お気楽映画日記 HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> アドベンチャー > タイタンの戦い






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タイタンの戦い

タイタンの戦い


【解説】
「アバター」「ターミネーター4」のサム・ワーシントン主演で放つアクション・アドベンチャー。特撮映画の巨人レイ・ハリーハウゼンが特撮を手掛けた1981年の同名作品を最新の映像技術でリメイク。ギリシャ神話の世界を舞台に、人類の存亡をかけ冥界の王ハデスとの戦いに挑む勇者ペルセウスが繰り広げる決死の冒険を迫力のスペクタクル映像で描く。監督は「インクレディブル・ハルク」のルイ・レテリエ。3D版も同時公開。





【あらすじ】
神と人が共存していた神話の時代。そこでは、欲望のままに行動する神々が熾烈な抗争を繰り返していた。ある時、ゼウスの息子でありながら人間として育てられたペルセウスは、冥界の王ハデスに家族をなすすべなく殺されてしまう。ハデスの暴虐に、このままでは地上が地獄と化す危機に直面する中、復讐に燃え、失う物のなくなったペルセウスは、命知らずの猛者たちを率いて、ハデス打倒の旅に出る。しかしそれは、巨大な魔物クラーケンや見た者を石に変える妖女メドゥーサが待ち受けるあまりにも過酷な道のりだったのだが…。



制作年:2010年
制作国:アメリカ
上映時間:106分
原題: CLASH OF THE TITANS
監督:ルイ・レテリエ
主演:サム・ワーシントン
   リーアム・ニーソン
   レイフ・ファインズ
   ジェマ・アータートン
   マッツ・ミケルセン
   アレクサ・ダヴァロス




【予告編】





【感想】
ネタバレあり



らしく
        らしく




●予告編

まず、予告編が好き。
見たらわかってもらえるだろうが、予告編の音楽と映像がマッチしすぎ。
かなりテンション上がる。
使用されてた音楽がかっこよすぎるんだけど、本編では使用されてなかったんだよな~
別の映画の音楽なのかな?

-この戦い、
   -スケール
      -無限大

とかっていうフレーズの出し方とかもダイナミックで巧いし。
久々に編集完成度高い予告編見たなぁって印象。


タイタンの戦い画像



●ベース

これは知る人ぞ知るギリシャ神話がベースとなった映画。
なにぶん僕はこういった神話とかいう類が好きで非常に楽しみでした。
もちろん、見ている間も知っているネタや名前が多数出てきてテンション上がった。
これはギリシャ神話わかる人には特にオススメだよ!

あとさ、これは1981年の同名映画『タイタンの戦い』のリメイクでもある。
レイ・ハリーハウゼンの特撮映画と言えばピンとくる人も多いのではないでしょうか?
CGがなかった当時、独特なカクカクの動きとバリバリな合成臭さがあったものの味のある映像で有名なはず。
※ごめんなさい。僕はオリジナル作品を見てません。


あと、タイミング的な意味で『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』とよく比較される。
題材・登場人物・設定が酷似しているからw
よくもまぁ、こう立て続けに公開されちゃったんだろうね。
向こう(制作者)は意識してないだろうけど、ギリシャ神話ブームか?みたいな。
…とは言ったもののパーシー・ジャクソン観てないからネタにできねぇ(笑)

代わりと言っちゃあなんだがディズニー映画の『ヘラクレス』でも挿しておこうかのぉ(´・ω・`)
ほら、オリンポスの神々出てるだろ?
『ヘラクレス』はギリシャ神話をベースにしてるんだろうからね。
なんか共通の部分とかけっこうあったし。
というかあっちの軽い喋り方するハデス様が好きだからww


タイタンの戦い画像



●ストーリー

神を讃えない人間どもに激怒したゼウスを利用してハデスが世界を破滅させようとする。
っていう導入部の神様事情からして複雑(´・ω・`)

要は
ハデスがゼウスの権限でクラーケンを放たせ
ハデス「ホラホラ、お姫様を生贄に捧げなよ?でないと都市ぶっ壊しちゃうよ?いいの?」
とアンドロメダ姫を差し出す要求してきて、
愚民が「ハァ?ふざけんなよ!クラーケン使うなんざ大人気ねぇぞ!」
と反抗する。
そんな中、育ての親をハデスに殺された過去を持つペルセウスが
「ハデスぶっ殺!」
と立ち上がり、
仲間を集めてクラーケンを退治する方法を探す旅に出るって話だ。


