お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 超人バトル > ウルヴァリン X-MEN ZERO






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウルヴァリン X-MEN ZERO

ウルヴァリン


【解説】
「X-MEN」シリーズでヒュー・ジャックマンが扮した人気キャラクター、ウルヴァリンの誕生秘話に迫るSFアクション。少年時代に特殊能力を覚醒させ驚異的な肉体再生能力と戦闘能力を兼ね備えた主人公ローガンが、“ウルヴァリン”という名で生まれ変わり、悲しき過去を背負いながら宿命と復讐に立ち向かう波瀾の生き様を壮絶に描く。



【あらすじ】
特殊な能力を持つ少年ローガンは、父親の身に起きた事件でその能力を覚醒させ、同じく超人的能力を持った兄ビクターと2人で支え合って生きることに。以来、野獣のような攻撃能力を持つビクターと両拳から飛び出す鉤爪を武器とするローガンは150年以上に渡り、兵士として幾多の戦場を駆け抜けてきた。そんな2人はある日、謎の軍人ストライカーが指揮する特殊部隊“チームX”にスカウトされる。しかし、ローガンはアフリカでの非人道的なミッションを巡ってビクターらメンバーと対立、チームを離脱する。6年後、ローガンは恋人ケイラと穏やかな日々を送っていた。ところが、そこへビクターが姿を現わしケイラを殺害、ローガンも圧倒的な力の前に重傷を負ってしまう。復讐に燃えるローガンは、ビクターの暴走を止めるため力を貸してほしいと言うストライカーに協力、最強の戦士になるための改造手術を受けるのだったが…。



制作年:2009年
制作国:米
上映時間:108分
原題: X-MEN ORIGINS: WOLVERINE
監督:ギャヴィン・フッド
主演:ヒュー・ジャックマン
   リーヴ・シュレイバー
   リン・コリンズ
   ダニー・ヒューストン
   テイラー・キッチュ
   ライアン・レイノルズ


   

【感想】

ヤバいよ…
これは確実にシリーズ最高傑作!!
今年見た作品でも1位2位を争うほどの良作。
2007年の『スパイダーマン3』
2008年の『ダークナイト』
俺の歴代1位に今年もアメコミが刻まれることになりそうだ。


※以下重大なネタバレが含まれます。
未見の方は読まないことをオススメします。









過去シリーズでは埋もれがちだったウルヴァリンにようやく焦点が当たった本作。

では、
ストーリーについて

今回重要なのはついにウルヴァリンの過去が描かれたってことだ。
なぜどのような過程で肉体改造されたのか?
なぜ記憶を失ったのか?
兄ビクターとの関係は?
ストライカーとの関係は?



≫ 幼少時代に父親を殺されたショックから能力に覚醒するローガン。
ウルヴァリンって最初は普通に骨が飛び出てたんだな。
てっきり肉体改造された時に飛び出る仕様にされたのかと思ってたから意外。
治癒能力だけじゃなく骨格も特殊だったのですね。



≫ その後父親を殺した男を殺すが、
その男が死ぬ間際に「俺が実の父親だ」と言い出して
またショックで逃亡。
それを追いかける兄のビクター。
それから150年に渡り幾多の戦争にて戦いぬける2人。

どの戦争の場面でも葉巻をくわえてるローガンが笑えるww
つか150年て…
わかってはいたけど治癒能力に不老不死とか反則じゃマイカ…(´・ω・`)


≫ 戦っているうちに“獣”の本能が目覚めたのかわからないが、
次第に凶暴になっていく兄ビクター
遂には仲間の兵士まで殺しちゃう。
それをかばったローガンも
2人仲良く銃殺刑。

ビクターの「終わったら起こしてくれ」がいい味でてるww
自分死なないからあいつらの気の済むまでやらせとこうぜ。みたいなww


≫ 独房に閉じ込められていた2人を謎の軍人がスカウトする。
それがウィリアム・ストライカー。
ストライカーはミュータントを集めて政府の為に暗躍する特殊部隊“チームX”を結成していた。

ここでストライカーが絡んでくるというわけですか。
しかし若いなぁ~(笑)
チームXっておそらくこの世界では最初のミュータントによる組織になるのだろう。




≫ チームXのメンバーは、
ローガン
ビクター
ウェイド(超人的剣術の能力者)
ライス(短距離瞬間移動能力者)
ブラッドリー(電流操作能力者)
フレッド(物理攻撃反射能力者)
ゼロ(超高性能射撃の能力者)
最初の任務はあるビルに乗り込んで隕石(?)についての情報を聞き出すこと。

