイド
容姿も自分の好きなように決められるようだ。
これにより容姿に自信がなかった者でも、別の自分で街に出る事ができるのだ!
例えば、主人公(ブルース・ウィリス)のサロゲートは若い頃の自分Ver.って感じで髪がフサフサ肌もツヤツヤになってたw
他にも映画内では、おじいちゃんが子供の容姿になりすましてたり、
デブのおっさんが美女の容姿になりすましてたりもしていたw

さらにさらにサロゲートは運動神経補正も可能で、
例え下半身付随の人でもスポーツ選手ばりの動きができたりする!

こぉうして、人類はサロゲ廃人となった…



舞台は近未来
外に出ているのはすべてサロゲートな社会。
生身の人間がいないからか犯罪も起こらず、伝染病などの心配もなく快適なユートピアを築き上げていた。
戦争だってサロゲートが戦地へ赴き兵士はモニター越しにTVゲームをしてるかの如く戦うのだ。
死んだら「てへっ♪殺られちゃった♪さぁもう1機操作しようか」感覚だ。


このように世界観のアイデアは非常に好きな部類。
だけどね、残念なことに設定に新鮮味というのがないんだわ。
部分部分が過去に見たことあるようなネタでさ~
言うなれば『アバター』×『マトリックス』×『ターミネーター』×『ブレードランナー』×『アイ、ロボット』って感じだ。
特にサロゲートの存在がアバターそのものってのが深刻。
公開するタイミング的にね。
簡単に言えばアバターの世界規模版なんだよ。
こういう後出し不利ってのはどうしようもできないディスアド。

サロゲート画像 サロゲ操作中




●演出・アクション

まず、サロゲートのロボットっぽい無機質でクールな演技が妙に光る。
人類の約98%がサロゲート所有者っていう設定であり、
街中にはサロゲートが溢れかえっているというのは説明したが
実におもしろいのはこのサロゲートみんな美男美女だらけってことww
美化されすぎでしょww
これみんながキムタクモデルを希望したら街中の男がキムタクで溢れかえるぞ(´・ω・`)

あとさ未来と言っても、空飛ぶ車とか立体映像で出てくるTVやPCなどわかりやすい未来描写はない。
街の様子も今と変わんないし。
あれ?
するとつまりー
発展したのはサロゲートだけかいwww


そしてこのサロゲート  サロゲート画像 ターミネーター?

骨組みがターミネーターに酷似w
それもそのはず
この監督のジョナサン・モストウは『ターミネーター3』の監督だからな!

しかもサロゲートのアクションがまんまターミネーターだったしwww
それもそのはず
この監督のジョナs(ry

ロボットの演技もさることながら、
サロゲート→生身の人間に以降したブルース・ウィリスの「外に出るのは久々なんだ」的な演技もまた素晴らしい。
自分の身体が慣れないって不思議な感覚だろーなぁ
サロゲートに囲まれた生身のブルース・ウィリスがすっごく浮いてたし。

アクションもサロゲートVer.と生身Ver.とでギャップがあるからね。
うまい演じ分けだよ。
個人的には後半の生身Ver.のアクションのほうが好き。
やっぱ人間味あふれるアクションさせたらブルース・ウィリスは最高だね!
ダイ・ハード キタ━━━━( 。A。)━━━━!!!!

って感じだよwww

しかも最近のSF映画にしては珍しくCGを多用しないアクションってのが逆に昔ながらのアクション映画を見た気にさせられて好評価。
雰囲気も未来的にしすぎない、むしろ現在寄りなリアリティがいい味だしてた。


ギャップと言えばサロゲートVer.の金髪フサフサのブルース・ウィリスが変だった(笑)
ハゲが定着しちゃってるからね~
あれがブルース・ウィリスの願望だったのでしょうか?