この旅模様自体はかの有名な『ロード・オブ・ザ・リング』を彷彿させ、なかなかのスペクタクル・アドベンチャーだ。
いろんなクリーチャーが現れ、途中で人外の仲間が加わったり、神の武器を手に入れたり、
それはさながらRPGといったような雰囲気を醸し出しておもしろい。


クラーケン攻略ルート

①クラーケンの倒し方を聞き出すために魔女がいる場所へ向かう。
②道中の森で獣人カリボス襲撃
③カリボス戦でバラバラになったメンバーに砂漠でスコーピオン襲撃
④グライアイにて魔女と対面
⑤クラーケンを倒すにはメデューサの目が必要ということで廃墟の神殿へ向かう
⑥メデューサ戦、仲間が全滅するもメデューサの目を入手
⑦獣人カリボス襲撃(2戦目)ペルセウスついに聖剣を使う
⑧残り時間わずか!ペガサスに乗ってクラーケンのもとへ
⑨ラストバトル、クラーケン&ハデス戦
→エンディング



タイタンの戦い画像



●キャラクター

まずは主人公
ペルセウス
半分人間、半分神という身体で人間と神の間で揺れ動く描写が好感を持てる。
なんだか生まれながらに抗えない運命を背負ってる感じがかっこいい!
神の力を使おうとせずに人間として戦おうとする姿勢がいいね(*^ー゚)b
(単なる反抗期?)

演じるはサム・ワーシントン。
『T4』『アバター』と立て続けに大作に出て、おそらく今一番“旬”な俳優さんなんじゃないかと思う。
さらに他の方々のレビューしたブログを読んでいて気づかされたのだが、
サム・ワーシントンの演じる役には共通点がある。
『T4』では半分人間・半分機械のマーカス。
『アバター』では半分人間・半分ナビィ族のジェイク。
本作では半分人間・半分神のペルセウス。
そう。サム・ワーシントンは2つの種族の混合体って役が多いのだ!
これは偶然なのか意図的にキャスティングされたのか…
なんにせよサム・ワーシントンのキャラポジションが確立された。



続いて神様サイド
ゼウス
ご存知ペルセウスの父親
全知全能の神らしいのだがいまいち最強らしさが伝わってこなかったのが残念だ。
そもそも、兄のハデスの悪巧みを息子に尻拭いさせてちゃあ締まらないよな(;´Д`)
さらに誰の味方かわからないような立ち位置も微妙(;´Д`)
自分が「リリース・ザ・クラーケン!!」してるのに
「ちょっとやりすぎちゃったかなぁ…」って罪悪感からかちょくちょく息子を助けたりするのは威厳がない。
威厳があるのはテラ光ってる甲冑くらい(笑)
ちなみにこの甲冑ネタは監督が『聖闘士聖矢』の大ファンだから、それをリスペクトした衣装にしたらしい。


冥界の王ハデス
弟ゼウスに騙されうっかり冥界の支配を担当させられちゃった神。
突然現れる時の特殊効果がかっこいい。
でも、なんだかなぁ…って感じの出番の少なさ。
強いのか弱いのかハッキリしない(;´Д`)
神様みんなそうだ(;´Д`)
地味に演じるのはレイフ・ファインズ。
ハリー・ポッターで“名前を言ってはいけないあのお方”役。
あ…キャラ被ってるね。
ダークネスな感じが(´・ω・`)



続いて人間サイド
旅の仲間は何人かいるが、一番印象に残ったのは1人だけ。
ドラコ
戦士団のリーダー。
とにかく渋い!かっこいい!
間違いなく人間サイドで一番かっこいいキャラだね∑d(≧▽≦*)
メデューサ戦での散り様が最高だった!
「神を出し抜いたな」
↑このセリフで一気に感情持ってかれた!


他の戦士団メンバーはちょっと存在感が薄かったかな…
あの若者とかイイキャラに育ちそうな気がしたのに結局死んじゃったしなぁ。
町から付いてきてた2人組のハンター(?)はメデューサ戦前にブルって逃げ出すけど、騎士団全滅後のクラーケン戦でまさかの助っ人として現れる展開は良かった。
砂漠の精霊さんもなんで憑いてきてるの??って感じだったけど実はメデューサの石化耐性持ちっつー大きな役割があったりしてさ
脇キャラの使い方がうまいね。


タイタンの戦い画像



●クリーチャー

スコーピオン
俺「動き早っΣ(゚д゚lll)!!」
B級モンスター映画では味わうことができないくらいのスコーピオンの素早い動きに惚れ惚れw
こんなんよく倒したなぁって思うよ。
後々、砂漠の精霊が仲間なってからはこのスコーピオンも乗り物として利用されるんだけどね
細い崖の道を恐る恐る歩くスコーピオンの姿が妙に萌えた(*´∀`*)


