お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> SFアクション > ステルス






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ステルス

ステルス


【解説】
無人ステルス戦闘機の暴走を食い止めるため3人の精鋭パイロットが立ち向かうサスペンス・アクション。監督は「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン。出演は「メラニーは行く!」のジョシュ・ルーカス、「テキサス・チェーンソー」のジェシカ・ビール、「Ray/レイ」のジェイミー・フォックス。




【あらすじ】
近未来のアメリカ。海軍では極秘にテロ対策プロジェクトが進められ、ベン、カーラ、ヘンリーの3人のパイロットが選抜された。彼らは最新のステルス戦闘機に乗って厳しい演習に取り組み、やがて空母へ乗艦することに。すると、3人には突然新しい仲間が加わることが告げられる。その4人目のパイロットとして姿を現わしたのは、“エディ(E.D.I.)”と呼ばれる最新鋭の人工知能を搭載した無人ステルス機だった。戸惑う3人を尻目に驚異的な能力を見せつけるエディ。だがある時、エディは突如暴走し始める…。



制作年:2005年
制作国:アメリカ
上映時間:120分
原題: STEALTH
監督:ロブ・コーエン
主演:ジョシュ・ルーカス
   ジェシカ・ビール
   ジェイミー・フォックス
   サム・シェパード
   ジョー・モートン




【予告編】






【感想】

破壊こそが正義!
まさにそんな映画



これね、公開当時映画館でも見てるんだ。
でも総合的にあまり好きじゃない作品。




まず、ストーリー
予告編ですごく期待したのに見事に裏切られた。
予告編でのイメージでは、
人工知能の無人ステルス機が暴走

それを食い止める3人の精鋭ステルスパイロットとの攻防

- を描いてるのを期待した。
だが、実際はそれは中盤までの展開で
大事なクライマックスにダメな方向へ急展開しやがったんだコレ。




とりあえず軽く説明するとだな…


海軍のステルスパイロットの3人(ベン、カーラ、ヘンリー)がいるんだよ。
チームワーク抜群でさ。
でも、ある日突然4機目のメンバーが出てくるんだよ。
それがなんと!
人工知能の無人ステルス機だったんだよΣ(゚д゚lll)
ちなみに名前はエディ。
これがまたエディはスゴいやつでね~
音声認識で喋ったりもしてくるし、人の会話聞いたりして学習までするんだよ。
びっくりするほどハイテクだね。

でさ、最初はメンバー3人は4人目を嫌がるんだよ。
でも大佐が言うんだから仕方ない。
そんなこんなで4機体制初任務。
ミャンマーにテロリストが潜伏してると情報をつかんで早速攻撃にひとっ飛び(`・ω・´)
音速で飛べるから移動だけは手間かからないのがこの映画の利点w


ステルス画像


で、ミャンマー着いたら都会のド真ん中にあるテロリストのいるビルを爆撃してそのまま帰っちゃったw( ̄△ ̄;)w
え?テロリスト捕まえて情報吐かせたりするんじゃないの?(´・ω・`)
問答無用にビルごと崩していいの?(´・ω・`)

しかし、この帰りにエディが唐突に雷に撃たれる…
それでアタマがどっかおかしくなったのか知らないけど自己中になるw


ステルス画像


次の任務でタジキスタンでの核弾頭移送を止めにいく。
だが、そこでエディは命令無視ワンマンプレー(´・ω・`)
攻撃した際の周りへの二次被害が大きくなることが予想され攻撃は中s…
攻撃しちゃったよ( ゚д゚)ポカーン
案の定、近くの町が放射能を含んだ“死の灰”に呑み込まれた…
いや、ダメだろ…(;´Д`)

調子乗ったエディは空母には戻らず、
勝手に海軍ネットワークから標的を選んで殲滅に向かっちゃうw

エディ「私ガヤル任務ハ私ガ選ブ」
学習能力があるってのは考えものだな。

しかも自分のテーマ曲のつもりなのかネットでダウンロードした音楽を爆音で流しながら空を飛び回る。
暴走族かコイツはwww


ステルス画像


もちろん海軍側も黙ってるわけがなく、
ベン、カーラ、ヘンリーの3人はエディを追って連れ戻そうとするんだよ。
まずヘンリーがエディを発見し説得を試みる。
ヘンリー「バカみたいに飛び回ってないで一緒に基地に帰還しようぜ?な?」
エディ「拒否スル」
ヘンリー「お前がバラバラになるとこなんか見たくねぇ。でもそのまま逃げ続けるならお前のケツにミサイルぶち込まなくちゃならねぇ」
エディ「成功スル確率ハ1%未満ダ」
反抗期ですか!!