サロゲート画像 サロゲ・ブルース・ウィリス




●ストーリー

本編は89分というなかなかのコンパクトさ。
テンポも非常に良く飽きずに見ることができた。
でもね…
なんか一直線に話が進みすぎな気がした。
さっさと進んで鑑賞者を待ってちゃくれない感じ。
そしてストーリーに深みがない。
難解ではないというのはまぁいいのだが、
緊迫感が欠けていた印象。
辛口に言えば展開に盛り上がりがない。
いつの間にかラストなってた。
つまらなくはない。
だがテンションが上がらない。
そんな感じだった。



前半展開
設定のとこで書いたが絶対安全がウリのサロゲート
しかし、サロゲートが破壊されると同時に本体も死亡する殺人事件が起こる。
「え?矛盾してね?」
「なに言ってんだい。この問題提起がおもしろいんじゃないか」

という事で始まってOPの3分くらいでサロゲートの安全っぷりを説明してくれるのだが、
その数分後には安全が崩壊されるという作り(笑)

では何故遠隔操作していたサロゲートの本体を殺す事ができたのか?
これはほんとうに殺人事件なのか?
サロゲートの欠陥なのか?

という謎にぶち当たる。
これを捜査するのがブルース・ウィリス演じるFBI捜査官のグリアー。
驚くべきことにこれは実に15年ぶりの殺人事件らしいw
平和という名のぬるま湯に浸かりすぎてますねww

まぁ事件に対するノウハウがヌルくなってても、それは近未来。
今よりハイテク化が進んでいます。
で、調べていくうちに殺された被害者の1人がサロゲートの開発者の息子と判明!?
どぉやら犯人はサロゲートの開発者の人を狙ったつもりが同じモデルのサロゲートを使用していた息子をうっかり襲ってしまったようです。



中盤展開
意外にもあっさり犯人が見つかりそれを追うグリアー捜査官。
そしてサロゲート越しに本体を殺すことができる武器の存在が明らかとなる。
ヘリで犯人を追い詰めるが“サロゲ本体貫通脳破壊光線銃”を使われ形勢逆転。
独立区にヘリを落とされる。
  あっ、独立区ってのはアンチサロゲ勢力が生身の体で生活している地域です。
  みんなサロゲートで出歩くという設定にはなっているけど、やっぱいろんな人がいるからね…
  サロゲートの存在を反対する人々もいるってことだね。
  で、そこにサロゲートが進入したらフルボッコが待ち構えていますww
  どうせ身代わりだからって容赦なくフルボッコですww
でさ、えぇと確か、グリアー捜査官が落ちたのって独立区…
ちなみに犯人は非サロゲート
運よく腕がもげた程度の外傷(ぇw)で済んだグリアー捜査官はターミネーター張りのしつこさで犯人を追う。
だが、独立区の住人に邪魔される
いきなり車で跳ね飛ばされたり、ショットガンで撃たれたり…
生身の人間だったら死んでますってww
それでもついにサロゲート戦闘不能。
あと一歩のところで“サロゲ本体貫通脳破壊光線銃”の没収に失敗する。



後半展開
サロゲートを失ったグリアー捜査官は生身の身体で出歩き捜査を続行する。
だが、“サロゲ本体貫通脳破壊光線銃”を持っていた犯人は独立区のリーダー的なやつに殺され、“サロゲ本体貫通脳破壊光線銃”を奪われる。
その後FBIが軍を引き連れ独立区へ乗り込みドンパチ始める。
手際良い仕事ぶりであっさり独立区のリーダー的なやつを仕留める事に成功するのだが、ここで衝撃の事実が発覚!
[ネタバレ1]なんと独立区のリーダー的なやつがサロゲートだったのだ!?
待てよww独立区って生身の人間だけのエリアだろうww
これは予想外すぎるwww
では、独立区のリーダーを演じていたサロゲートの持ち主は誰か?ということになる。
ここで畳み掛ける衝撃展開!
なんと持ち主はサロゲートの開発者本人だったのだ!?
つまり!つまり!つまり!サロゲート開発者が全サロゲートを破壊しようと企てていたのだ!?