この任務では最初の見せ場ってことでメンバー全員の能力披露会って感じだ。
特にウェイドが一番かっこいい。
(ここしか活躍場面ないから…)
刀で敵の銃弾を弾くとか
コレ、どこの五右衛門?
ここはウェイドのキャラを存分に立たせていたね~
原作では“おしゃべり傭兵”呼ばれてるほどの止まらないセリフ回しとか。
こいつは良いキャラだ。




≫ 任務を続けるにつれて謎の隕石へと近づいていく。
その反面、任務の非人道的行動が過剰になっていく。
そしてローガンは1人チームを脱退するのであった。

ストライカーが探している隕石はおそらくアダマンチウムですね。
政府公認特殊部隊とは言え一般人を容赦なく殺してたからね~
そりゃ嫌気もさすさ。
なにより兄貴の暴走が(ry


≫ それから6年後、
ローガンはカナダの山奥でケイラと静かに暮らしていた。
そこへ突如ストライカーとゼロが現れ
昔の仲間(チームXメンバー)が順番に殺されていると告げられる。

まさかのラブラブ生活ww
土木関係っぽい仕事してたみたいだが、相変わらず仕事中でも葉巻くわえてるローガンが笑えるww
さてさて、そんな平穏な生活も長く続かないようで
チームX狩りが始まったようです。
まぁブラッドリーが殺される場面あるから犯人が兄貴ってのはわかるんだけどね。




≫ ストライカーの警告を無視していたローガンだが、
ビクターの襲撃によりケイラが殺される。
怒り狂ったローガンはビクターに戦いを挑むが、
ビクターの圧倒的なパワーに叩きのめされ
自慢の骨爪を折られる。

ちょ!?
悲劇すぎる…・゚・(つД`)・゚・
というか兄貴強すぎる…


≫ その後、ローガンはストライカーと手を組み
ビクターを倒すために全身の骨格を超合金アダマンチウムに変換する改造手術を受ける。
だが、それはストライカーの仕組んだ罠だった。
初めからストライカーはローガンの復讐に協力するつもりなどなく、
ローガンを洗脳し軍事兵器として利用するつもりだったのだ。
それを察知したローガンは脱走する。

鉄爪なってからのローガンが強すぎるww
鉄の扉とか切り裂いていたけど過去作じゃあそこまで強さアピールしてなかったよな…
それよりもなぜストライカーは洗脳してから改造手術しなかったのか?
単純に順番のニアミスですね。




≫ 脱走して全裸でうろついているところを優しい老夫婦に保護される。
少しの間面倒をみてもらったローガンだったが…
そんな平穏もまた奴らに崩された。
ストライカーの刺客のゼロが老夫婦を射殺。
すんでのところでローガンはバイクで脱出。
激しいチェイスの末ゼロの乗ったヘリを撃墜させる。

全裸…
ヒューの全裸…(・ω・;)
あーこの老夫婦は死なない思ってたのに…
なんてことを…・゚・(つД`)・゚・

というかウルヴァリンが過去シリーズから比べものにならないくらいアクションが激しいww
バイクアクションとかヘリに飛びかかったりとか





≫ ビクターとストライカーも復讐リストに載せたローガンは情報収集のために生きてる昔のメンバーに訪ねた。
ライスとフレッドだ。
そこでストライカーがミュータントを拉致している
ストライカーとビクターが手を組んでる
などと知る。
すべて騙されていたと気づいたローガンの怒りはさらに燃え上がった。
その頃ビクターは少年時代のサイクロップスを拉致していた。

フレッドが太ってたぁぁぁぁぁ!!(゜Д゜;)
いや、
それよりも
サイクロップスキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
能力覚醒直後って様子
学校でグラサンしてて先生に叱られる場面あったwww
オプティックブラストで学校壊すのはお約束(*^ー゚)b


≫ フレッドからストライカーの秘密基地から脱走できたやつが1人だけいると聞いて
ライスとその人物に会いにいく。
その人物とはレミー・ルボー(ガンビット)
なぜかローガンVSレミーのバトルが始まり、
その裏ではライスVSビクターのバトルも勃発。
ライスが殺され、
ついにローガンとビクターが再戦。
鉄爪なったローガンが優位のように見えたが
そこでレミーが邪魔をしてビクターを逃がしてしまう。




ガンビットキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
ガンビットは、破壊エネルギーを物にチャージして放出したり爆発させたりする能力者。
つまり身の回りのものをなんでも爆弾にできる能力。
基本的にこの人ギャンブラーだからトランプにエネルギーチャージさせて飛ばしてくる。
あと棒術の達人でステッキにエネルギーチャージして叩いて衝撃波起こしたりする。
とにかくかっこいい。
この人の行動があやふやだったけどかっこいいから許すwww



あとライスね~
短距離瞬間移動能力って
完全にナイトクロウラーの下位交換…(´・ω・`)
消え方が少し違う
ナイトクロウラーは「バシュッ!!」って感じだけど
ライスのは「ブォン」って感じ。
なぜかは知らないけどビクターには動き読まれてて殺られた。
バトルの天才ビクター(´・ω・`)




≫ レミーがストライカーの秘密基地の場所を教えてくれて
敵陣に乗り込むローガン。
そこで待ち受けていたのは衝撃的真実だった…
ビクターに殺されたハズのケイラが生きていた!?
しかもケイラは催眠系ミュータント
ま…さ…か…
ローガンは全てにおいて騙されていたのか…
だがその後ケイラはストライカーに言う
「約束守ってくれるんでしょ」
どうやらケイラはローガンを操ったら妹を助けてもらうとでもストライカーと取引していたのだろうか?
さらにそこにビクターが出てきてストライカーに対しても言う
「俺の約束はどうなんだ」
どうやらビクターはストライカーとアダマンチウムの骨格にしてもらう約束をしていたらしい。
ストライカーの目的は全てのミュータントの結合
なんとそのために全員がハメられていたのだ。

まったくもって予想外な展開になっちゃってます。
ローガンがかわいそ過ぎです。
多方面広範囲大人数にハメられてます(´・ω・`)

というかストライカー
お前だストライカー
『X-MEN2』の時は3流小悪党程度の存在だったのに若い頃は悪魔すぎる。
マグニートーはまだ救いがある悪役なんだけど、こいつはほんとに黒すぎる。
「だ・・・だめだ・・・はやくこいつをなんとかしなければ」




≫ ストライカーに約束を破られ暴走したビクターにローガンが立ち向かう。
壮絶な兄弟喧嘩の末ローガンが勝利。
そのあとケイラに頼まれ、
捕らわれたミュータント達の解放へ向かったローガン。

捕らわれたミュータントにいるサイクロップスが以外と活躍するんだよね~
皮肉にも過去シリーズのサイクロップスよりは(笑)

あと、ケイラの妹のエマ・フロスト。
全身をダイヤモンド状に変化させる能力者。
コロッサスと能力被るけど
いわゆる光神化ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ
過去シリーズに登場してないからこのあと死んじゃうのかな…?
どうなんだろー




≫ 捕まってたミュータント達を引き連れ脱出しようとしたところ
本当のラスボスが立ちはだかる。
ストライカーが造りたかったもの…
それは最強のミュータントキラー“ウェポンⅩⅠ”だ。
対峙するローガン
すると腕からスルスルーっと鉄爪が生えて…
いや違う!!刀だ!!
腕から刀が出てきた!?
ま…さ…か…
ウェイド…?

えぇぇぇぇぇぇ!?Σ(゚д゚lll)
あのおしゃべり傭兵さんですか!?
二度と喋れないように口が塞がれてるし…
こんな醜い姿に改造されて…
酷い!!酷すぎるぞストライカー!!
ウェイドの末路に全米が涙した!!・゚・(つД`)・゚・



というかこの展開自体が予想外過ぎて鳥肌もの
てっきりラストはローガンVSビクター戦だとばっかり思ってたからね。
いやほんとやられたよ(笑)
宣伝が巧すぎる!!
この本当のラストバトルがね映像も見やすいし綺麗で激しくて間違いなく一番の見せ場。
なのに予告編やCM等では一切この場面が使われていない。
予告編で見せ場を全部見せてる作品が多い昨今では非常に珍しいこと。
だからこそのサプライズでもあったのだが。
これは宣伝が巧すぎると言わざるを得ない。
一番凄いラストバトルを伝えるにはネタバレ形式にしなきゃいけないこの辛さ。




とにかくこのラストバトルは神展開すぎた。
まずウェポンⅩⅠと化したウェイドが強すぎる!!
ローガンが攻撃してもすぐ治っちゃう。
これはローガンの治癒能力を持ってますね。
そのあと場所を変えて実験施設のてっぺんまで登ったら
ウェポンⅩⅠは一瞬でローガンの背後まで移動するし

え!?