獣人カリボス
俺「追跡者ktkr!」
元々は王様だったんだけどペルセウス出生のときなんか言っちゃいけないような事がいろいろあってハデスによって化け物に肉体改造された哀れな人。
ハデスの刺客として何度か襲撃してくるんだけど、1戦目はペルセウスに勝利(?)。
2戦目はペルセウスが神の力を覚醒させてやられてしまう。
クラーケンとかみたいな巨大生物より等身大の相手としてアクションの見ごたえはあった。


タイタンの戦い画像



メデューサ
俺「あら?意外と美しい」
知らない人はそんなにいないんじゃないかってくらい有名な神話のクリーチャー。
設定もご存知のとおり、下半身蛇で髪の毛も蛇、目が合った相手を石にする。
はっきり言うとメデューサ戦が一番盛り上がったね。
メデューサが強い強い。
仲間が次々と石にされてさ~かなり大ピンチだった。
盾の鏡面を利用して倒すって展開はどっかで見たことあるような気がするが…これも神話と同じ倒し方だったのかな?
地味にメデューサが美しい人だったってのも好印象。
調べたらモデルがあの役やってたんだってね納得。


クラーケン
俺「でかーーーーーーっΣ( ̄□ ̄;)!!!!!!!!」
都市を丸ごと呑み込んでしまいそうなほどの巨大さは圧巻の一言。
ただこの迫力満点の大ボスにしてはやられかたが呆気ない。
RPGでも稀にいるよね?
ボスなんだけど即死技が通用するやつ。
こ い つ は ま さ に そ れ だ 。
もっと大暴れさせても良かったのでは…
ヴィジュアルについては、クラーケンって言ったらイカの化け物ってイメージ強いよね?
にしちゃこいつは何だ?(´・ω・`)
よくわからない位置にハッキリとした顔がありますがw


タイタンの戦い画像




●総評

見終わって何も残らない感覚はややあったものの
何も考えずに単純に楽しめる作品だったってのも事実。
言うなれば、ストーリーよりアクションを楽しむ系だなこれは。
ストーリーのテンポも良かったし不満はない。
仲間がラストバトル前に全滅する展開は予想外だったけど・・・




それからさ、この作品は3Dとしても観れるんだけど
僕は2Dで観た。
別に2Dでもよさそうな感じだったし。
実際観てみても2Dで問題なかったし。
むしろ、後から知った事なんだけどね
この作品は元々は2Dで作られてたんだけど『アバター』とかのヒットに便乗して急遽3Dで上映出来るように後から映像処理されたらしいからね。
そんなに立体感重視じゃないらしい。
どっちかと言えば3D版は不評が多いくらいだ。
だから、これから観ようと思ってるかたには追加料金払ってまで3Dで観るより2Dをオススメしたい。

今後大作映画はなんでもかんでも3Dと2Dの二体勢で上映されるようになると思う。
それに伴って生半可3Dも増えてくるだろうね。
そういうときに3Dで観るべきか?2Dで充分か?と見極めることが必要になってくるだろう。



 ←応援のポチッとよろしくお願いします

関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/04/30 00:00 ] アドベンチャー | TB(1) | CM(2)

ハーフ系オンリー

光さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

>サム・ワーシントンは2つの種族の混合体って役が多いのだ!

いやぁ言われてみると確かにその通りですねっw光さんが挙げてる以外の他の作品は分からないのですが、少なくとも自分はT4からサムの存在を知ったのでどことなくアクション俳優ぽくも見えちゃったんですよねぇ。でもそのT4にアバター、そして今回のタイタン全てハーフ系なキャラクターと来れば、偶然では片付けられませんね。次もこんな役柄だったら確定かも?(笑

※あ、それと相互リンクの件は大丈夫ですよ。こちらからも光さんのブログのリンクを登録しておきました。こちらとしても是非宜しくお願い致します♪
[ 2010/05/01 23:26 ] [ 編集 ]

コメ返~メビウスさん

僕もT4からサムを注目するようになったからそれ以前の出演作品はいまいち知らないんですよね…
でもサムは、ハーフという立場の苦悩ってのを演じさせたら上手いよね。
芯がしっかりした俳優さんに見えるからかなぁ。


相互リンクの件ありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします!
[ 2010/05/02 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL


タイタンの戦い

【監督】ルイ・レテリエ 【出演】サム・ワーシントン/リーアム・ニーソン/レイフ・ファインズ/ジェマ・アータートン/マッツ・ミケルセン/ジ...
[2010/05/01 23:24] URL シネマをぶった斬りっ!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。