なんという自己中展開…
 ←

だが、敵の目的がわかったところで止めなくては意味がない。
慣れない生身の身体で奔走するグリアー捜査官
しかし敵の方が一枚上手だった。
グリアー捜査官の相棒のピータース(ラダ・ミッチェル)の本体を自宅で殺害し、サロゲートを乗っ取ったのだ。
誰もサロゲートの中の人が別人とは気がつくはずもなく
グリアー捜査官は事故らされ
FBIの情報は盗みだされ
サロゲート管理施設(?)への潜入を許してしまう。
敵はそこで全サロゲートの接続を強制切断しようとする。
もちろん“サロゲ本体貫通脳破壊光線銃”の応用でこれをされたら世界中のサロゲートと同時に遠隔操作している本体も死に追いやられる代物。
なんという大量殺戮…

その頃グリアー捜査官は相棒のサロゲートを遠隔操作している敵の本体の所に単身乗り込んで決着をつけようとする。
[ネタバレ2]敵がサロゲート開発者ってのは早い段階でわかっていたんだけどね、
その動機…なぜ自分が開発したサロゲートを自分で壊すようなことになったのか?
そして、なぜ息子を殺すような命令を出したのか?
って部分の説得力が弱い。
 ←

しばらくアツく語ったあと装置を起動させて自殺するラスボス。

グリアー捜査官は急いで相棒のサロゲートと接続して装置を止めに行く。
時間制限残り数秒
とりあえずサロゲートと本体の関係性を切って人間を救うことに成功。
だが、もうひとつ
サロゲートを救うか救わないかという選択を突きつけられる。
ここでグリアー捜査官は悩む。
サロゲート社会がほんとうにいいものなのか?と
(この選択の深い意味については後述する。)
…で、グリアー捜査官選んだ答えは!!

[ネタバレ3]人間救って、サロゲ救わず

その瞬間、街中にいたサロゲートがバタバタと一斉に倒れだす。
この光景圧巻ー
・・・このあと街中のゴミロボット誰が処分するんだろうww

やっぱ生身の身体が一番ってコトだな!
 ←

サロゲート画像 事件の調査




●ストーリー構成について

個人的な意見、すごく単純な展開だったなと…
似たようなネタを使ったSF映画が過去に多くあったからこそ新鮮味も与えられなくて。
この映画の設定でできることを活かしきれてない。

例えば、サロゲートシステム
これは裏を返せば操作してる人物が一切わからないもの。
だったら本体となってる人物が自分の想像してた人物と違うかも…とか
いつの間にか違う人と入れ替わってた…とか
そういった意表を突けるギミックがいくらでも出てくるはず。

そもそも言えば、サロゲートがほぼ人間とそっくりって時点で最高のネタ。
サロゲートだと思っていたら実は人間だった!?
逆もまた然り
人間だと思っていたら実はサロゲートだった!?
こういうのをうまく使ってほしかったね。
一応映画内で使われてたけど、あれは使い方が下手だ。
そういったストーリーのひねりが足りないなと思ったね。
登場人物あっけなく死にすぎだし。
そういった点ぬるま湯映画だわ。

サロゲート画像 顔の裏は…




●テーマ

なにげにこれは夢いっぱいの近未来を描いた作品というわけではない。
確かに、面倒なことや危険なことはロボットに任せて自分は家で遠隔操作するだけ
仕事だって全部ロボットにやらせられる、自分は疲れない
交通事故の心配もなくお出かけできる
非常に便利ですよね!
ドラえもんの道具でもありそうですよね!




しかし重要なのは別のとこ。
果たしてほんとにこんな社会になったらいいのか?
ということ。
外部からの接触を完全にシャットアウトするとはつまり
生身の人間どうしのふれあいもなくなると言うこと。
外で会う人は人ではなくロボット…人間は皆部屋に引きこもっている。

これは何かに似ていると思わないかい?

ネット社会だよ。
ネット上で他人と会う…だがそれは直接その人と会うわけではない。
チャット・掲示板・ブログなどネット上では別の自分(理想の自分)として過ごしている人も多いはず。
ネカマだっている。
もしこんなネット社会がリアルになったら?
恋愛なんてまともにできないだろうね。
イイ女とイイ感じになった
だが直接会ってみたらキモいおっさんorz
なんてことがそこら中で起こるだろう。
現実が偽りの世界になる。
見た目は子供!頭脳は大人!名探偵コ○ンみたいなやつらもいるでしょうねww

さらにこれは
他人ならばまだしも家族とのふれあいさえも希薄となる。
映画内で描かれていたことだが、
トム(ブルース・ウィリス)が妻のマギーと会いたがるのだが妻はサロゲートでしか会ってくれないことにイラだつ描写がある。
「俺が会いたいのはお前の“物”じゃない」みたいなセリフがあるが凄く良いセリフだと思う。
これはもう他人との接触を完全に拒絶した世界と言っても過言ではない。