果敢にも成功確率1%に挑戦したヘンリーは失敗して山に激突。
・・・へ?
まさかの仲間死亡!??( ゚д゚)ポカーン

さらにヘンリーのステルス機の爆発に巻き込まれてカーラのステルス機も負傷。
カーラはエディを追うのを中断して、基地に戻ろうとするがどっかの上空でステルス機空中爆発。
カーラはなんとか脱出できたみたいだが
問題は落ちた場所…
なんとそこは北朝鮮 Σ( ̄□ ̄;)!!!!


ステルス画像


一方エディは飛び回って燃料も無くなってきたようなので燃料給油船へ
そこでエディを捕まえようとベンが向かうがエディの罠によって撃墜されそうになっちゃう。
それでも諦めずエディの後ろを追っていると
エディも逃げるのをやめ、ベンに自分の任務遂行するところを見せつけようとしだす。

エディ「タロン1(ベンの機)任務二参加セズ見学セヨ」
いつから命令できる立場になったww
というか上から目線すぎだろww


そんな時
ロシア上空でロシアの戦闘機2機が攻撃を仕掛けてきた。
エディ「単独デハ生キ残ル確率ハ9%以下、我々ハTeamとして戦ワナケレバナラナイヨウダ」
え?
何このベジータ展開?
唐突に2対2の空中戦が始まりましたよ(´・ω・`)
だがエディの人間離れした飛行テクニックで敵機を撃墜。
しかしエディは負傷してしまう。

だが敵陣で着陸などもってのほか
エディには帰還か墜落かの2択が迫られる。
そこでエディは急に手のひら返してイイ子ちゃんになるw
エディ「任務ハ中止。命令二従イマス」
人工知能だんだん人間じみてきた…
自分の命大切だもんね!

で、無事エディを連れ戻すことに成功。
めでたし♪めでたし♪



…じゃなくて!!

北朝鮮で襲撃を受けるカーラを助けるため、ベンはエディに乗り込んで北朝鮮を目指す(`・ω・´)
どうやって発見したのかわからないがカーラを見つける(`・ω・´)
北朝鮮に容赦なく爆撃しカーラを助け出す(`・ω・´)
最後はベンとカーラのためにエディが自爆特攻!!





う~ん

感動できない…

とことん他国に迷惑かけただけじゃねーかw
全然人物描写が描かれないからヘンリー死んだのもどうでもいい感じだし






ステルス画像



この作品の汚点1
エディの扱いの適当さ


もうね、もうね、これは酷いね。
最新鋭の空の乗り物が雷でおかしくなるとかいう時点で間違ってる。
だいたいエディのコロコロ心変わりが適当すぎる。
あんな簡単にイイ子ちゃんになったらヘンリー死んだの報われない。
人工知能が自我に目覚める的なのを描くにしても『アイ、ロボット』に遠く及ばないし。
エディが一番大事なポジション担わなければならないのに適当なため、この作品がパニック作としてもヒューマンドラマとしても中途半端なんだよ。



この作品の汚点2
理不尽な敵視


何やってたのか知らないけどテロリストってだけで所構わず爆撃。
特に北朝鮮の扱いはマズいでしょ。
存在自体が“絶対悪”みたいな。
これだからアメリカは…みたいなこと言われるんだよ。
戦争起こしたいんですか?
普通にエディが悪者でエディ撃墜ENDでストーリー的にはOKだと思うんだが、何故クライマックスに北朝鮮が敵役として入れ替わったのか理解できない。