それってライスの瞬間移動能力じゃ!?Σ( ̄□ ̄;)!!!!

そのあとウェイドの剣術に瞬間移動を駆使して戦いだす
ダメージ与えたら高速治癒
ハッキリ言って無理ゲー(;´Д`)
さすがのローガンもやられそうになる。

…が!!

そこで兄貴が助けにくる!!
兄貴「お前を殺すのは俺だ
他のやつには殺させない」


アツい!!
兄貴アツすぎる!!


ベジータじゃないか!!

ここでこの展開は神すぎる!!

なんだかんだ言っても兄弟なんだな~
この兄弟愛に全俺が涙した!!・゚・(つД`)・゚・

だが、高速剣術に瞬間移動を多用するウェポンⅩⅠは強すぎる…
後ろとられて切り刻まれるだけ。
そこでローガンが

ローガン「背中を合わせろ!!」

兄弟タッグ結束の瞬間キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

この場面の画像は欲しかった。
背中合わせに戦う兄弟の絵がすごくかっこよかったのに。

ここで
防御が堅くなった兄弟にウェポンⅩⅠも戦術を変えだす。

距離をとって…

眼が赤く…

ま…さ…か…

!?!?!?!?!?

オプティックブラストまで使えるのか!!Σ(゚д゚lll)
バカなあれはサイクロップスの技!?


アツい!!
アツすぎるぞウェポンⅩⅠ!!
全員の能力が使えるのか!?

こぉーれぇーは勝てないだろwww




…ふぅ
これでもどうにかして勝つんだけどね。


≫ で、この戦いの影響で実験施設が崩壊。
ビクター兄さんは何処かへ行き。
ローガンも崩壊から逃げようとしていたが間に合わない。
そこを救ったのはレミー。
一方その頃、捕らわれたミュータントは何かの声に導かれ外へ
そこで待っていたのはチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)。

ガンビット格好良すぎww
ローガンを助けた時の「待ったか?」に痺れた。

そしてプロフェッサー登場にニヤリ。
車椅子じゃないし…
これと1の間に歩けなくなるエピソードでもあるのだろうか?
これでミュータント学校の初期生徒を勧誘したわけですね。



≫ 最後にローガンとケイラの場面。
ケイラは撃たれていた。
そこにストライカーが現れアダマンチウムの弾丸でローガンを撃つ。
ローガンの頭に命中し
目覚めたときには記憶を失っていた。

こういうことでしたか。
切なすぎる…・゚・(つД`)・゚・
重い過去、怒り、復讐心、愛した女性…この瞬間すべて消えてしまった。



最後のエンドクレジット後の映像で
首を切断されたウェポンⅩⅠが動きだすってオマケシーンあったけど
まさか続編でまた出てきたりとか…
フラグ(´・ω・`)





う~む
まだこのあと1作目につながるっていう終わり方してないんだよな。
たぶんまだ0と1の間にいろいろ入るんだと思うね。
現にこの『ウルヴァリン』の続編が企画されてるし。
これから製作予定のシリーズもみんな過去編だからね。

まず、『ウルヴァリン2』
これはヒュー・ジャックマン自身が来日した時に次回作は日本が舞台なると言っていたから原作のジャパンエピソードが有力。
シルバーサムライとか出てくるんだよなきっと。
ちなみに『X-2』の敵のレディ・デスストライクは設定上は日本人でした。
関係あるかはわからないけど。
そして本作の悲劇のキャラ、ウェイド(デッドプール)を主人公にしたスピンオフ『DEADPOOL』も進行中。
さらにマグニートーの若い頃のエピソードを描いたスピンオフの『X-MEN ORIGINS:MAGNETO』
若き日のX-MENを描く『X-MEN FIRST CLASS』
などが進行中。
どれもこのZEROから広げられて1作目につながるような感じになるんでしょうね。
あと噂段階だがストームを主役にしたスピンオフもやるとかやらないとか。

このように次々と拡大を見せるX-MENシリーズ
あなどれませんヾ(*´∀`*)ノ


関連作
X-メン(1作目)
X-MEN2(2作目)
X-MEN ファイナルディシデョン(3作目)




 ←応援のポチッとよろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/11/29 00:00 ] 超人バトル | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/07/07 14:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。