おそらくサロゲートの開発者はこういう問題に気づいたからこそ、世界をリセットしようとしたんじゃないかな~と思う。
そして後半から生身の身体で行動するようになったグリアー(ブルース・ウィリス)さんも何か嫌気がさしてきたからこそあのラストの選択の答えだったんじゃないかな。

でも実はこの選択そうそうできるもんじゃない。
ここまで浸透した便利な生活を止めることができるか?
ということにもつながるからだ
今で言う携帯やパソコンだな。
僕はできないね(キリッ



そして、このロボット化社会がそう遠くない未来に実現しそうな距離感ってのも考えさせられる要因のひとつ
これが20年前とかに出来ていたら単なる絵空事で終わっていたんだろーなぁ。
この作品のテーマとして“ネット中毒”や“引きこもり文化”に警鐘をならすと同時に
こんな未来にしちゃイカン!というメッセージが込められてると思うんだ。


サロゲート画像 リアル・ブルース・ウィリス



●疑問点

まぁ↑上でマジメな見解したけどさ~
この映画は理想的な世界を作り出してたつもりでもよく考えたら穴がいっぱいあるんだよ。
そういった部分を最後にちょろんとツッコんでみよ!



行動する時は常にサロゲート…で本人は引きこもって寝たきり?
運動不足は?
運動不足にはならないのですか?(´・ω・`)
肥満は?
肥満にはならないのですか?(´・ω・`)
全人類がヒッキーでいいのですか?(´・ω・`)

恋愛は?
人とコミュニケーション取れないのにどうやって出会うんですか?
サロゲート同士でSEXしても意味ないでしょうよ?(´・ω・`)

直接会う?
相手が理想の人かわからない
ましてや相手が男か女かもわからない
ましてや相手が子供かも?老人かも?
リアルがネット恋愛状態パねぇぞww

安全がウリ?
自宅にいる本体を狙われたら無抵抗で殺されちゃいますが?(´・ω・`)
それでよく今まで殺人が起きなかったな!
それが奇跡だ!


そもそも他人のサロゲートを簡単に乗っ取れる程のセキュリティーでいいのか?(´・ω・`)
本人以外使えないようにしとくべきだろ?
それで別人がサロゲートを利用してても周りは誰も気づかないとか犯罪臭ぷんぷんするだろ?(´・ω・`)

問題だらけじゃないのか?(´・ω・`)





●予告編

オリジナルトレーラーだから何言ってるのかわからないかもしれないけど
画質を優先した。






 ←応援のポチッとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/02/03 00:00 ] SFアクション | TB(1) | CM(4)

No title

攻殻のパクリじゃね?
というか攻殻スピルバーグさんが実写作るって噂聞いたんだけどまじですか?
[ 2010/02/03 20:26 ] [ 編集 ]

コメ返~種くん

よくわかったね。
そんなに似てるのか…
この映画が攻殻に似てるって意見よく目にするわw
僕自身は攻殻見てないから名前は出さなかったけどね。
『マトリックス』とかにも影響を与えた作品らしいからいいかげん見とくべきなんだけどね。


ちなみにスピルバーグが実写化するってのはほんとだよ。
しかも3Dらしいです。
[ 2010/02/04 23:09 ] [ 編集 ]

No title

攻殻はおもろいよ
といっても映画とOVAしかみてない初心者だけどね


バトーさんの配役がセガールだったらどれだけ糞でも10回見るとかって人を良く見かけたけどまじで実写か~
どうせ某竜玉みたいになっちゃうんだろーな~

ただ上記の通りセガール出てくれるならそれだけで再現度かなりあがるけどね
[ 2010/02/05 02:26 ] [ 編集 ]

コメ返~種くん

2chですかw
セガール=バトーさん説は確かに言われてるw
実際は厳しいだろうけどね。
ドラゴンボールねぇ~日本のアニメとかのハリウッド実写化ってあんま実績のこせてないからね
それを言っちゃ期待のしようがないのだが…
[ 2010/02/07 00:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


-

管理人の承認後に表示されます
[2016/11/29 16:07] URL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。