この作品の汚点3
タイの休暇シーン


ほとんどの方のレビューで目にする悪名高いシーンですよね(笑)
ほんとに無駄ですよね(笑)
あれは誰が見ても「ジェシカ・ビールの水着のためだ…」と思いますって(笑)
サービスカットいれる心意気は良いんですがあざとすぎるね(笑)

ステルス画像





と、まぁいろいろ言ったが
ぶっちゃけストーリー気にしちゃダメ作品だとは思うよ。
でもテーマがけっこう重厚だからハチャメチャやってるくせに軽いノリじゃなくてツッコミにも困るタイプ。
『2012』みたいに映像だけ楽しむと割り切って見れば問題はなかっただろうに…
予告編でストーリーの方に期待したのが間違いだった。





それでも褒めるべき部分もあるよ!

やっぱりそれはステルス機によるドッグファイト等のアクション部分。
戦闘機アクションってジャンルは昔からあるが(『トップガン』等)
今だからこそっていう魅せ方が良かったね。
スピード感とか迫力とかはダンチだった。
映画館で見たら画面酔いするよ!ってくらいの勢いな。
さすが『ワイルドスピード』の監督なだけあるわ。
ドッグファイトでは急ブレーキかけて垂直に止まって敵機の背後に回り込むテクニック(技?)はかっこよかった。
CGだから動きが綺麗でさ。
戦闘機好きにはたまらないかも。

ステルス画像



あと、個人的に注目したシーンはね~
カーラが爆発するステルス機から脱出するシーン
よくありげな場面なんだけどね
座席横のレバー引いて、
バシュンッて座席ごと空中に飛び出して、
その後乗っていた機が爆発、
パラシュートで悠々と着地

…そんな場面は腐るほど目にしてきた
だが、これは違った!
ステルス機から脱出してステルス機が爆発
このあとだよ!
爆発したステルス機の残骸が無数の隕石のごとく降り注ぐ。
そう、爆発後の二次災害を描いてたんだよ!
これは感心した。
なかなか珍しいよね。
しかもカーラの落下とほぼ同じような間隔で燃え盛る残骸が落下してるからパラシュートも開けない。
パラシュートに穴あいたり、最悪燃えるから。
そんな普段カットされる地味な危機描写を描いていたことを評価したい。



ステルス画像


それからもうひとつ
給油船のシーン
本編見たら誰もが印象に残るであろうあの“炎の大輪”
何を隠そう僕は予告編見たときこの場面が絶対クライマックスだと信じてワクワクしていたのに…
まぁそれでもあの場面、どうやったら空に炎の大輪が出来るの!?
みたいに思ってたから
あのシチュエーションにもっていく流れが鳥肌立ったね~
まさか可燃性燃料がドーナツ状で空に浮いてるとは!!
あのアイデアはすごい斬新!
良いもん見たなぁって気にさせられる。





 ←応援のポチッとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/03/07 00:00 ] SFアクション | TB(1) | CM(4)

こんにちは!

人工知能AIなみに、おつむが弱いエディが酷いですよ。
作戦は、ガンガンいこうぜ、になったり
命だいじにになったり目まぐるしくて
なんとも。

敵を無理矢理、北朝鮮に変えるあたり
ブッシュなんかは喜んだのかなと
アメリカにとっては美談ですし。
「大いなる陰謀」なんかでも国をあげての
救出作戦がありましたね。
[ 2010/03/07 13:56 ] [ 編集 ]

No title

ス…スカイネット!?ww

にしては微妙w
[ 2010/03/07 16:48 ] [ 編集 ]

コメ返~hiroさん

確かにめまぐるしい・・・
雷でおかしくなったんなら最後まで暴走してほしかった。
なんか中途半端に感情が芽生えるとかやめてほしい。

>ブッシュなんかは喜んだのかなと
アメリカにとっては美談ですし。

まぁそれは一理ありますねぇ。
[ 2010/03/09 00:22 ] [ 編集 ]

コメ返~サイバーs

いや、そこまで機械に支配された近未来ではないよw

まぁでも君のコメで、こういうのがスタート地点なんだろうな とは気づいたね。
[ 2010/03/09 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


-

管理人の承認後に表示されます
[2017/01/04 18:03] URL









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。